ニュース
» 2011年07月29日 17時20分 UPDATE

KDDI子会社のmediba、ネット広告配信会社のノボットを買収

KDDI子会社のmedibaが、ネット広告配信会社であるノボットの普通株式を取得し連結子会社化する。株式取得は8月末日になる予定。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDI子会社のmedibaは7月28日、ネット広告配信会社であるノボットの普通株式12万2339株(議決権比率90.0%)を取得し、連結子会社化すると発表した。7月27日に株式譲渡契約締結を済ませており、8月末日に株式取得を予定している。

 medibaでは今回の子会社化により、国内第2位の広告在庫規模のアドネットワークの実現、スマートフォンに最適な広告配信を実現するアド・プラットフォームの開発、アジア圏を含むアドエクスチェンジ連携によるアドプラットフォームの拡大という、3つのビジョンを推進していくという。

 まずアドネットワークについては、medibaが提供する「medibaAD」、ノボットが提供する「ADMaker」という両社のサービスを統合。取り扱う広告量を拡大し、スマートフォン向けとして国内第2位の月間30億インプレッションの広告在庫規模となるアドネットワークが実現するという。さらに両社の経営資源を集約することで、 サービス統合1年以内に広告在庫月間150億インプレッションを目指す予定だ。

 開発に関しては、ノボットが持つエクスチェンジノウハウとmedibaが持つターゲティング機能を合致し、スマートフォンに最適なアド・プラットフォームを実現する。ユーザーの行動データを活用したターゲティング機能を実装すると同時に、国内外のネットワークを含むアド・エクスチェンジで広告ネットワークを広げ、ユーザーに最適な広告配信を実現するという。ターゲティング手法の開発はKDDI研究所と共同で開発を進め、年内に各種機能をリリース予定となっている。

 medibaではすでに国内のアドネットワーク事業者とのアドエクスチェンジの提携を進めているが、さらにアジア圏の国・地域を中心とした海外アドネットワーク事業者との連携も推進。内外のパートナーシップ戦略を強化し、アジア圏で最大の広告ネットワーク規模を持つアドプラットフォームを実現していくという。年内に開設予定のシンガポール拠点に加え、韓国/台湾/インドネシア/ベトナムなどにも順次拡大する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.