ニュース
» 2011年07月29日 22時37分 UPDATE

スマホ好調のドコモは減収増益 Windows Phoneは来年夏から「検討」 (1/2)

ドコモの2011年度第1四半期決算は減収増益。スマートフォンが好調で販売目標台数の上方修正も視野に入れていると山田社長は話す。決算会見では、料金体系の今後やWindows Phoneに関しても言及があった。

[山田祐介,ITmedia]
photo NTTドコモの山田隆持社長

 NTTドコモのスマートフォン販売が好調だ。7月29日に行われた第1四半期の決算会見で同社の山田隆持社長は、28日までにスマートフォンの販売台数が200万台を突破したと発表。通期で600万台という目標に対して順調に推移しているという。「年末商戦なども考えれば、あと100万台ぐらいの余力があるのでは」と、目標を上方修正する可能性にも触れた。

スマートフォン顧客満足度No.1に向け対策強化

 第1四半期の売上高は、前年比3.9%減の1兆473億円。営業利益は11.3%増の2677億円だった。減収要因は音声収入の減少や、端末の低価格化による端末販売収入の減少など。一方で、コスト削減や好調なスマートフォン事業が増益を支えた。「ほぼ想定通りに進捗している」(山田氏)


photophoto 決算の概要

photo スマートフォンの販売実績

 第1四半期のスマートフォン販売台数は130万台。昨年の通期販売台数(252万台)の半分以上を3カ月で売り上げた。7月28日時点では202万台に達しており、「GALAXY S II SC-02C」(6月23日発売)は33万台、「MEDIAS WP N-06C」(同24日発売)は21万台、「Xperia acro SO-02C」(7月9日発売)は23万台と人気を博している。

 スマートフォンで“顧客満足度No.1”目指すべく、端末だけでなくユーザーサポートやサービスも増強中だ。「去年は応答率が悪かった」(山田氏)というコールセンターは、iモード担当を超える人数をスマートフォン担当に割り振り、スマートフォン関連の問い合わせが「80%の応答率」に。スマートフォン専用のショールームも新たに4店舗を開設したほか、“スマートフォンマイスター”とよばれるエキスパート店員を7000人以上育成した。「今後は1万人を目標に増やしていく」(山田氏)

 ユーザーが安心してスマートフォンを使えるよう、7月からはAndroid端末向けウイルス検知サービス「ドコモ あんしんスキャン」をスタート。ウイルス対策は「スマートフォンの基本」(山田氏)と考え、無料で提供する。

 iモードサービスの移植も進め、新たにiチャネルや緊急地震速報(CBS方式)といったサービスがスマートフォンで使えるようになった。冬にはiコンシェルに加え、iモードの課金・認証システムを移植し、「iモード端末からスマートフォンに買い換えてもサービスが継続できる」(山田氏)ようにする。これによりコンテンツプロバイダーは「これまでどおりのビジネスができる」という。


photophoto iモードサービスの移植は今後さらに本格化する

 こうしたスマートフォン事業の強化が実れば、データ通信収入のさらなる増加が見込める。第1四半期のパケット収入は前年同期比で303億円増え、データARPU(ARPU:ユーザーの平均利用料)は前年同期比110円増の2620円となった。110円のうち60円がスマートフォンのデータプランによるものだ。残りの30円はデータ端末、20円はiモード端末が寄与している。


photophoto 総合ARPUやデータARPU、データ収入の推移

 同社はデータARPUを増やすことで2011年度に総合ARPUの減少を止め、2012年度からは上昇に向かわせる計画。第1四半期のデータARPUは計画値を「若干上回っている」と山田氏は話す。

 なお、KDDIが発売を決めた「Windows Phone」について山田氏は、「結論としては冬モデルでは出ない」が、「夏モデルから検討する」とコメントした。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.