ニュース
» 2011年08月19日 16時33分 UPDATE

CTCとマカフィー、マルチOS/マルチキャリアのMDMソリューションを共同展開

伊藤忠テクノソリューションズとマカフィーが企業向けに、「McAfee Enterprise Mobility Management」を活用したマルチキャリア/マルチOSのスマートデバイス管理ソリューションを共同展開する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズとマカフィーは、企業向けのスマートデバイス管理ソリューションを共同展開すると発表した。

 伊藤忠テクノソリューションズの企業向けインフラネットワーク構築技術やマルチベンダー環境での開発ノウハウと、マカフィーのモバイルセキュリティ技術を組み合わせた管理ソリューションを共同展開する計画。具体的には「McAfee Enterprise Mobility Management」を活用し、企業向けにマルチキャリア/マルチOS対応の統合デバイス管理システムの構築から運用までをトータルで提供する。

 提供されるソリューションでは、スマートデバイスのメール保護やメールアカウントの設定管理など、モバイルデバイスのライフサイクルを一元管理できる。管理環境はマルチキャリア/マルチOSに対応。スマートデバイス対応の社内向けアプリケーションの設計や開発も可能だ。

 今後は、マカフィーのモバイルマルウェア対策製品などとの機能連携や、クラウドでのサービス提供など連携範囲の拡大を目指すという。今後3年間の売上目標は、関連ビジネスを含めて50億円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.