ニュース
» 2011年11月30日 19時00分 UPDATE

eメールでFAXを送受信、iPhoneで手軽に――eFAXのiPhoneアプリ登場

eメールを使ってFAXを送受信できるオンラインファックスサービス「eFAX」にiPhoneアプリが登場。FAXデータの受信に加え、内蔵カメラで撮った書類をFAX宛てに送信できる。

[ITmedia]

 j2 Global Communicationsは、eメールを利用したFAX送受信サービス「eFAX」に対応するiPhoneアプリ「eFax iPhone アプリ」をリリースした。外出先などでも、iPhoneアプリを通じてFAXデータの送信や受信したデータの閲覧を手軽に行えるようになる。

 eFAXはeメールを活用したFAXサービスで、サービス登録時に個別のFAX番号が付与される。この番号宛てに送信されたFAXデータはPDFとしてEメールに添付され、登録したメールアドレス宛に届く。送信は、送りたい相手のFAX番号の前に国番号と市外局番、後ろに@efaxsend.comを付け、送りたいデータを添付してメールする。添付可能なデータはPDF、ワード(.doc)、エクセル(.xls)、パワーポイント(.ppt)などのドキュメントファイルや、JPG、GIF、PSDなどの画像データ。

Photo メールでFAXの送受信ができる。画面は送信時の利用フロー

 eFax iPhone アプリは、eFAXのサービスをiPhoneから手軽に行えるようにするもの。カメラで撮影した写真を簡単操作で送信できるほか、メールソフトを立ち上げることなく送受信データを確認可能。送信時には、iPhoneのコンタクトリストを利用できる。

 eFAXの月額利用料は1500円/月で、現在、30日間の無料トライアル後に月額995円で利用できるキャンペーンを実施している。アプリは無料でダウンロードできる。

 なお同社は、eFaxのAndroid版アプリも近日中に提供する予定としている。

Photo eFax iPhone アプリの画面。メールソフトを立ち上げることなくFAXを送受信できる

photo eFAX

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.