ニュース
» 2011年12月09日 10時42分 UPDATE

企業向けWebメールの「Denbun POP版」がスマホに対応

ネオジャパンの企業向けWebメールシステムが、最新バージョンの「Denbun POP版 Version 3.1」でスマホに対応。小さな画面に最適化したUIで利用できる。

[ITmedia]

 ネオジャパンは、企業向けWebメールシステムの最新バージョン「Denbun POP版 Version 3.1」をリリースした。

 DENBUN POP版は、Webブラウザからアクセスできる企業向けのメールシステム。UIにはHTML5を採用し、フォルダ整理やファイル添付などをドラッグ&ドロップで行える。

 フォルダの階層管理に加え、フィルタによる自動振り分け/自動転送、メールごとの返信/転送フラグの管理、添付ファイルの一括ダウンロード、複数署名の切り替え、迷惑メール設定、メール送信取り消しによる誤送信防止など、クライアントメールに匹敵する機能を多数搭載。グループウェア「desknet's」との連携にも対応し、両システムをシームレスに利用することも可能だ。

 最新バージョンアップでは、新たにスマートフォン専用のインターフェースを用意したほか、大規模環境で利用する際のパフォーマンスを向上させた。

 動作環境は、対応サーバーOSはWindows Server 2008、Red Hat Enterprise Linux ES4/5、CentOS 5.2/5.5。動作確認済みスマートフォンはGalaxy S/Galaxy SII、Xperia arc/Xperia acro、iPhone 3GS/iPhone 4(iOS 4.0.2以上)。推奨クライアントブラウザはInternet Explorer 7/8、Firefox 3.6/4、Chrome 10、Safari 3/4/5。

 本体価格は、Denbunの基本ライセンスが10ユーザーライセンスあたり4万1790円、5000ユーザーライセンスは315万。Denbunアカデミックは10ユーザーライセンスが2万8140円、5000ユーザーライセンスは262万5000円。製品サイトから無料の体験版をダウンロードすることも可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.