調査リポート
» 2011年12月14日 16時50分 UPDATE

調査リポート:企業の14.6%がスマートフォンを導入済み IDC Japan調べ

IDC Japanの調査によると、国内企業の14.6%がすでにスマートフォンを導入しており、31.2%が導入に前向きな姿勢をみせている。

[ITmedia]

 IDC Japanは12月13日、国内企業のスマートフォン導入動向の調査結果を発表した。調査では、回答した企業の14.6%がすでにスマートフォンを導入していることが分かった。また、回答企業の31.2%が導入に前向きな姿勢をみせた。業種別にみると、証券・金融企業や通信・メディア企業、情報サービス企業などの導入率が高かった。

photo 産業分野別 スマートフォン導入率

 スマートフォンから基幹システムにアクセスするためのモバイルソリューションの導入率も調査した。スマートフォンを導入した企業のうち、18.6%がモバイルソリューションを導入済みで、導入を検討している企業も41.2%存在した。

 また、モバイルソリューションの導入企業の4割がクラウドを利用しており、検討企業においては9割以上がクラウドの利用を前提に考えていることが分かった。具体的な利用内容としては、営業支援、顧客管理、在庫需給管理などが多いとしている。

 今回の調査はWebアンケートで回答を得た1万8686社の結果をまとめたもの。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.