ニュース
» 2011年12月28日 18時55分 UPDATE

コロプラが“位置ゲー”だけじゃなくなった――「Kuma the Bear」アプリが100万ダウンロード突破

位置ゲーで知られるコロプラが、9月から“スマホに特化したゲームアプリ”のブランド「Kuma the Bear」を展開中だ。アプリ累計ダウンロード数が100万件を突破する人気ぶりで、今後もタイトル拡充を進めていくという。

[ITmedia]
photo

 コロプラは12月27日、同社が9月に立ち上げたゲームブランド「Kuma the Bear」のスマートフォンアプリが、累計100万ダウンロードを突破したと発表した。ブランド立ち上げから3カ月強で達成した。

 位置情報ゲーム・サービスの開発やプラットフォーム提供で知られる同社だが、「来るべきスマートフォン時代を見据え、スマートフォンに特化したゲームアプリ開発に取り組むべく」、Kuma the Bearを設立。現在までに、「きらきらドロップ!」「タップサム!」「the射的!」の3タイトルをAndroid/iOS向けに基本料無料で提供している。これら3タイトルの合計ダウンロード数が今回、100万件を突破した。

 特に、ブランド3作目の「the射的!」は日本のAndrdoidマーケットの無料ゲームカテゴリーで1位を獲得する人気を得たという。同アプリはスマートフォンの加速度センサーを活用し、端末を傾けることで銃の方向を調節できるのが特徴だ。

 コロプラでは今後、位置情報ゲームプラットフォーム「コロプラ」においてフィーチャーフォンおよびスマートフォンのマルチ展開を進めるだけでなく、Kuma the Bearにおいてスマートフォン特化型アプリの拡充に注力するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.