ニュース
» 2012年01月17日 15時48分 UPDATE

置くだけでiPadをスキャナに接続、データ取り込みを容易に――「iスキャミル」

キングジムが、iPadをドッキングさせて接続するシートフィードスキャナ「iスキャミル」を開発。簡単操作で紙の書類や写真などのデータをiPadに取り込める。

[ITmedia]
Photo iスキャミル

 キングジムが、iPadやiPad 2をドッキングさせて接続するシートフィードスキャナ「iスキャミル」を2月17日に発売する。希望小売価格は1万5540円。

 煩雑な設定やケーブル接続の手間をかけずに、紙のデータをiPadに取り込めるよう開発されたスキャナ。専用アプリ「i-Scan」をインストールしたiPadを、スキャナ本体のドックに置くことで接続できる。

 スキャナに書類や写真をセットし、iPadのi-Scanアプリからスキャンを実行すればデータを取り込め、取り込んだデータをiPadのカメラロールに保存することで、電子化の作業が完了する。なお、スキャナ本体の電源がオフの時には、iPadの充電が可能だ。

 サイズは308×111×72ミリ、重さ約655グラム。読み込み可能な紙の寸法は、名刺や写真、A4判の書類など、幅216×送り356ミリまで対応し、最大解像度は300dpi。専用アプリのi-Scanは、iOS 4.3.5以降のiPad、iPad 2で利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.