調査リポート
» 2012年03月08日 13時15分 UPDATE

調査リポート:国内携帯シェア、Appleが初の首位――2011年第4四半期

IDC Japanが国内携帯電話の2011年第4四半期(10〜12月)、および2011年通年の出荷台数を発表した。10〜12月は、iPhone 4Sが好調だったAppleが初のシェア1位を獲得した。

[ITmedia]
photo 第4四半期および通年の出荷台数/メーカー別シェア

 IDC Japanは3月8日、国内携帯電話の2011年第4四半期(10〜12月)、および2011年の出荷台数やメーカー別シェアを発表した。

 10〜12月は、Appleがメーカー別シェアで初めて首位を獲得した。ソフトバンクモバイルとKDDIの2キャリアから販売された「iPhone 4S」がユーザーから高い支持を得た結果、26.6%のシェアを獲得した。2位は「ARROWS」シリーズが好調だった富士通東芝モバイルコミュニケーションズで、18.3%。3位はシャープで15.7%だった。同四半期の出荷台数は前年同期比15.2%増の1065万台で、全体の64.7%をスマートフォンが占めた。

 2011年通年の出荷台数は、前年比5.0%増の3796万台だった。メーカー別では、シャープが前年に続き20%のシェアで首位を獲得した。2位は富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(18.8%)、3位はApple(14.2%)だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.