レビュー
» 2012年04月02日 17時22分 UPDATE

クーポンや記事のクリッピングに便利なAndroidアプリ「画面メモ」を使う

クーポンの表示画面や、ニュースサイトの記事など、必要な時にサッと画面を出したいものを簡単にクリッピングできるAndroidアプリが「画面メモ」だ。ケータイの画面メモ機能を活用していたユーザーにオススメしたい。

[今西絢美,ITmedia]

 ケータイではごく普通に使えていた機能が、スマホでは使えないことがある。筆者がAndroid端末を使い始めた頃にもっとも不便に感じたのは、画面メモ機能がないことだった。Webサイトのクーポン画面を保存するときや、目的地周辺の詳細地図をあとから見たいときなどに、よく使っていた。一部の機種は「画面キャプチャ」機能を搭載しているので、表示中の画面を画像として保存しておけるが、キャプチャ機能がない端末も多い。そんな状況に困っているユーザーに、ぜひ使ってみてほしいのが「画面メモ」というアプリである。

 このアプリは難しい操作が必要なく、アプリをインストールするだけですぐに使えるようになる。保存したいWebページをWebブラウザで開き、「メニュー」→「その他」→「ページを共有」→「画面メモに保存」の順に進めるだけで、画面が保存できる。ちなみに、標準ブラウザ以外のブラウザアプリでも使えるのがうれしい。


photo WebブラウザでWebページを開いてメニューキーを押し、「その他」をタップする(写真=左)。次に「ページを共有」をタップ(写真=右)
photo 「画面メモに保存」をタップすると、次のステップに進む
photo 画面メモ

 ケータイの画面メモ機能と少し違うのが、保存する形式を「画像形式」と「HTML形式」の2種類から選べる点だ。単に画面の内容をクリップしたいだけなら画像形式で問題ないが、画面に含まれるWebのリンクなどをそのまま使いたいなら、HTML形式で保存したほうがいい。


photo 保存形式は画像とHTMLの2種類。すばやく保存したいなら画像形式がオススメ
photo 画像形式で保存したメモは、画面の拡大・縮小のみ行える。拡大すると、画像の粗さがすこし目立つ(写真=左)。HTML形式では、表示されているリンク先へ飛ぶこともできる(写真=右)

 ちなみに、保存したメモは「画面メモ」アプリ内のみに残る。保存件数はこれまで30件だったが、最近のアップデートで256件へと大幅に増え、使い勝手はかなりよくなった。保存したメモはロングタップすれば削除できるので、不要になったメモはこまめに整理するといいだろう。


photo 保存したメモの一覧。メニューキーを押し、「表示切り替え」をタップすると、左右にフリックして画面を切り替える仕様になる

 クーポンや地図、電車の時刻表などを保存するのに最適なアプリだが、筆者が一番よく利用するのは、ニュースサイトの記事の保存だ。一度保存しておけば、電波状況を気にすることなく地下鉄などでも記事が読める。時間があるときに気になる記事をクリップしておき、あとからまとめて読むといったことを、よくしている。

 個人的には、保存したデータをメールで送信できたり、画像編集アプリなどで書き込みができたりすれば、さらに使いやすくなると感じた。とはいえ、操作のシンプルさが魅力の1つでもあり、画面メモ機能を求めているユーザーにはありがたいアプリといえるだろう。


photo 画面メモ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-