ニュース
» 2012年07月10日 18時02分 UPDATE

野村證券、iPad 8000台を導入――営業スタッフが活用

野村證券がiPadの3G+Wi-Fiモデル8000台を導入。リテール事業の営業スタッフに配布し、サービスの向上に取り組む。

[ITmedia]

 ソフトバンクテレコムは7月10日、野村證券に8000台のiPad(3G+Wi-Fiモデル)を納品することを明らかにした。

 「コンサルティング営業の強化」を経営方針に掲げる野村證券は、サービス品質の向上を目指す取り組みの一環として、2011年から試験的にiPadを導入。効果が確認されたことから、全国のリテール事業の営業担当者にiPadを導入することを決めたという。

 ソフトバンクテレコムは、クラウド型電子カタログサービスの提供を通じて、野村證券の取り組みを支援する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.