ニュース
» 2012年10月26日 18時46分 UPDATE

スマホのサービス開発、通信キャリアが支援――ドコモが起業支援プログラム

NTTドコモがスタートアップ企業やベンチャー企業を支援するプログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を開始。スマートフォン向け新サービスの開発を加速させる。

[後藤祥子,ITmedia]

 スタートアップ企業やベンチャー企業と一緒に、これからのスマートフォン向け新サービスを開発――。NTTドコモがベンチャー企業との連携強化に向けた取り組みをスタートさせる。

 2012年度中に起業支援プログラムとして「ドコモ・イノベーションビレッジ」を開始。コーポレートベンチャーファンドの「ドコモ・イノベーションファンド」の設立も予定している。

 ドコモ・イノベーションビレッジは、ハードウェアとソフトウェアの両面から起業家を支援するプログラム。同社の審査を経て選ばれたチームには作業用の共同スペースや開発環境が用意され、ドコモのサービス開発担当者や有識者から経営面、開発面などのアドバイスを受けながらサービスの感性を目指す。1プログラムあたりの選出チーム数は4〜5チーム、期間は3〜4カ月を予定している。

 ドコモ・イノベーションファンドは、ドコモ・イノベーションビレッジの支援対象となったスタートアップ企業や、有望なサービスや技術を持つベンチャー企業に出資するファンド。出資を通じてサービスの価値を高めるための支援を行い、有望なサービスや技術についてはドコモで活用するという。ファンドの運用金額は100億円規模で、運用期間は10年間を予定している。

 同様の取り組みについては、KDDIがインキュベーションプログラムとして「KDDI ∞ Lab」を実施しており、2012年10月時点で3期目のプログラムが始まっている。

 KDDI ∞ Labは、プログラム進行中の3カ月間は、他キャリアからの出資や提携を禁じているものの、それ以降は基本的には“どのOS向けに開発し、どの通信キャリア向けに提供してもかまわない”というオープンな姿勢が注目されている。NTTドコモのプログラムは、まだ詳細を詰めている最中で、条件については検討中としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう