ニュース
» 2012年11月13日 18時22分 UPDATE

ケータイ出荷は5カ月連続の前年割れ、スマホは好調に推移――JEITA9月携帯出荷台数

電子情報技術産業協会が9月の携帯出荷台数を発表。スマートフォンの出荷台数は前年の水準を上回ったが、フィーチャーフォンとPHSは前年割れとなった。

[ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は11月3日、2012年9月の携帯電話・PHS国内出荷台数を発表した。携帯電話とPHSを合わせた国内移動電話の出荷台数は246万8000台(前年同月比93.4%)となり、5カ月連続で前年の水準を下回った。

 携帯電話の出荷台数は、前年同月比93.4%の238万1000台で前年の水準に達しなかったが、スマートフォンは前年同月比151.8%となる138万8000台を出荷するなど好調に推移。ただ、依然としてフィーチャーフォンの需要も根強く、出荷台数に占めるスマートフォンの割合は、8月の67.7%から56.3%に下がっている。

 PHSの出荷台数は前年同期比51.0%の8万7000台で、2カ月連続のマイナスとなった。

Photo 携帯電話・PHS国内出荷台数の推移
Photo スマートフォン比率の推移

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.