ニュース
» 2012年12月04日 14時31分 UPDATE

タブレット専用デジタル新聞「The Daily」、2年目で廃刊に――購読者伸びず

初のiPad専用デジタル新聞として注目を集めた「The Daily」が2年目で廃刊となることが分かった。購読者数が思ったように伸びなかったことが原因だという。

[末岡洋子,ITmedia]

 初のiPad専用のデジタル新聞として話題となった「The Daily」が2年目で廃刊となることが分かった。発行元のNews Corporationが12月3日、組織再編の一環として発表したもので、購読者数が思ったように伸びなかったことが原因だという。

 The Dailyは2011年2月に登場したiPad向けのデジタル新聞。AppleがiPadを発表した1年後に、Wall Street JournalやFox News、Timesなどを傘下に持つ総合メディア企業のNews Corporationが創刊したネイティブアプリ形式のメディアで、タブレットを前提とした紙面作りや、Appleが導入したアプリ内課金(In-App Subscription)の採用で注目を集めた。2012年5月にはVerizon Wirelessとの提携により「Samsung GALAXY Tab 10.1」に対応し、その後「Kindle Fire」への対応も果たした。

 News Corpによると、The Dailyは12月15日を最後に、単独のアプリ形式のメディアとしては廃刊となり、編集長を務めたジェシー・アンジェロ(Jesse Angelo)氏は傘下のThe New York Postに移る。The Dailyのスタッフや技術資産もThe New York Postに移り、The Dailyブランドは他のチャンネルで継続するという。

 News Corp会長のRupert Murdoch氏は、「デジタル出版における勇敢な実験だった」としながらも、「すぐに読者を集めることができず、長期的に持続性があるビジネスモデルであることを実証できなかった」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.