調査リポート
» 2012年12月26日 17時55分 UPDATE

調査リポート:第3四半期のタブレットOS別出荷シェア、AndroidがiOSを追い抜く――IDC調べ

IDC Japanの調査から、第3四半期(7〜9月)のタブレットOS別出荷シェアで、Android OSが初めてiOSを上回ったことが分かった。

[ITmedia]

 IDC Japanは12月26日、2012年第3四半期(7〜9月)のタブレットとスマートフォンの出荷台数を発表した。

 タブレット端末の出荷台数は、前年同期比106.8%増の101万台規模に拡大。LTE対応のAndroidタブレットが出荷台数を伸ばし、第3四半期のOS別シェアでは、Android OS(46.4%)が初めてiOS(39.2%)を上回ったという。

Photo タブレット出荷のOS別シェア(第3四半期)

 スマートフォンの出荷台数は、前年同期比50.2%増の797万台で、国内の全携帯電話端末出荷に占める割合は72.1%まで上昇。OS別シェアは、74.9%を占めるAndroid OSがiOSを大きく上回った。

 IDC Japanでは今後のスマートデバイス市場の見通しについて、スマートフォンは2016年に3806万台規模、タブレットは2016年に780万台規模と予測している。

Photo スマートデバイス市場の今後の見通し

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.