ニュース
» 2010年12月14日 10時00分 公開

PDFのお節介を防ぐ7つの方法3分LifeHacking(3/3 ページ)

[kizuki,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

その6:消えてしまったメニューバーやツールバーを再表示させたい

デフォルトの状態のメニューバー(上段)とツールバー(下段)

 Adobe Readerの表示設定を変更しようといろいろといじっている最中に、うっかりメニューバーやツールバーを非表示にしてしまうことがある。ツールバーについてはメニューバーから復活させることができるが、メニューバーそのものが消えてしまうと再表示の方法そのものが分からず、途方に暮れてしまう。

 メニューバーを復活させるには[F9]キーを押してみよう。ちなみにツールバーについても[F8]キー、左サイドのナビゲーションパネルは[F4]で開閉できるなど、ファンクションキーにこの種のショートカットが割り当たっていることが多いので、やや乱暴だが「Adobe Readerでメニューなどが消えてしまったらファンクションキーをあれこれ押してみる」と覚えておくといいかもしれない。


これが消えてしまう場合がある。とくにメニューバーがなくなってしまうと操作もできず、どうしていいか分からなくなることもしばしば。[F9]キーを押すとメニューバー、[F8]キーを押すとツールバーが復活する。図はメニューバーのみ復活させた状態

その7:表示がごちゃごちゃしているツールバーを元のスッキリした状態に戻したい

 Adobe Readerを長く使っていると、用途に応じたさまざまなツールバーが表示され、ウィンドウの上部が騒々しくなってしまう。こうした場合は「表示」−「ツールバー」−「ツールバーのリセット」を選択するか、[Alt]+[F8]キーを押すことで、標準状態のツールバーに戻すことができる。

 ちなみに標準状態のツールバーでも「コラボレーション」や「Acrobat.comを使用してAdobe PDFを作成」など、あまり利用頻(ひん)度の高くないツールがある。これらは右クリックメニューを表示させてチェックを外すか、あるいは「表示」−「ツールバー」−「その他のツール」を表示してチェックを外してみよう。


ツールバーにありとあらゆるツールが表示されてしまっている。配置もごちゃごちゃだ。そんな時は右の画像のように「表示」−「ツールバー」−「ツールバーのリセット」を選択する

左の画像はデフォルトの状態に復元したところ。右の画像のように「表示」−「ツールバー」−「その他のツール」から、任意のツールを消すこともできる

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ