メディア
3分Biz.
調査リポート
» 2021年08月24日 11時03分 公開

正社員の平均初年度年収は455.2万円 最も年収が高かった業種は?(1/2 ページ)

マイナビは、「2021年7月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表した。全国平均初年度年収は455.2万円だった。業種別の平均初年度年収や求人割合はどうだったのか。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 総合転職情報サイト「マイナビ転職」を運営するマイナビ(東京都千代田区)は、「2021年7月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表した。 7月の全国平均初年度年収は、455.2万円(前月454.3万円、前年同月455.8万円)で、前月から0.2%(0.9万円)増加し、前年同月から0.1%(0.6万円)減少した。

「2021年7月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」(画像はイメージ)
募集条件別平均初年度年収推移(出所:リリース、以下同)

 また、経験者の求人割合は37.3%で、前月比0.6ポイント減少し、前年の同月比は0.3ポイント増加した。

掲載求人の募集条件比率推移

業種別の平均初年度年収は?

 業種別に平均初年度年収をみると、最も高かったのは「コンサルティング」で516.1万円、次いで「IT・通信・インターネット」が504.2万円、「不動産・建設・設備」が483.9万円だった。

<業種別>平均初年度年収ランキング(2021年7月度)

経験者求人の比率が最も多かった業種は?

 掲載求人の中で経験者求人の比率が最も多かった業種は「IT・通信・インターネット」で64.3%、次いで「メーカー」が42.9%、「金融・保険」が37.1%だった。

<業種別>7月の応募条件比率
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -