連載
» 2021年09月07日 12時48分 公開

「ラーメンの鬼」故・佐野実の「支那そばや」が東京駅に出店 切り盛りする妻が経営で守り抜いたものとは東京ラーメンストリートの舞台裏(1/5 ページ)

「ラーメンの鬼」という異名を持つ故・佐野実さんが創業した「支那そばや」が、東京ラーメンストリートに11月4日まで出店している。出店の経緯と狙いは? 経営を引き継いだ妻の佐野しおりさんに話を聞いた。

[河嶌太郎,ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染拡大が猛威を振るう中、思うように遠方に移動できない日々が続いている。ワクチン接種済みであっても全体的な制度設計は進んでおらず、長距離の移動が難しい状況だ。経済活動の本格的な再開にはまだ程遠い。

 特に飲食・観光業への影響は大きい。かつてビジネスパーソンだけでなく、多くの観光客で賑わっていた東京駅八重洲口にある「東京ラーメンストリート」もその一つだ。東京ラーメンストリートは2009年に東京駅の観光スポットの目玉として、東京を中心とした有名ラーメン店を一堂に集めたもの。かつては「2時間待ち」とも言われた東京ラーメンストリートの名店も、コロナ禍の現在では、さほど並ばずに入れてしまう状況が続いている。

東京ラーメンストリート(東京ステーション開発提供)
東京ラーメンストリート店舗位置図(東京ステーション開発のリリースより)

 この厳しい状況は統計にも現れている。帝国データバンクの調査によると、20年のラーメン店の倒産件数は46件。19年の36件を上回り過去最多を更新した。倒産が年間40件を超えたのは調査開始以降初めてのことだ。

ラーメン店の倒産が初めて40件を上回った(ラーメン店の倒産件数 推移、帝国データバンクのリリースより)

 そんな中、東京ラーメンストリートを管理するJR東海グループの東京ステーション開発は発想を転換し、地方に行けない首都圏在住者に向けたプロジェクトを展開した。全国のラーメンの名店を期間限定で東京ラーメンストリートに出店する「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」という企画だ。

 約3カ月ごとに1店舗ずつ店が入れ替わり、第7弾まで予定されている。第1弾は横浜市の戸塚に本店を構える有名店「支那そばや」。TBSの番組「ガチンコ!」をはじめ数多くのメディアに出演し、「ラーメンの鬼」という異名を持つ佐野実さんが創業したしょうゆラーメンの名店だ。「支那そばや」は11月4日まで出店する。

支那そばや醤油(真俯瞰、リリースより)

 支那そばやは1986年の創業以来、多店舗化はせず、一貫して戸塚の本店および新横浜ラーメン博物館(2019年12月に卒業)のみの営業で、14年に佐野実さんが亡くなり、妻の佐野しおりさんが経営を引き継いでからも、この方針は守られている。そんな支那そばやが、期間限定とはいえ東京ラーメンストリートに2号店を出したことは異例のことだ。

 いったいどのような経緯で出店を決意したのか、佐野実さん亡き後、コロナ禍の支那そばやの現状はどうなのか。支那そばやを経営するサノフード(横浜市)社長の佐野しおりさんに話を聞いた。

佐野しおり(さの・しおり) サノフード社長。1960年、福岡県生まれ。リフレクソロジー(足裏マッサージの)の店を経営していた2003年、実さんと知り合い、04年結婚。現在は「支那そばや」を運営する「サノフード」、食材やラーメン鉢を卸販売する「エヌアールフード」の代表取締役を務める
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -