ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自転車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!自転車→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で自転車関連の質問をチェック

おしゃれな「壁掛け」楽々に ドイツ生まれのディスプレイ自転車ラック「PARAX」が日本上陸
高い自転車を外に置きたくない人、おしゃれ部屋にしたい人、いかがですかー。(2021/6/18)

「身に付ける」ドラレコ登場 首にかけて360度をくまなく録画
うぉぉ〜!! SF映画の世界やってくる〜。自転車乗りさん、バイク乗りさんいかがですか?(2021/6/1)

ナンバープレート替えて自転車になる電動バイク、折りたたみ電動シニアカー 日本の道を行くマイクロモビリティの最新形
自転車の展示会には電動バイク、電動キックボードの新作も出展されていた。(2021/5/28)

Xiaomi系の電動アシスト自転車「HIMO Z20」が日本上陸 ミニマルデザイン、超早割で10万8500円から
「空気入れ」機能付きサドルもちょっとすごい。(2021/5/28)

千葉県・柏に「発電ブランコ」 こいでスマホ充電
ブランコ遊びをしながらスマートフォンに充電できる発電ブランコが千葉県柏市内に設置された。固定自転車や手回しハンドルでは手や足が痛くなる問題があるが、ブランコであれば気にせず発電できるという。(2021/5/27)

国内初:
パナソニック、押し歩きを補助する電動アシスト自転車発表
パナソニック サイクルテックは、押して歩く際にかかる負荷を軽減する電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」を発売する。国内初の機能を搭載していて……。(2021/5/24)

「押し歩き」もアシストOKに パナソニック、電動アシスト自転車の新モデル「ビビ・L・押し歩き」発売
「電アシ自転車は重い……」と苦労していた人に朗報!(2021/5/24)

押して歩く時もモーターが補助する電動アシスト自転車、パナソニックが発売
パナソニック サイクルテックが「押し歩き機能」を搭載した電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」を発売する。(2021/5/21)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
大ブームから大凋落の“シェア自転車”伏兵が米上場〜日本進出のモバイク、ofoは消える
数年前に日本に上陸した中国発のシェア自転車。中国の道路を短期間で埋め尽くしたが、崩れ落ちるのもあっという間で、日本からもいつの間にか撤退していた。4月下旬、当時は伏兵扱いだったハローバイク(哈囉出行)が、米ナスダックに上場申請し、話題になっている。そこで、中国シェア自転車の歴史と現状を紹介する。(2021/5/13)

うぉぉぉついに出たぁぁ! “Kawasaki”の電動自転車「ノスリス」登場 メット不要のフル電動モデルで32万円から
ワックワクな新しい乗りもの来ましたぁぁぁ! 電アシ自転車タイプは27万円から。【訂正】(2021/5/12)

レトロと現代を融合:
マルキン自転車90年の歴史を象徴する「ニューマルキン号」 100台限定で復活
自転車メーカーのホダカは、90年の歴史を持つシティサイクルブランド「マルキン自転車」から「ニューマルキン号」を発売すると発表した。レトロと現代の融合をコンセプトに。(2021/5/9)

高度成長期の“働く自転車”再現 「ニューマルキン号」100台限定販売
自転車メーカーのホダカが昭和レトロな自転車「ニューマルキン号」を発売する。1950年代から60年代にかけ、荷物の運搬や紙芝居屋など幅広く使われた“働く自転車”(実用車)を再現した。(2021/5/7)

電動キックボード「ノーヘルOK」に LUUPがシェアサービス開始、特例下で実現
特例下で「ヘルメット装着なし」「自転車通行レーンの走行可」などがOKになります。(2021/4/30)

CloseBox:
GWは旅行禁止? ジムも休館? よろしい、ならばZwiftだ
コロナ禍で室内でできる数少ない運動の一つとして、ロードバイクなどを接続してバーチャルサイクリングできるZwiftが注目をあびている。これを始めてみた。(2021/4/28)

最近、道路から「自転車横断帯」が減っている 一体なぜ?
え? そうなの? そういえば最近あんまり見ないかも……? ともあれ皆さん安全運転を!(2021/4/21)

Appleの「探す」機能で他社製品も追跡可能に 電動自転車やイヤフォンなど
Appleデバイスを「探す」機能で、他社製品も追跡が可能に。まずはVanMoof製の電動自転車、Belkin製のワイヤレスイヤフォン、Chipolo製のアイテムファインダー「ONE Spot」から対応する。(2021/4/8)

Appleの「探す」アプリ、紛失防止タグ、電動自転車含むサードパーティー製品に対応 次期リリースではUWB使い方向も分かるように
Apple純正の「AirTag」はないが、サードパーティー製紛失防止タグ、対応する(2021/4/8)

b8taの“売らない店”とは 先端技術活用の商品を気軽にお試し
 コロナ禍の外出自粛で伸びる通信販売だが、購入前に性能や質感を確かめたいのが人情。そんな希望に「体験店舗」が応えてくれる。家電やガジェット(目新しい道具)を操作したり、自転車+原付のハイブリッドバイクにも試乗したりできる。気に入ったら後でネット購入する形なので「買わなくては」というプレッシャーとは無縁。販売ノルマのないスタッフの接客もサッパリしている。一方、出品するメーカー側には都心の一等地で製品をPRできるのが魅力だ。クラウドファンディングや町工場のβ(ベータ)版(試作品)など、多彩な企業が夢を抱えて参加する。(重松明子)(2021/3/23)

スピン経済の歩き方:
「自転車界のインテル」を生んだ日本で、なぜ配達員に“批判の声”が出ているのか
自転車の部品を開発している「シマノ」が、海外で称賛されていることをご存じだろうか。世界のスポーツ自転車向け部品のシェアは85%で、その高い技術力から「自転車界のインテル」と呼ばれている。そんな企業を生んだ国で、「自転車ヘイト」が起きている。なぜかというと……。(2021/3/16)

「ノリで神回作れるの凄い!」 木梨憲武、ツーカーの所ジョージと奇跡的展開 小栗旬に“超カッコいい自転車”をプレゼント
出てくる人がみんなすごい。(2021/3/7)

大原優乃、苦手な“自転車”をふらつきながらも克服 「こんなにも前に漕げるようになりました!」
成長してる!(2021/2/17)

高機能生地を使用:
イオンが自転車通勤に適したセットアップスーツ発売 AOKIやワークマンも「高機能スーツ」に商機
イオンは2月8日、「トップバリュ ウォッシャブルはっ水セットアップスーツ」を発売すると発表した。2月12日から本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約250店舗で販売する。(2021/2/8)

「自転車NAVITIME」が英語、中国語に対応
自転車専用ナビゲーションアプリ「自転車NAVITIME」(iOS/Android)が英語、中国語(繁体字・簡体字)に対応。(2021/2/4)

身近なモノから学ぶ機構設計“超”入門(8):
自転車のタイヤを回す「巻き掛け伝動機構」とギアチェンジの仕組み
身近にあるモノを題材に、それがどのような仕組みで動き、どんな機構が使われているのかを分かりやすく解説する連載。今回は、自転車のタイヤを回す「巻き掛け伝動機構」とギアチェンジの仕組みについて取り上げる。(2021/1/21)

約40万台の電動自転車が空き地に放置 ユーザーから“借金”も 中国シェアサイクルのトンデモ事情
コロナ禍以降、中国の都市では電動自転車のシェアリングサービスが急拡大。数多く街を走っている。だが車両が増えすぎた影響で管理がずさんになり、中国湖南省の省都・長沙では、約40万台が空き地に放置されているという。こうした中国シェアサイクルの実情を、現地の事情に詳しいジャーナリストの山谷剛史氏がレポートする。(2021/1/20)

これバイク? 自転車? デザインおしゃれなお手軽電動バイク「COSWHEEL SMART EV」登場、22万円台・航続距離約50キロ
原付スクーター新車くらいのお値段なのがよさそう〜。(2021/1/12)

9万円台からのコンパクト電アシ自転車「エナシスコンパクト」、あさひが発売
USBポートも装備。(2021/1/8)

子どもを初めて幼稚園に送った日、軽くなった自転車を引きながら考えたこと うれしくて少し寂しい母の気持ちを描いた漫画
思い返せば、なんでもない日もすべて大切な日々。(2021/1/5)

これで盗まれない!? 自転車をガードレールに擬態させる天才的アイデア
いかに盗まれないかを面白おかしく考えたとのこと。(2020/12/16)

Go AbekawaのGo Global!〜Imomsaidov Oybek編(後):
「みんなと一緒に仕事がしたい」とウズベキスタンの青年は今日も自転車をこぐ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。日本の大学で社会的問題の解決方法ついて学んだImomsaidov Oybek(イモムサイドブ・オイベク)氏が卒業後に就職したのは「アバクロ」だった(ITどこ行った?)。(2020/12/4)

アーノルド・シュワルツェネッガー、“シュワちゃんグッズ”フル装備で自転車爆走 長男「誰にもまねできないよ」
長男「シャツに自分の顔、キャップにも自分の顔って」(2020/12/1)

「イィィー!」 仮面ライダー「サイクロン号」のスポーツ自転車登場、超速そう!!
かっこいい〜。(2020/11/30)

探し物トラッカー「Tile」で盗まれた自転車を追跡 どうやって?
Twitterで、盗難自転車の追跡劇が話題になっている。被害者の加藤さんは探し物トラッカー「Tile」を使って盗難車の大まかな位置を探り、1日がかりで発見した。(2020/11/27)

約6万円の電動アシスト自転車、ドンキが発売
ドン・キホーテが電動アシスト自転車「EVA PLUS」を発売。価格は5万9800円(税別)。(2020/11/19)

うぉぉ渋すぎ!! ハーレーが初の電動自転車「Serial 1」投入、2021年春発売へ
激シブデザインに最新装備。これは乗ってみたい〜!【更新】(2020/11/16)

運転免許不要の利点も:
ヤマトHD、新たな電動自転車で配送実験――荷物BOX着脱可能、輸送効率化も
ヤマトHDが電動自転車を使った配送実験を開始。荷物BOX着脱可能などの特徴が。ゆくゆくは集配工程の効率化も。(2020/11/13)

迅速で快適、3密も回避:
電動キックボードで公道走行 三菱地所ら、丸の内で実証実験
Luupと、大手町・丸の内・有楽町 地区まちづくり協議会、三菱地所などは10月27日に、千代田区の一部エリアを中心に電動キックボードの公道走行の実証実験を開始。電動キックボードは原動機付き自転車に該当するが、国の新事業特例制度を利用し、車道のほか自転車レーンでの走行も可能となった。(2020/10/28)

副業を狙って:
暑い沖縄でウーバーイーツは稼げるのか? 中年記者が1週間、自転車をこいでみた
ウーバーイーツが沖縄にやってきた。SNSをみると、1日で2万円以上を稼いでいる人もいるようだが、ここは沖縄。本当に、稼げるのだろうか? (2020/10/19)

直江津駅「かにずし」(1100円)〜久比岐自転車道と日本海ひすいライン・筒石駅
(2020/10/15)

【最大50%オフ】『びわっこ自転車旅行記』『チート薬師のスローライフ』など 竹書房新刊コミック配信キャンペーン 10月2日まで
秋の旅に出たくなるコミックも。(2020/9/28)

Googleマップ、日本で「自転車ルート」に対応 10都道府県で
東京、神奈川、大阪、愛知、埼玉、千葉、兵庫、北海道、福岡、静岡の10都道府県で自転車ルートを検索できるようになる。(2020/9/18)

銀行の4桁暗証番号だけではない 自転車の「10桁押しボタン式鍵」実は“210通り”しかなく脆弱
使い込んで数字がかすれたりしていると実質「1通り」になっているかも……。(2020/9/17)

ぺとっ 「鳥のうんちシール」がパワーアップ、鳥のうんちシールSecond登場 ねっとりタラリ「よりリアル」に
あの自転車盗難対策グッズが進化しました。(2020/9/9)

三井住友海上とUber Eatsが連携 配達パートナーの事故防止支援など
三井住友海上は、Uber Eatsと包括的な連携協定を結んだ。自転車や原付バイク、軽自動車を使う配達パートナーの交通事故防止の支援などに取り組む。(2020/9/1)

勝手に私有地で遊ぶキッズに困ったコワモテおじさん 手作りサーキットで子どもたちを楽しませる暴挙に出る
子どもが自転車を楽しみつつ、速度を落として敷地外に出て行く工夫もされています。(2020/8/28)

「止まれ」「自転車も止まれ」 とある交差点で見つかった一時停止の標識が「全国の一時停止の下に貼って欲しい」と話題に
自転車も交通ルールをしっかり守らないと……!(2020/8/26)

かっちょええぇぇ! 「ウルトラマン」コラボのハイテクカーボンスポーツ自転車登場、78台限定
は、速そう。(2020/8/25)

自転車は「車道」と「歩道」のどちらを走る方が安全? 「車道」が事故リスク軽減効果あり
「自転車はドライバーから認知されることが重要」としています。(2020/8/24)

銚子電鉄の“自虐お楽しみ袋”が人気! その名は「鉄道会社なのに自転車操業ギフトセット」
これ以上に分かりやすいネーミングはない。(2020/8/4)

自転車にもウインカー 無線リモコン付きの後付けキット「自転車用ターンランプ」発売
スポーツ車にもママチャリにも装着できます。(2020/7/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。