ニュース
» 2007年12月19日 07時00分 公開

氷、コンテナ、液体冷却――エネルギー最適化への果てしない道今年最大の関心事は「電力」「冷却」(3/3 ページ)

[Tom Kaneshige,TechTarget]
前のページへ 1|2|3       

IT管理者の新たな悩み

 データセンターのエネルギー効率化を加速する技術が、先を争って押し寄せている。コストセービングや仮想化、ブレード技術からグリーンムーブメントまで、米国全土を席巻しつつある。「データセンターの管理者は今日、アプリケーションの可用性やセキュリティ、エンドツーエンドのトランザクション能力の向上などに取り組んでいるが、今後は同様にエネルギーの最適化についても頭を悩ませなければならないだろう」とIBMのIT最適化担当副社長リチャード・レクナー氏は語る。

 多くのCIOもこれに同意する。IDCが調査したIT管理者の5人に2人は、データセンターにおける今年最大の関心事は「可用性」や「冗長性」を押しのけ「電力」と「冷却」だったとしている。電気料金はこれまで施設管理者の領域だったが、CIOも関与、あるいは少なくとも支払いの説明責任を担うべき事柄になった。「われわれのIT部門は事業ユニットとみなされている。エネルギーコストは施設予算ではなく、IT予算に組み込まれている」とヴィアス氏。その是非はさておき、今やエネルギー管理もCIOの仕事に含まれるようになった。

Copyright(c) 2007 TechTarget, Inc. All Rights Reserved.

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ