ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポケベル入力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポケベル入力」に関する情報が集まったページです。

なんじゃこりゃぁ! 日清「夏のラ王 コク辛」の公式サイトがなぜか全てポケベル打ち
読めねえ。(2017/6/27)

App Town ゲーム:
ベル打ちで高得点を目指す――iPhone/iPad用向けタイピングゲーム「ポケベル」
カヤックが、公衆電話のプッシュボタンを正しくポケベル打ちして高得点を目指すタイピングゲームアプリ「ポケベル」をリリース。(2012/4/17)

あの時代よカンバック:
ポケベルをもっとも早く正確に打てるのはわたしだ アプリで「ポケベル」復活?
ピポピピポッピピポポピッピポピッポ ピピッ(##)――「ナニシテルノ?」。ベル打ちタイピングゲーム「ポケベル」がiPhone/iPad用アプリでリリース。(2012/4/17)

ATOK for Androidの最新版「ver.1.1.0」公開、入力環境の同期や2タッチ入力に対応
ジャストシステムが、Android搭載スマートフォン向け日本語入力システムの最新版「ATOK for Android ver.1.1.0」をリリース。入力環境の同期が行える「ATOK Sync アドバンス」や「2タッチ入力」が追加された。(2011/11/8)

Android端末でフリック入力やポケベル入力を「Simeji」
ビジネスシーンにおいては、Android端末で長文を入力しなければならないこともある。今回は日本語入力を快適にするAndroidアプリ「Simeji」を紹介しよう。(2011/2/23)

ふぉーんなハナシ:
続・Androidでフリック入力
先日「Simeji」を使ってAndroidでフリック入力ができることを紹介したが、Simejiのほかにもフリック入力対応のIMEがある。また、一部ユーザーから熱烈に支持されている「ベル打ち」ができるIMEも登場している。(2009/8/14)

「N-01A」の“ここ”が知りたい:
第3回 入力方式は何が選べる? “ポケベル入力”や“T9”は?──「N-01A」
“3Wayスタイル”が特徴のNEC製端末「N-01A」。入力方式もいくつかの方式から選べるのか、従来の“N”端末ユーザーは特にファンが多い「T9」方式は残っているかといった質問が寄せられた。(2008/11/27)

「F-01A」の“ここ”が知りたい:
第1回 ポケベル入力に対応している?――「F-01A」
タッチパネル操作や520万画素カメラ、下り最大7.2MbpsのFOMAハイスピード、Bluetoothに対応した富士通のハイスペックな防水ケータイ「F-01A」。2タッチ入力の有無に関する質問が多く寄せられた。(2008/11/19)

「F906i」に文字入力関連の不具合――ソフト更新で対応
NTTドコモは、富士通製「F906i」に文字入力関連の不具合があることを発表し、改善ソフトウェアの配布を開始した。2タッチ入力時に電源が落ちたり、再起動する恐れがある。(2008/7/16)

「Cyber-shotケータイ W61S」の“ここ”が知りたい(2):
内蔵メモリの容量は?――「Cyber-shotケータイ W61S」
専用機に迫るカメラ機能を備えた「Cyber-shotケータイ W61S」。高解像度の画像をたくさん撮影するためにも、内蔵メモリの空き容量が気になるところ。さらにポケベル入力の有無も確認した。(2008/5/26)

「W61K」の“ここ”が知りたい(1):
スケジュールやアドレス帳を待受画面に登録できるか――「W61K」
京セラ製の「W61K」は幅47ミリとスリムなスタンダード端末。今回は、2タッチ入力の有無やダイヤルキーの光り方、京セラ伝統の「ペタメモ」機能の仕様についてチェックした。(2008/3/4)

「W61CA」の“ここ”が知りたい(5):
文字入力時の自動カーソル移動に対応しているか――「W61CA」
携帯を選ぶ上での重要なポイントとなっているのが、文字入力のしやすさ。カシオ計算機製の春モデル「W61CA」について、2タッチ入力や自動カーソル移動への対応をチェックした。(2008/2/26)

「N905i」の“ここ”が知りたい(1):
不在着信ランプはどこにあるのか――「N905i」
これまでのNEC製FOMA端末と異なり、回転2軸ボディを採用したドコモの「N905i」。不在着信ランプの場所や、ポケベル入力の有無、ライフヒストリービューアの使い勝手を確認した。(2007/12/4)

「805SC」の“ここ”が知りたい(4):
スライドと連動する機能はあるか――「805SC」
これまでのSamsung電子製端末から細かい使い勝手が改善された「805SC」。スライド連動機能やポケベル入力の有無、さらにWebブラウジング、カメラ、データフォルダ、スケジュールなどをチェックした。(2007/8/24)

「810P」の“ここ”が知りたい(1):
スライドに連動する機能は?――「810P」
新機構の「フラットスライド」により厚さ約12.9ミリを実現した「810P」。スライドの連動機能やポケベル入力、フォトライト、イルミネーション、キーバックライトについて調べた。(2007/8/21)

「F904i」の“ここ”が知りたい(5):
内蔵メモリは増えた? ポケベル入力は?──「F904i」
3.1インチディスプレイとサイクロイド機構による新“ヨコモーション”とワンセグが特徴の「F904i」。今までの“F”端末で好評だった機能は継承されたか、それとも進化したのか。今回はやや細かい機能を中心にチェックしてみよう。(2007/5/14)

「703iシリーズ」の“ここ”が知りたい(2)
日本語入力時に「英数変換」キーはあるか――703iシリーズ
703iシリーズのポケベル入力に対応する機種や、日本語入力時にソフトキーが英数変換キーに対応する機種をまとめた。また、なんの操作もせずに、サブディスプレイで時刻を確認できるのか検証した。(2007/2/15)

「F703i」の“ここ”が知りたい(2):
ポケベル入力やライフスタイル設定機能はあるか――「F703i」
防水機能付きの音楽携帯として注目の「F703i」だが、普通の携帯電話としての使い勝手はどうなのか。日本語入力や富士通独自の「ライフスタイル設定」について検証した。(2007/2/1)

「W51CA」の“ここ”が知りたい(2):
ポケベル入力ある?──「W51CA」
2006年の人気端末「W41CA」で評価を得た機能の多くを継承する「W51CA」。日本語入力系やUI、カメラなど、日常的によく使用する機能に関する質問が多く寄せられた。(2007/1/31)

2画面+タッチパネル+手書き入力──DSケータイ「D800iDS」
三菱電機製の「D800iDS」は、ダイヤルキー部分にタッチパネルディスプレイを採用した2画面ケータイ。ライフスタイルに合わせて選べる「3キーモード」「6キーモード」「10キーモード」の3つの操作モードのほか、「2タッチ入力」「5タッチ入力」「手書き入力」という3つの文字入力を採用するなど、幅広いユーザー層を狙う。(2007/1/16)

903iの“ここ”が知りたい「D903i」編(1):
音楽を聴きながらできることは──「D903i」
2.8インチの大画面とスリムなスライドボディが特徴の「D903i」。音楽機能の詳細やポケベル入力の有無、バイブ時の“キュイーン音”についての質問が寄せられた。(2006/10/26)

新モデルの“ここ”が知りたい「auの秋冬モデル」編:
ポケベル入力に対応しているのは?──「auの秋冬モデル」
「au秋冬モデルの“ここ”が知りたい」第1弾は、どの機能がどの端末に装備されているのかをチェックした。(2006/9/6)

夏モデルの“ここ”が知りたい「auの夏モデル」編
ポケベル入力に対応しているのは?──「auの夏モデル」
auの夏モデル全般に対して寄せられた質問で多かったのが「ポケベル入力に対応しているのか」。6機種が対応していた。(2006/5/24)

長期ロードテスト「P901iS」 No.10:
元ポケベルユーザーの憂鬱
学生の頃ポケベル大好きだった私。2タッチ入力が1番速い!といいたいけれどそうとも言えないジレンマが……。ついでに、体感速度をちょっぴり上げる方法もご紹介します。(2005/7/20)

Mobile Weekly Top10:
ポケベル打ちは速かった〜携帯早打ち
携帯早打ちの記事で「1分を切った方」を募集したところ、世界記録を上回る報告が続出。その人たちに共通していたのは……。(2004/7/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。