レビュー
» 2007年12月04日 22時49分 公開

不在着信ランプはどこにあるのか――「N905i」「N905i」の“ここ”が知りたい(1)

これまでのNEC製FOMA端末と異なり、回転2軸ボディを採用したドコモの「N905i」。不在着信ランプの場所や、ポケベル入力の有無、ライフヒストリービューアの使い勝手を確認した。

[房野麻子,ITmedia]
photophoto 「N905i」。カラーはRed、White、Black、Pinkの4色。背面パネルは、カラーバリエーションごとに異なる模様のアルミ素材を用いている

質問:不在着信ランプはどこ?

photo 着信/不在着信ランプの色、点滅パターンを設定できる

 着信/不在着信ランプは、ディスプレイ側ボディの両サイドにある。普通に折りたたんだときでも、ディスプレイを表にして折り畳んだ状態でも確認できる場所だ。ランプの色は12色から選べ、イルミネーションパターンも好みのものを設定できる。

photo 小さいランプが反対側の側面にも同様に配置

質問:閉じたままマナーモードを設定/解除できるか

 マナーモードを設定/解除できるキーは2つある。1つはダイヤルキーの[#]キー。もう1つが、本体右側面の[スクロール]/[マナー]キーで、ともに長押しで設定と解除が行える。サイドキーを使えば、本体を折り畳んだままでもマナーモードの設定/解除ができる。

photophoto マナーモードの設定は、ダイヤルキーとサイドキーのどちらからでも行える

質問:ポケベル入力はある?

photo

 日本語の入力方式は、かな入力、2タッチ(ポケベル)入力、T9入力に対応している。日本語入力システムはMogic Engine2+へと進化。画面内に割り当てられたソフトキーが増えたことで、絵文字と記号の入力切り替えがしやすいよう改善された。


photophoto 文字入力時の、「N904i」(左)と「N905i」(右)のソフトキー表示エリア。N904iでは下段ソフトキーのみ割り当てられていたが、N905iでは上段ソフトキーも使用。記号や絵文字入力の切り替えが容易になった

質問:ライフヒストリービューアからスケジュールを登録できるか

 「ライフヒストリービューア」は、メールの送受信や撮影した画像の履歴、スケジュールを時系列で表示するビューア機能。あくまで見るためのものなので、ライフヒストリービューアからは、スケジュールを登録できない。また、ビューアを待受画面に設定するといったことにも対応していない。

photophotophoto 端末内のデジカメ画像、メール、スケジュールを表示する「ライフヒストリービューア」。画面に表示する時間は細かく調整できる。写真左は一番拡大したもので、データが縦1列に表示されている。写真中央がほぼ1週間分、写真右が約3カ月分の表示にした状態

 なおライフヒストリービューアが参照するのは端末内にあるデータのみ。ほかの端末で使っていたデータであっても、microSDや赤外線通信、ドコモの電話帳お預かりサービスなどを使ってN905iに移行すれば表示できる。

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製端末に搭載されている「ライフタイムカレンダー」にも似た機能だが、カレンダー表示にできない点や待受に設定できない点、スケジュールを登録できない点などが異なる。また、起動時するたびにデータを読み込むため、時間がかかるのが残念だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう