ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポケベル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポケベル」に関する情報が集まったページです。

ポケベルまもなく終了、秋葉原では「お葬式」も
一時代を築いたポケットベル(ページャー)のサービスが9月30日に終了する。29日には東京・秋葉原で「みんなのポケベル葬」が行われ、約300人が1990年代をしのんで手を合わせた。(2019/9/30)

9月29日24時から「ポケベル」最後の一日をみんなで見守るニコニコ生放送 視聴者からのメッセージを受信して表示
BGMは当時の懐メロというノスタルジックな放送です。(2019/9/29)

ついにサービス終了のポケベル、今も使っている人に「何に使っているのか」聞いてみた
いろんな使われ方がある。(2018/12/7)

ポケベル全盛期、わたしは女子高生だった
ポケベルがついに終わる。筆者の青春は、ポケベルとともにあった。(2018/12/3)

ポケベル電波は「防災無線」で生き続ける 「文字通信の強み、最大限に発揮」
ポケベルを使った無線呼び出しサービスが、来年9月に終了。東京テレメッセージは「防災無線サービスに経営資源を集中するため」と説明している。(2018/12/3)

ポケベル、2019年9月にサービス終了へ 平成初期に一世を風靡
最盛期には120万人を超える利用者がいたものの、近年は1500人を下回るほど減っていた。(2018/12/3)

ポケベル、来年9月に終了
全国で唯一、ポケットベルを使った無線呼び出しサービスを提供している東京テレメッセージが、来年9月にサービスを終了する。(2018/12/3)

ニコニコ超会議2018:
懐かしの「ポケベル」集結 NTTが出展
NTTが1990年代に流行したポケベル(ポケットベル)を、ニコニコ超会議2018に出展。(2018/4/28)

なんじゃこりゃぁ! 日清「夏のラ王 コク辛」の公式サイトがなぜか全てポケベル打ち
読めねえ。(2017/6/27)

「140文字」じゃなく「14文字」でコミュニケーションしていた僕たち
ポケベル。Twitterの10分の1、たった「14文字」であの頃何を伝えあっていたのでしょうか。(2016/12/22)

App Town ゲーム:
ベル打ちで高得点を目指す――iPhone/iPad用向けタイピングゲーム「ポケベル」
カヤックが、公衆電話のプッシュボタンを正しくポケベル打ちして高得点を目指すタイピングゲームアプリ「ポケベル」をリリース。(2012/4/17)

あの時代よカンバック:
ポケベルをもっとも早く正確に打てるのはわたしだ アプリで「ポケベル」復活?
ピポピピポッピピポポピッピポピッポ ピピッ(##)――「ナニシテルノ?」。ベル打ちタイピングゲーム「ポケベル」がiPhone/iPad用アプリでリリース。(2012/4/17)

11年ぶり:
ヒロスエがドコモのCMに帰ってくる――「dマーケット VIDEOストア」新CM
ドコモが2月18日から放映する「dマーケット VIDEOストア」の新CMに、広末涼子さんが起用された。広末さんがドコモのCMに出演するのは、11年ぶり。ポケベルやiモードに続き、スマートフォンと3世代のCMに登場する。(2012/2/16)

Android端末でフリック入力やポケベル入力を「Simeji」
ビジネスシーンにおいては、Android端末で長文を入力しなければならないこともある。今回は日本語入力を快適にするAndroidアプリ「Simeji」を紹介しよう。(2011/2/23)

「9.11同時多発テロ」の日のポケベルメッセージがネットで公開
米同時多発テロが起きた2001年9月11日に送信されたポケベルのメッセージを、内部告発サイトWikileaksが公開した。50万件を超えるメッセージから、当時の様子がうかがえる。(2009/11/26)

「N-01A」の“ここ”が知りたい:
第3回 入力方式は何が選べる? “ポケベル入力”や“T9”は?──「N-01A」
“3Wayスタイル”が特徴のNEC製端末「N-01A」。入力方式もいくつかの方式から選べるのか、従来の“N”端末ユーザーは特にファンが多い「T9」方式は残っているかといった質問が寄せられた。(2008/11/27)

「F-01A」の“ここ”が知りたい:
第1回 ポケベル入力に対応している?――「F-01A」
タッチパネル操作や520万画素カメラ、下り最大7.2MbpsのFOMAハイスピード、Bluetoothに対応した富士通のハイスペックな防水ケータイ「F-01A」。2タッチ入力の有無に関する質問が多く寄せられた。(2008/11/19)

ブランドの達人が語る:
【第3回】消費の次世代マーケット、ポスト団塊ジュニアとは
日本の消費社会を支える次世代のニューフェイスが「ポスト団塊ジュニア」だ。学生時代からインターネットに触れ、ポケベルや携帯電話を使って仲間とのコミュニケーションを図っていたのがこの世代である。彼らを知ることが勝ち組企業への近道になる?(2008/6/24)

「Cyber-shotケータイ W61S」の“ここ”が知りたい(2):
内蔵メモリの容量は?――「Cyber-shotケータイ W61S」
専用機に迫るカメラ機能を備えた「Cyber-shotケータイ W61S」。高解像度の画像をたくさん撮影するためにも、内蔵メモリの空き容量が気になるところ。さらにポケベル入力の有無も確認した。(2008/5/26)

「N905i」の“ここ”が知りたい(1):
不在着信ランプはどこにあるのか――「N905i」
これまでのNEC製FOMA端末と異なり、回転2軸ボディを採用したドコモの「N905i」。不在着信ランプの場所や、ポケベル入力の有無、ライフヒストリービューアの使い勝手を確認した。(2007/12/4)

「805SC」の“ここ”が知りたい(4):
スライドと連動する機能はあるか――「805SC」
これまでのSamsung電子製端末から細かい使い勝手が改善された「805SC」。スライド連動機能やポケベル入力の有無、さらにWebブラウジング、カメラ、データフォルダ、スケジュールなどをチェックした。(2007/8/24)

「810P」の“ここ”が知りたい(1):
スライドに連動する機能は?――「810P」
新機構の「フラットスライド」により厚さ約12.9ミリを実現した「810P」。スライドの連動機能やポケベル入力、フォトライト、イルミネーション、キーバックライトについて調べた。(2007/8/21)

「F904i」の“ここ”が知りたい(5):
内蔵メモリは増えた? ポケベル入力は?──「F904i」
3.1インチディスプレイとサイクロイド機構による新“ヨコモーション”とワンセグが特徴の「F904i」。今までの“F”端末で好評だった機能は継承されたか、それとも進化したのか。今回はやや細かい機能を中心にチェックしてみよう。(2007/5/14)

緊急特集「さらばポケベル」:
番外編 ポケベルが鳴りすぎて(後)
今回は私がポケベルのヘビーユーザーとして利用したサービスやコンテンツ、そして運営サイドになって仕事をした思い出のあるコンテンツについて振り返りたい。(2007/3/30)

緊急特集「さらばポケベル」:
最終回 ポケベルが残したもの
移動通信サービスの先駆けとして一時代を築いたポケベル。今はケータイが時代をリードする。縮小していったポケベルは失敗だったのか?ケータイに受け継がれたものは何か?そこから移動通信の未来を探りたい。(2007/3/30)

緊急特集「さらばポケベル」:
番外編 ポケベルが鳴りすぎて(前)
ヘビーユーザーとしてポケベルとともに青春時代を過ごした懐かしい日々。ついにはポケベルビジネスに携わるようになった。ポケベルと深く関わっていたあの頃の思い出をつづる。(2007/3/29)

緊急特集「さらばポケベル」:
第4回 ポケベルとモバイル通信は相思相愛?
どこにいてもメッセージを受信できるポケベルはまさにモバイル通信の先駆けだった。ポケベルとネットワークサービスはモバイルコンピューティングの発展にどのように影響したのだろうか。(2007/3/29)

緊急特集「さらばポケベル」:
第3回 「ベル友」「メル友」が生まれたワケ
ポケベルの「ベル友」と携帯電話の「メル友」は何が違うのか?似ているようで異なる両者の特徴をメッセージ文化の移り変わりの中から探ってみる。(2007/3/28)

緊急特集「さらばポケベル」:
第2回 ポケットベル成長の舞台裏
ポケットベルは日本の移動体通信文化をまさに開花させたといっても過言ではない。今回は携帯電話やPHSの興隆へとつながったポケットベルの発展をビジネスの側面からみてみよう。(2007/3/27)

緊急特集「さらばポケベル」:
第1回 メッセージ文化を創造したポケベル
40年近くものサービスを続けたポケベルが3月31日で終了する。日本のメッセージ文化、モバイルコンピューティングの先駆けとなったポケベルの歴史を5回にわたり振り返る。(2007/3/26)

Mobile&Movie 第248回:
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式「一番変わったのは携帯かな」
映画に登場した“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、バブル絶頂期にタイムスリップした女の子が主人公の『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』。ポケベル全盛期の携帯電話は……。(2007/2/23)

「703iシリーズ」の“ここ”が知りたい(2)
日本語入力時に「英数変換」キーはあるか――703iシリーズ
703iシリーズのポケベル入力に対応する機種や、日本語入力時にソフトキーが英数変換キーに対応する機種をまとめた。また、なんの操作もせずに、サブディスプレイで時刻を確認できるのか検証した。(2007/2/15)

「F703i」の“ここ”が知りたい(2):
ポケベル入力やライフスタイル設定機能はあるか――「F703i」
防水機能付きの音楽携帯として注目の「F703i」だが、普通の携帯電話としての使い勝手はどうなのか。日本語入力や富士通独自の「ライフスタイル設定」について検証した。(2007/2/1)

「W51CA」の“ここ”が知りたい(2):
ポケベル入力ある?──「W51CA」
2006年の人気端末「W41CA」で評価を得た機能の多くを継承する「W51CA」。日本語入力系やUI、カメラなど、日常的によく使用する機能に関する質問が多く寄せられた。(2007/1/31)

903iの“ここ”が知りたい「D903i」編(1):
音楽を聴きながらできることは──「D903i」
2.8インチの大画面とスリムなスライドボディが特徴の「D903i」。音楽機能の詳細やポケベル入力の有無、バイブ時の“キュイーン音”についての質問が寄せられた。(2006/10/26)

秋冬モデルの“ここ”が知りたい「W43CA」編(2):
QVGAでのムービー撮影は可能か――「W43CA」
「W41CA」の使いやすさはそのままに、新サービスに対応し、各スペックを向上させた「W43CA」。ポケベル対応やフォントサイズ、画像編集機能など使い勝手についての質問が寄せられた。(2006/9/21)

新モデルの“ここ”が知りたい「auの秋冬モデル」編:
ポケベル入力に対応しているのは?──「auの秋冬モデル」
「au秋冬モデルの“ここ”が知りたい」第1弾は、どの機能がどの端末に装備されているのかをチェックした。(2006/9/6)

日立ソフト、ポケベル環境を置き換える製品を販売
2007年3月末でサービスを終了するドコモのポケベル。ポケベルで呼び出しを行う環境を、メールや音声、LED表示などに置き換える製品が発売される。(2006/6/9)

夏モデルの“ここ”が知りたい「auの夏モデル」編
ポケベル入力に対応しているのは?──「auの夏モデル」
auの夏モデル全般に対して寄せられた質問で多かったのが「ポケベル入力に対応しているのか」。6機種が対応していた。(2006/5/24)

長期ロードテスト「P901iS」 No.10:
元ポケベルユーザーの憂鬱
学生の頃ポケベル大好きだった私。2タッチ入力が1番速い!といいたいけれどそうとも言えないジレンマが……。ついでに、体感速度をちょっぴり上げる方法もご紹介します。(2005/7/20)

ドコモ、ポケベルを2007年3月末で終了
首都圏でサービスを行っていたドコモのクイックキャストがサービス終了を決めた。現在約29万人が利用している。(2005/4/25)

Mobile Weekly Top10:
ポケベル打ちは速かった〜携帯早打ち
携帯早打ちの記事で「1分を切った方」を募集したところ、世界記録を上回る報告が続出。その人たちに共通していたのは……。(2004/7/8)

ドコモ、ポケベルから撤退へ〜新規受付終了
ドコモのクイックキャスト(旧称ポケベル)が新規受付終了。サービス終了の検討を進めている。(2004/5/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。