ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3Wayスタイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「3Wayスタイル」に関する情報が集まったページです。

ドコモ2009年夏モデルの第1陣:
無線LAN搭載の「N-06A」と“トリニティスタイル”の「P-07A」、バリュー一括価格は6万円台前半
5月19日に発表されたばかりの、NTTドコモ2009年夏モデルの第1弾が22日に店頭に並んだ。どちらもPRIMEシリーズの端末で、「N-06A」「P-07A」ともに価格は6万円台の前半となっている。(2009/5/22)

PRIMEシリーズ:
“無線LAN”+マルチメディア機能で携帯の楽しみ方を変える――「N-06A」
自宅や公衆の無線LAN環境を活用し、高速にインターネットを楽しめる「N-06A」。写真をオンラインアルバムに自動アップロードしたり、Wi-Fi対応ゲーム機のアクセスポイントとして活用したりと、携帯の新しい楽しみ方を提案する。タッチパネルUIや8.1Mカメラ、ワンセグ、ハイスピード動画撮影など、機能も進化した。(2009/5/19)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2008年冬モデル編):
第2回 やはり「SH-04A」が最強なのか?――タッチUIを徹底解剖する
今回レビューしているドコモのタッチパネル対応ケータイは、「SH-04A」がタッチ操作のみで最も多くの機能を利用できる。では使い勝手はどうか。第2回では、タッチ専用メニューやショートカット、誤操作防止などをチェックした。(2009/5/11)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(編集部岩城編):
何か、基本的に“全部”全部入りになっちゃいましたのでね
ライフスタイル別に──といったように、2008年もたくさんの新機種が登場したが、筆者の“全部入り好き”で“ちょっとヘンなものも好き”な傾向は変わらない。(2008/12/29)

Mobile Weekly Top10:
お歳暮に「QRえびせん」をいただいた
12月といえばカレンダーとお歳暮の季節。お世話になっている方々にあいさつしたりされたりする中で、相手に喜んでもらえる“あいさつの品”を選ぶのは骨が折れるもの。そんな中、medibaさんからモバイル業界の企業らしい一品をいただいたので紹介しよう。(2008/12/16)

開発陣に聞く「N-01A」:
タッチ×ヨコ×タテ──「N-01A」が革新ボディ“3Wayスタイル”を採用した理由
流行のタッチパネルと特徴的な回転ヒンジで「タッチ×ヨコ×タテ」の革新スタイルを提案するNEC製ハイエンドモデル「N-01A」。なぜ“3Wayスタイル”なのか、それは何を目指しているのか。N-01Aの開発チームに話を聞いた。(2008/12/5)

「N-01A」の“ここ”が知りたい:
第3回 入力方式は何が選べる? “ポケベル入力”や“T9”は?──「N-01A」
“3Wayスタイル”が特徴のNEC製端末「N-01A」。入力方式もいくつかの方式から選べるのか、従来の“N”端末ユーザーは特にファンが多い「T9」方式は残っているかといった質問が寄せられた。(2008/11/27)

「N-01A」の“ここ”が知りたい:
第2回 “3Wayスタイル”ヒンジはどんな仕組み?──「N-01A」
タッチ・タテ・ヨコに切り替えられる“3Wayスタイル”を新たに採用したNEC製の「N-01A」。この特徴的なヒンジはどんな仕組みなのかという質問が多く寄せられた。(2008/11/26)

「N-01A」の“ここ”が知りたい:
キーロックはある? どうやるの?──「N-01A」
フルワイドVGAの3.2インチタッチパネルと、利用シーンに応じてタッチ・タテ・ヨコに切り替えられる“3Wayスタイル”が特徴のNEC製ハイエンドモデル「N-01A」。ディスプレイが常に表を向くスタイルだけに、キーロックの仕様とその使い勝手に関する質問が多く寄せられた。(2008/11/25)

タテ、ヨコ、タッチの“3Wayスタイル”――「N-01A」、11月21日発売
NTTドコモは11月21日、用途に応じてタテ、ヨコ、タッチの3つのスタイルに切り替えて使える“3Wayスタイル”のNEC製端末「N-01A」を発売する。(2008/11/18)

Weekly ITmedia +D Top10:
ツクモショックと周囲の思い
携帯電話冬モデルの記事が先週に続いてランキングを占める中、アキバの老舗PCショップのショッキングな話題に注目。(2008/11/13)

折りたたみ発案から20年、「N-01A」は“変わるN”の象徴──NEC、今後の携帯事業戦略を説明
NECがドコモ向け2008年冬商戦向けモデルの新製品発表会を開催。かつて「変わらない」とも言われた状況を大きく崩すであろう新たなスタイルや価値を盛り込み、“変化"を遂げる姿勢を改めて打ち出し、同社の「技術力や商品力」を強く印象づけた。CMキャラクターを務める玉木宏さんと橋本麗香さんも会場に駆けつけ、新製品の特徴をアピールした。(2008/11/10)

写真で解説する「N-01A」
NEC製の「N-01A」は、閉じたまま/ヨコ/タテと3パターンで利用できる新しい回転機構と、全面タッチパネルディスプレイを供えた“N”のハイエンドモデル。ドコモの2008年冬モデル PRIMEシリーズの中でも特に斬新なスタイルを採用し、もっとも前モデルから変化を遂げた。(2008/11/7)

エンタメケータイ「PRIME」シリーズのAV機能をチェックする
NTTドコモが発表した冬モデルは、利用者の好みあわせた4シリーズが展開される。エンターテインメント性を押し出した「PRIME」シリーズには、120fpsの超高速動画撮影が行える「L-01A」などが用意される。(2008/11/5)

タッチ、8Mカメラ、コラボ、スリム、ハイスペック、Nokiaも:
ドコモ、2008年冬モデル22機種発表──新型番で新たな4シリーズ展開
ドコモは2008年冬モデル全22機種を発表。過去最多数の機種を用意し、8機種のタッチパネルケータイを投入する。ほかにも8M CCDカメラや3Wayスタイル、HTC・Nokia・RIM製スマートフォン、横スライドQWERTYキー、多色、防水、ブランドコラボなど多彩なラインアップで展開。ユーザーエージェント機能「iコンシェル」やウィジェット機能「iウィジェット」などの新サービスも始める。(2008/11/5)

PRIMEシリーズ:
フルタッチパネル搭載、タッチ×ヨコ×タテで自在に使える“3Wayスタイル”──「N-01A」
NEC製の「N-01A」は、閉じたまま、横向き、縦向きと利用シーンに合わせて自在に切り替えて使える回転機構による“3Wayスタイル”が特徴のハイエンドモデル。全面タッチパネルを備え、閉じたままでも指だけでワンセグやメール、Web、カメラなど機能全般を操作できる。(2008/11/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。