ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「ACジャパン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

公共広告機構

仮想事例で学ぶ
「ビジネスメール詐欺」(BEC)の被害はこうして生まれる
「ビジネスメール詐欺」(BEC)の被害が国内外に広がっている。その背景には、攻撃を成功させるための巧妙な仕掛けがあった。具体的な攻撃手法と、その対策を解説する。(2018/8/21)

「窃盗だろw」「桃の気持ち考えろ」――桃太郎で“ネット炎上”描く広告、狙いは? ACジャパンに聞く
「窃盗だろw」「泥棒ワロタ」――桃を拾ったおばあさんにそんな苦情が殺到し、炎上する様子を描いた広告を、ACジャパンが公開。制作の狙いは。(2017/7/5)

写真展:
「垂ずる銀幕」-元村和彦コレクション/ロバート・フランクへの憧憬-
(2016/5/10)

クレーマーが日本社会を支配する? 「過剰反応」する社会
(2015/8/4)

仕事をしたら“広告のツボ”が見えてきた(前編):
注目されている「広告」にはワケがある――それは
いま、世界ではどんな広告が注目されているのだろうか。広告事情に詳しい、河尻亨一さんは「世界最大級の広告祭『カンヌ』で受賞した作品をみると、ある傾向が見えてきた」という。その傾向とは……。(2013/10/9)

セキュリティブログクリップ(3):
驚異の読心術者のネタ元はSNS?!
今回は、利用範囲がますます広がるSNSの話題から、SNSの職場での利用の是非と、Facebookの偽アカウントに関する話題、そしてオンラインでの被害にまつわる保険の話を取り上げます。(2012/10/18)

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:
テレビ局の品格とスポンサー企業の品格
民放テレビ番組の低俗化を何とかできる方法が1つだけある。(2011/9/12)

「セシウムさん」放送の東海テレビ、情報番組を休止して改めて謝罪 「ふざけ心では済まされない」
東海テレビ放送が岩手県産米のプレゼント当選者を「怪しいお米 セシウムさん」とテロップで表示して放送した問題で、同社はテロップを流した情報番組を休止して改めて謝罪した。(2011/8/5)

上半期CM好感度1位はACジャパン ソフトバンク10連覇ならず
CM総合研究所による2011年上半期のCM好感度調査で、ACジャパンの公共広告が1位に。ソフトバンクモバイルは10期連続首位を逃した。(2011/7/25)

エコのふれ込みに「だまされた」と感じた時、消費者の7割が離れていく
企業の「地球に優しい」というふれ込みにだまされたと感じた時に、7割の消費者がその商品を買うのを止め、約4割の消費者がその企業のすべての商品をボイコットするという調査結果が最近示された。企業は環境負荷低減の試みについて、どのようにアピールするべきなのだろうか。(2011/4/22)

「ガンバレ」と言われても……日本中を襲う震災ストレス
東日本大震災発生後、実際に被災したわけでもないのにストレスを感じている人は少なくない。「気持ちが沈む」「よく疲れる」といった症状を訴える人が増えてきているようだ。(2011/4/14)

日々是遊戯:
3DSで「グレートありがとウサギ」を育成!? ――というファンムービー
話題のCM「あいさつの魔法」がもし3DS用ゲームになったら……というファンムービーがニコニコ動画に投稿され、人気を集めています。(2011/4/8)

オルタナブログ通信:
いまだからこそ元気を出そう! ビジネスを縮小しないことが復興支援
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、ITにまつわる時事情報などが、約250人のブロガーによって、日々発信されている。その中から今回は、「震災とビジネス」「iPad2」「Facebook」などを紹介しよう。(2011/3/25)

日々是遊戯:
「ポポポポ〜ン」不足なあなたにどうぞ。好きなだけ「ポポポポ〜ン」できるボタンが登場
企業のCM自粛が続くなか、一部で話題沸騰中なAC(公共広告機構)のCM。毎日のように流れる「ポポポポ〜ン」が、だんだんクセになってきたという人も多いのでは……。(2011/3/22)

Microsoft、Bingにネット詐欺防止の公共広告を掲載
Bingで「送金」「住宅ローン返済」などを検索すると、検索結果の上に金融関連のネット詐欺への注意を喚起する広告が表示される。(2009/9/30)

MySpace、SNSの安全向上を目指した公共広告を放映
オンライン上で若者を保護するには、保護者や教育者へのリソース提供が必要だとして、非営利団体と共同で広告展開や教育ツールの提供を行う。(2008/3/7)

D2C、「第6回モバイル広告大賞」の受賞企業を発表
(2007/6/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。