ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「文藝春秋」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文藝春秋」に関する情報が集まったページです。

ソニー決算の3つのポイント 年1800万台出荷計画のPS5に質問集中
ソニーグループの2022年3月期(21年4月〜22年3月)通期連結決算が発表されました。売上高は約10兆円、本業のもうけを示す営業利益は約1兆2000億円で、ゲーム事業がけん引する構図です。ゲーム事業の視点から見た3つのポイントを挙げてみます。(2022/5/20)

<任天堂決算>減収減益+スイッチ500万台減! マイナスイメージは視点1つで“逆転”も
任天堂の2022年3月期(21年4月〜22年3月)通期連結決算が発表されました。注目の企業だけに、多くのメディアから決算の記事が出ました。一見するとマイナスイメージに見えるものも、視点1つで別の景色が見えてきます。(2022/5/20)

園子温監督、性加害疑惑を報道した週刊誌を提訴 「事実と異なる点が多々ございます」
芸能界では現場での問題やトラブルが相次いで告発されています。(2022/5/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
ロシア系ハッカー集団の手口はどうなっているのか? まるで“会社員”のように動く
ウクライナ侵攻に絡んでいるとされる、ロシア系サイバー攻撃集団の「Conti(コンティ)」。イスラエル発のセキュリティ企業「KELA」などへの取材を通じて、その実態に迫る。(2022/5/19)

湯之上隆のナノフォーカス(50):
続報・3MのPFAS生産停止、今は「嵐の前の静けさ」なのか
3Mのベルギー工場がPFASの生産を停止した。今回は、その影響についての続報として、代替品の調達状況や、PFAS生産停止に至った背景、今後想定される事態を論じる。(2022/5/18)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
歌手・リアーナの下着ブランドが大成功 下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とは
米国で、下着をオンラインで購入する人が増えている。その中でも、歌手のリアーナが立ち上げたブランドが注目を集めている。成功の背景にある、下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とAI活用の方法とは――。(2022/5/18)

華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
婚姻歴や前妻との子どもの存在を隠していたという夫。(2022/5/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
ロシアに進出している企業はどうなる? 撤退は「吉」か、継続は「凶」か
ロシア国内で海外の各企業はどのような対応を取っているのか。大手外国企業1000社以上のロシア国内での動きをウォッチしている、ある研究所のデータによると……。(2022/5/6)

河瀬直美監督、「朝が来る」撮影助手へのパワハラ疑惑報道に声明 「既に当事者間で解決をしていることであります」
元撮影助手・Aさんとともに声明文を発表。(2022/4/28)

福山雅治「ガリレオ」9年ぶりの新作決定 柴咲コウ&北村一輝の続投に喜びの声「この3人の安心感」
湯川先生が帰ってくる!(2022/4/27)

茶道に学ぶ接待・交渉術:
Web会議への移行で「気遣いレス」になっていませんか? 思い出したい茶道の格言「一座建立」
オンラインの時代です。これまでのビジネスの前例だけでは、カバーしきれなくなった時代とも申せましょう。そんな時代には、日本人が古くから狭い茶室で対面していた時にはどんな配慮が求められていたかを参照してみることにも、意味があるかと思います。(2022/4/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
イーロン・マスクのTwitter買収劇、その真実に迫る
イーロン・マスク氏によるツイッター買収劇は、どのようにして始まったのか。マスク氏とツイッター社のこれまでの関係や「敵視」を向けたタイミングなど、ここ数年のツイート内容などから考察する。(2022/4/22)

くら寿司“あぶりネタ”宣伝ツイートに批判集まる 「このタイミングであぶりって…」「二度と行きません」
記事掲載の前日のツイートでしたが……。(2022/4/21)

伊藤沙莉、“18歳年上”交際相手の二股報道に言及 「2人が友人なのは知っています」「可哀想でも被害者でもなんでもないです」
温かく見守ってほしいとのこと。(2022/4/21)

ロンブー淳、渦中の「天竺鼠」瀬下豊を危惧 中絶強要報道からの“引退発言”には「短絡的な答えは出さない方がいい」
瀬下さんは現在、芸能活動を自粛中。(2022/4/15)

元「Juice=Juice」高木紗友希、YouTube初動画で会社設立を発表 「新しい芸能の形を私なりに作っていきたい」
同じ思いを抱えた人の“行き場”になればとも告白。(2022/4/12)

湯之上隆のナノフォーカス(49):
3Mベルギー工場停止、驚愕のインパクト 〜世界の半導体工場停止の危機も
2022年3月8日、米3Mのベルギー工場が、ポリフルオロアルキル物質(Poly Fluoro Alkyl Substances, PFAS)の一種である、フッ素系不活性液体(登録商標フロリナート)の生産を停止した。これによって半導体生産は危機的な状況に陥る可能性がある。本稿では、PFAS生産停止の影響について解説する。【訂正あり】(2022/4/11)

ラブリ、強制わいせつ疑惑に不起訴処分 8カ月ぶりのインスタ投稿で一部報道へ「深い憤りに震えた」
2021年1月に知人女性への性加害を報じられていました。(2022/4/1)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アイスの棚が「稼げる広告」に変身! 小売店の新しい可能性
小売店舗には「消費者との接点を持っている」という強みがあります。これまで、オフラインの小売店はオンラインの小売店に比べて広告では稼げないとされてきましたが、状況は変わってきているようで――。(2022/4/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
トヨタも富士通もサイバー攻撃の被害に! 世界が認める凄腕セキュリティ企業の正体
ここ最近、トヨタなどの大手企業でもサイバー攻撃の被害が報告されている。そんな中、国内外で注目され始めているセキュリティ企業が「UltraRed」である。同社が提供するセキュリティソリューションとは。(2022/3/31)

性行為強要疑惑の榊英雄、所属事務所がマネジメント解消 双方話し合いのもとで「共に歩んでいくことはできない」
榊さんの妻も離婚を示唆する発言。(2022/3/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
ウクライナ侵攻の裏で何が? イーロン・マスクの“技術”が生命線に
ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、民間企業のある製品が一役買っている。今後の戦況にも大きな影響を与えるといわれるその技術とは……。(2022/3/24)

湯之上隆のナノフォーカス(48):
メモリ不況は当分来ない? 〜懸念はIntelのEUVと基板不足、そして戦争
筆者は世界半導体市場統計(WSTS)のデータを徹底的に分析してみた。その結果、「メモリ不況は当分来ない」という結論を得るに至った。そこで本稿では、その分析結果を説明したい。(2022/3/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
ロシアのウクライナ侵攻、日本企業が備えるべき本当の怖さ
ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、サイバー攻撃が世界を襲う可能性が指摘されている。ロシアが公開した「非友好的」な国家・地域のリストに含まれていた日本。今後懸念される影響とは……。(2022/3/10)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アマゾンが作る「アパレル店舗」は成功するのか?
米アマゾンは今年、新たなアパレルストア「Amazon Style」の出店を計画している。しかし、Amazon 4-StarやAmazon Booksの撤退が決まるなど、アマゾンの実店舗事業は苦戦している。そんな中、このAmazon Styleは成功できるのだろうか? シリコンバレー在住の筆者が考察する。(2022/3/7)

コスプレイヤー伊織もえが一般男性と交際 “10年”に及ぶ関係へ「本当にすごい」「でも幸せならOKです」の声飛ぶ
所属事務所のコスプレイヤーたちも祝福。(2022/3/1)

乱立する日本の金融決済システムは海外と比べて遅れているのか? そうとも言い切れない事情
2月初旬、文春オンラインにカンボジアでデジタル通貨「Bakong」を立ち上げた宮沢和正氏のインタビュー記事が掲載された。決済サービスが乱立する日本が海外の決済システムに乗っ取られる危険性を警告していたが、実際に起きうるのか。決済ジャーナリストの鈴木淳也氏が考察する。(2022/2/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
五輪終了後も不安が残る「中国リスク」 どうすればいいのか?
五輪後、中国とビジネスで関わっていく際に起こりうる「中国リスク」を考察する。ビジネスパーソンが中国出張時に注意すべきこととは――。(2022/2/24)

湯之上隆のナノフォーカス(47):
界面の魅力と日本半導体産業の未来 〜学生諸君、設計者を目指せ!
今回は、「電子デバイス界面テクノロジー研究会」の歴史と、同研究会が行った、半導体を研究している学生48人へのアンケート結果を紹介する。アンケート結果は、非常に興味深いものとなった。(2022/2/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
「飲みニケーション」は日本の“文化”なのか 海外の事情
海外では日本人のような「飲みニケーション」は本当にないのだろうか。書籍『超入門 データセキュリティ』の内容から、国際的に活躍できるビジネスパーソンについて考察していく。(2022/2/10)

小島みゆ、元交際相手・前山剛久との復縁意思を否定 “不謹慎”批判の投稿に「深く反省しております」
所属芸能事務所もコメント。(2022/1/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
まだ遅くない、いま「NFT」に注目すべき理由
話題の「NFT」だが、どのくらいの人がきちんと理解しているだろうか。アートやエンタメの分野で、近い将来かなり大きなビジネスになる可能性を秘めている。(2022/1/27)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
小売りを救う“緊急事態対応”! 進化する需要予測の「4つのカギ」
コロナ禍では、急な感染拡大や緊急事態宣言などの発令により、消費者の行動が大きく変わる。そんな中、小売り企業はどのように備えるべきなのか──“緊急事態”の需要予測を成功に導く「4つのカギ」を紹介する。(2022/1/21)

湯之上隆のナノフォーカス(46):
2050年までの世界半導体市場予測 第3弾 〜30年後もスイートスポットは28nmか
収束のメドが立たない半導体不足。本稿では、特に足りないのは28nmの半導体であることを以下で論じる。さらに本稿の最後に、1年前にも行った「2050年までの世界半導体市場予測」を再び試みたい。(2022/1/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
見知らぬUSBはどうすればいいのか 会社のPCに差し込んではいけないワケ
FBIが、USBメモリを使ったサイバー攻撃手口が増加していると警鐘を鳴らしている。どんな手口が増えているのかというと……。(2022/1/13)

スピン経済の歩き方:
「人口減は技術革新で乗り越えられる」という考え方が、ダメな理由
日本の人口減少に歯止めがかからない。『朝日新聞』が試算したところ、政府が想定していたペースよりも7年も早く少子化が進行しているわけだが、この問題はどうすればいいのだろうか。「技術革新でなんとかなる」という考え方もあるが……。(2022/1/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
「Nintendo Switch」品薄の裏にある大きな世界情勢のうねり
Nintendo Switchが半導体不足で手に入らない状況が続いている。その裏には、何があるのか。(2021/12/30)

2.5次元俳優・前山剛久、神田沙也加さんとの交際公表 「将来を見据えたお話も」「大変尊敬する存在でした」
突然の訃報に大きなショックを受けているとも発表。(2021/12/23)

トヨタもEV投資に本腰:
猪瀬直樹が日本の自動車産業に警鐘 「テスラとではガラケーとスマホくらい違う」
2050年までのエネルギー革命について「もはや選択の余地はない」と語るのは、作家であり元東京都知事である猪瀬直樹氏だ。「今の日本の自動車と、テスラとではガラケーとスマホくらい違う」と話す同氏に、EV(電気自動車)を巡る日本の自動車産業の構造的課題と、エネルギー政策の展望を聞いた。(2021/12/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
セキュリティ企業が製作する連ドラ『Project 2030』が誕生した理由
トレンドマイクロ社が連ドラ『Project 2030』を配信している。なぜセキュリティベンダーがドラマを手掛けているのか。その理由は……。(2021/12/16)

湯之上隆のナノフォーカス(45):
半導体製造装置と材料、日本のシェアはなぜ高い? 〜「日本人特有の気質」が生み出す競争力
半導体製造装置と材料の分野において、日本は非常に高いシェアを持っている。これはなぜなのか。欧米メーカーのシェアが高い分野と比較し、分析してみると、興味深い結果が得られた。(2021/12/14)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
白熱する「無人レジ競争」の行方──ショッピングカート式の勝算と課題は?
小売店のレジの無人化にはさまざまな種類がある。その中の一つが、ショッピングカートにレジ機能を搭載する形式だ。日米で広まるショッピングカート式のレジの勝算と課題とは?(2021/12/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
アマゾン、テスラを含む米国のトップIT企業7社「FAATMAN」は1分間にいくら稼ぐのか?
コロナ禍でも特に盛況だった米国の大手IT企業各社。最近はFAATMAN(フェイスブック、アルファベット、アマゾン、テスラ、マイクロソフト、アップル、ネットフリックス)と呼ばれることもあるが、いくら稼いでいるのだろうか。(2021/12/2)

湯之上隆のナノフォーカス(44):
「半導体不足」は本当か? クルマ大減産の怪
筆者は4月21日に、『半導体不足は「ジャストインタイム」が生んだ弊害、TSMCが急所を握る自動運転車』を寄稿し、その記事の中で、なぜ車載半導体不足が生じたかを分析した。しかしどうも、現在起きている現象は、それとは異なるように感じる。そこで本稿では、再度、クルマがつくれない原因を半導体の視点から考察する。(2021/11/26)

「ラランド」サーヤ、週刊誌の質問状に相方・ニシダの熱愛報道を暴露 斬新でユーモアあふれる対応にファン爆笑
面白ろすぎる。(2021/11/25)

「僕も2カ月前に記事に」 鬼龍院翔、歌広場淳の“不倫騒動”を生謝罪 金爆の今後に「ハッキリしたこと言えない」
音楽活動の継続だけは明言。(2021/11/22)

DX時代のPLM/BOM導入(3):
システムに業務を合わせよ、PLMに広がる「Fit to Standard」の考え方
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第3回はPLMなどITシステム導入で広まる「Fit to Standard」の考え方を解説する。(2021/11/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
若くして起業すべきではない、これだけの理由
米国のある調査では、起業で成功する確率は25歳よりも40歳のほうが2倍以上高く、30歳よりも50歳のほうが倍増するという。世界を見ても、成功者の多くは35歳以降に独立している。なぜ彼らは大器晩成したのだろうか。(2021/11/18)

専門家のイロメガネ:
元バイトAKBのラーメン店、産地偽装は返金で許されるのか?
先日、元バイトAKBの梅澤愛優香さんが経営するラーメン店「麺匠 八雲」で食材の産地偽装があったと報じられた。今回のトラブルは経営者の個人的な炎上のように捉えられているが、それらの要素を取り除けばコンプライアンスやガバナンスの問題にいきつく。(2021/11/17)

峯岸みなみ、29歳の誕生日むかえ「今がすごく幸せ」 今後の活動も「楽しく、明るく、頑張ります」
河西智美さんから「20代ラストイヤー楽しんでね」。(2021/11/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。