ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「文藝春秋」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文藝春秋」に関する情報が集まったページです。

「事実無根」「極めて悪質」 デヴィ夫人、“慈善団体資金持ち逃げ”を報じた『週刊文春』等を刑事告訴 先方の取材を非難「内容を悉く無視」
「このまま社会から抹殺される」と不安も吐露。(2024/2/27)

GDPで日本を抜いたが、物価高に悩むドイツの国内事情
2023年の日本のドル建ての国内総生産(GDP)がドイツに抜かれて4位に転落したことは大きな話題になった。「ドイツ経済の強さの秘密」を特集するメディアもあったが、ドイツ在住の医師でジャーナリスト、村中璃子氏は「庶民には実感がない」と指摘する。物価高がのしかかるドイツ経済の現状をリポートする。(2024/2/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国出張でPCは“肌身離さず”でなければいけない、なぜ?
昨年、中央省庁の職員3人が中国出張中、PCに不審なマルウェアを埋め込まれていたことが分かった。わずかな時間でホテルの部屋に侵入されたという。特に海外出張では、PCを常に携行するなど、警戒を強めて行動することが必要だ。(2024/2/23)

湯之上隆のナノフォーカス(70):
驚異的な成長で装置メーカートップに躍り出たASML 背景にEUVと中国の「爆買い」
現在、EUV(極端紫外線)露光装置の唯一のサプライヤーであるオランダASMLの売上高が「絶好調」だ。本稿では、ASMLの過去3年間の売上高を分析し、ASMLの成長の変曲点を特定する。さらに、今後のASMLの成長を展望する。(2024/2/20)

「40歳には全く見えない」 皆藤愛子アナ、未掲載カットを公開→黒衣装の隙間から……「う、嘘やん」
黒の衣装も似合う〜!(2024/2/13)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
レジ待ち不要、商品を「冷蔵庫にしまってくれる」?――Walmartの顧客体験はここまで進化する
「生成AIによる検索機能強化」「WalmartアプリでのAI活用」「ドローン配達」。Walmartが発表した、24年に行う顧客体験改善の取り組みを見てみましょう。(2024/2/9)

有名医師と不倫報道のミス日本、グランプリを辞退 一時は“女性に非がない”→「男女の関係がありました」
所属事務所とも契約解除。(2024/2/5)

購入するまで作品名が分からない「本音屋」、ハイブリッド書店「honto」などで
文藝春秋は2日、真っ黒なパッケージに本を包み、コピーのみを記した純文学作品の特設コーナー「本音屋」を始めた。(2024/2/2)

吉本興業、松本人志さんの週刊誌報道に「お詫び」 事実確認を進め「説明責任を果たす必要」
当初は“事実無根”としていました。(2024/1/24)

スピン経済の歩き方:
みんな「値上げ」しているのに、なぜマックは「もう行きません」と叩かれるのか
多くの企業が値上げを実施する中、叩かれる企業とそうでない企業がある。なぜこんな「不平等」が起きるのか。理由は……。(2024/1/24)

松本人志、週刊文春を提訴と吉本興業 損害賠償請求と訂正記事による名誉回復求める
【追記】提訴の知らせに、文藝春秋側もコメント。(2024/1/22)

「BAD HOP」YZERR、乱闘騒ぎ&dis曲の「舐達麻」へ一部アンサー “文春報道”ネタに「裸の王が“裸の写真”求めてる」
2023年10月の乱闘を機に表へ出た今回の確執。(2024/1/22)

湯之上隆のナノフォーカス(69):
2024年の半導体市場、本格回復はメモリ次第 〜HBMの需要増で勢力図も変わる?
半導体市場の本格的な回復が予想されている2024年。鍵を握るのがメモリだ。本稿では、DRAM/NAND型フラッシュメモリの価格推移と企業別売上高の動向から、半導体市場の回復基調の時期を探る。さらに、そこから読み取れる、メモリメーカーの“栄枯盛衰”を示す。(2024/1/18)

「週刊文春」、新年特大号は約45万部“完売”に、電子版も急伸
「週刊文春」を発行する文藝春秋は15日、昨年12月27日に発売した「2024年1月4日・11日新年特大号」が完売したと発表した。(2024/1/15)

「スピードワゴン」小沢一敬、活動自粛を発表 「一連の報道でご迷惑をお掛けしていることに強く責任を感じ」
自ら申し出たとのこと。(2024/1/13)

松本人志、裁判集中のため「当面の活動休止」を発表 報道との“徹底抗戦”を宣言「事実無根なので」
「週刊文春」が5日に新たな告発者の“証言”をスクープ。(2024/1/8)

カナダ留学中の光浦靖子、得意の手芸でまた力作 2024年初投稿に「大作だぁ」「こんなのもできちゃうんですね」
細かい部分の作り込みがすごい!(2024/1/5)

松井玲奈、シンガー・ソングライターの近藤晃央と結婚 「一緒に笑い合い、一緒に考えながら穏やかな居場所を共に作っていけたら」
2023年に交際を認めていました。(2024/1/1)

松本人志らの週刊文春報道、吉本興業は法的措置を検討
当該事実は一切ないと否定。(2023/12/27)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
「職人に優しくない」ECサイトが傾くワケーー米大手で社員11%レイオフ騒動
ハンドメイドやクラフト商品の作り手と、消費者が直接売買できる大手マーケットプレース「Etsy(エッツィー)」が11%の従業員をレイオフすることを発表し、話題になっている。業績不調の原因と、これから生き残る術とは。(2023/12/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
サッカー、ゴルフ、F1…… 「アラブの盟主」サウジが進める巨額投資の狙いとは
(2023/12/29)

湯之上隆のナノフォーカス(68):
imecも全幅の信頼、Rapidusの「成功の定義」とは何か
imecや経済産業省など、Rapidusの支援を公言する組織/企業は多い。さらに、米TenstorrentやフランスLetiなど、Rapidusとパートナーシップを締結する企業や機関も増えている。それはなぜなのか。2023年11月に開催された「ITF(imec Technology Forum) Japan」で見えてきたその理由と、Rapidusにとっての「成功の定義」をあらためて考えてみたい。(2023/12/21)

スピン経済の歩き方:
なぜ会社員もせっせと「裏金」をつくってしまうのか 日本にはびこる「員数主義」
(2023/12/12)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アマゾンのアパレル特化店舗が全店閉鎖 3つの「しくじり」はこれだ
アマゾンのアパレル特化型店舗「Amazon Style」は、開店から2年もたたずに全店舗を閉鎖した。なぜうまくいかなかったのか――。(2023/11/17)

宝塚歌劇団、独特な閉鎖的上下関係 「代々の芸の継承の伝統、適切ではないかも」
宝塚歌劇団宙(そら)組に所属する劇団員の女性(25)が急死した問題で、歌劇団は14日、同市内で記者会見した。会見の詳報は以下の通り。(2023/11/15)

湯之上隆のナノフォーカス(67):
TSMCのウエハー出荷数に異変? 暗雲が立ち込める熊本工場の行く末
業績の低迷が2023年第2四半期で底を打ち、第3四半期に回復に転じたTSMC。だが、ウエハー出荷数に焦点を当ててみると、ある“異変”が浮かび上がる。その異変を分析すると、TSMC熊本工場に対する拭い去れない懸念が生じてきた。(2023/11/6)

カナダ留学中の光浦靖子、得意の手芸でまたしても力作を生み出す 「クオリティ高すぎ」「もープロですね」
サンタさんがいい表情!(2023/11/5)

元夫の「結婚詐欺」訴えた華原朋美、数千万の被害総額→高級車&金銭消滅 息子と“ラーメン分け合った生活”に「負けてたまるもんか!」
2022年5月に夫との離婚が成立したとされています。(2023/10/22)

超・効率化:
「20倍界王拳」を使え――大人の学び直し、最適な時間帯とは?
社会人に「隙間時間」などない。工夫をしなければ学びの時間はなかなか取れないだろう。では、どうするべきか?(2023/10/18)

“文春砲”被弾の本仮屋ユイカ、ライターに感謝「本当にありがとう」 記事内容は冷静に訂正
謙虚だ……!(2023/10/13)

才賀紀左衛門の元パートナー、息子の1歳バースデーにハート連打「だいすきだよ」 一方で“元夫“は無反応
出産時には「母子共に健康です」と喜びを伝えていた才賀さん。(2023/10/12)

やり方次第:
「やる気」「気合い」に頼らなくいい――学び直しの6つの勘違い
社会人の学び直し。「やる気」や「気合い」に頼ると失敗する。ではどうすべきか? 石角友愛氏の著書『AI時代を生き抜くということ ChatGPTとリスキリング』(日経BP、2023年)に、編集を加えて転載。(2023/10/11)

MEGUMI、別居報道後初のSNS投稿で凛とした姿見せる 夫「Dragon Ash」降谷建志は“胸部の圧迫感”で療養中
9月27日に別居・離婚予定であることが報道されていました。(2023/10/7)

ジャニーズ事務所、木村拓哉さんの「社名変更に抵抗」報道を「事実無根」と否定
週刊文春で、木村さんが「社名変更が決まっても“なんで変えるんだ!”と抵抗して納得していない」など報じられていました。(2023/10/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
アラフィフ世代が感じるさみしさと孤独感の正体
40代から50歳前後の年代は、能力、体力的に、人生の大きな分岐点。これからは、これまで蓄積した知のリソースを活かして人生を生きていくことが求められる。(2023/10/5)

湯之上隆のナノフォーカス(66):
本当は半導体売上高で第1位? AIチップ急成長で快進撃が止まらないNVIDIA
NVIDIAの快進撃が止まらない。背景にあるのは、AI(人工知能)半導体のニーズの高まりだ。本稿では、半導体売上高ランキングにおけるNVIDIAの“本当の順位”を探る。(2023/10/4)

「Dragon Ash」降谷建志が妻・MEGUMIとの別居、離婚予定「息子も理解」 30代女性との不倫を伝える一部報道も
先日は休養宣言を出していた降谷さん。(2023/9/28)

使われ方に違和感:
日本で「リスキリング」という言葉が空回りし続けるワケ
日本では「リスキリング」という言葉がバズワード化しつつある。反射的に「面倒だなあ。できればやりたくないなあ」と感じる人も多いはずだ。しかし、これは自分自身のキャリアに投資し、収入を上げる機会を損なっているに等しい。日本の「リスキリング」を取り巻くイメージ、そしてそのリスクとは。(2023/9/28)

AI時代を生き抜くということ:
スキルは4年で「陳腐化」する 学び続けなければ失業する時代、どう生き残る?
「大学で4年間教育を受けて40年働く。そして60歳で引退」のモデルは崩壊し始めている。どの国の政府も「定年後も、いかに働き続けてもらうか」を議論しています。それは日本も同様だ。リスキリングが必須の時代になった今、必要な心構えとは。(2023/9/27)

ジャニーズ“歴史的謝罪”から1カ月 東山紀之社長は「10.2会見」で何を語る? 求められる「7つの説明責任」
主な注目すべきポイントを7つまとめた。(2023/9/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
米カジノ運営元が「ランサムウェア」被害 20億円の身代金を支払って“しまった”理由
9月に入って、米ラスベガスのカジノ運営元が、相次ぎ「ランサムウェア」の被害を受けた。このうち、1社は身代金を支払ってしまったという。「身代金を支払わない」が基本対応にも関わらず、支払った背景には企業なりの理由があった。(2023/9/24)

相次ぐ“ジャニーズ離れ” 起死回生のために「企業としてすべきこと」
性加害問題を認めたジャニーズ事務所。これにより、大手企業を中心にジャニーズ所属タレントを起用した広告の中止や更新見送りが相次いでいる。「タレントに罪はない」ものの、なぜこのような対応が相次ぐのか。ジャニーズ事務所がとるべき対応や、これまで事務所にお世話になってきた広告主の企業ができる対応とは何か。危機管理に詳しい新田龍氏が解説する。(2023/9/21)

時価総額1000億円減:
保険不正のネクステージ、株価急落で報道機関に「法的措置を検討」
ビッグモーターでの発覚を機に、中古車販売業界で不正が相次いで発覚。時価総額1000億円以上の損失を出したとして、ネクステージが、報道機関や取材協力者らに「法的措置を検討する」と声明を発表した。(2023/9/15)

広がる疑惑の目:
「被害者はお客さま」「不正見抜けず道義的責任」──損保ジャパンが“ビッグモーター問題”で示した見解と今後
ビッグモーターによる不正請求問題で、損保ジャパンが「被害者はお客さま」などの見解を示した。当初、報道陣へのコメントがSNSで「被害者ヅラ」などと批判を浴びたが、会見では自社の非を認め、契約者などに謝罪した。(2023/9/15)

GXは経済成長につながるか
デジタル技術でビジネスを変革する「DX」が定着したと思ったら、最近は「GX」という言葉をしばしば聞く。(2023/9/11)

山本美月、大胆スリットの入ったブラックドレス姿に「ママになって益々キレイ」「さらなる女神」と反響集まる
美しい……。(2023/9/9)

湯之上隆のナノフォーカス(65):
史上最悪レベルの半導体不況に回復の兆し、生成AIという新たな“けん引役”も
“コロナ特需”から一転、かつてないレベルの不況に突入した半導体業界だが、どうやら回復の兆しが見えてきたようだ。本稿では、半導体市場の統計や、大手メーカーの決算報告を基に、半導体市場の回復時期を探る。さらに、業界の新たなけん引役となりそうな生成AIについても言及する。(2023/9/8)

ジャニーズ会見で記者が感じた“大きな課題” 広報がメディアを”たらいまわし”した過去…… ジュリー元社長「返事できなかったのは事実」
会見は4時間12分におよびました。(2023/9/8)

「知らなかった」から一転:
ジャニーズ事務所、性加害「あった」 東山紀之新社長が謝罪「人生かけて取り組む」
「ジャニーズ事務所」創業者の故ジャニー喜多川氏による性加害問題で、同社が記者会見を開き、性加害の事実を認めた。新社長に就任した東山紀之氏は被害者に謝罪した上で「人生をかけてこの問題に取り組む」と話した。(2023/9/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国が米テスラに“撤退圧力” 企業が再考すべき「チャイナリスク」とは
「処理水」海洋放出を決めたことで、中国から日本国内の各所に迷惑電話が多発し「中国リスク」というものが浮き彫りに。同様に中国では米テスラへの撤退圧力が強まっており、企業は中国との関係を再考する時期が来ている。(2023/9/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。