ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「ADO.NET」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ADO.NET」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

特集:Visual StudioとXamarinで始めるiOS/Android/UWPアプリ開発:
第1回:Xamarinでアプリを作ろう
Visual StudioとXamarinでクロスプラットフォーム開発を始めよう! 今回はXamarinの概要について見た後、Hello Worldプログラムを作成する。(2016/9/23)

特集:フレッシュマン企画:
Insider.NETの歩き方(2016年度版)
新人プログラマーの皆さんを主な対象として、これからプログラミングの世界に飛び込もうという方々の役に立ちそうな記事をピックアップして紹介する。(2016/5/10)

特集:UWPとは何か:
Windowsフォーム開発者のためのWindows 10 UWPアプリ開発入門(後編)
本稿ではデータバインド/非同期処理/ファイル操作/クラウド型アーキテクチャという、Windowsフォームとは異なるUWPプログラミングの特徴を取り上げる。(2015/10/6)

Windows Server 2003のサポート切れにどう対応すべきか(後編):
WS2003難民に捧ぐ、VB/ASPのシステムを.NETに移行するための勘所、ツールの選定ポイント
2015年7月15日でサポートが終了になったWindows Server 2003。本企画では、Windows Server 2003からアプリケーションを移行するには、どのような検討が必要か、どのような選択肢があるのか、どのように移行したらいいのかを解説します。(2015/8/19)

APIを使わずにクラウドサービスからデータ取得:
グレープシティ、データ接続ツール「CData」の新製品を発表――Google Analytics、Dynamics CRMなどに対応
グレープシティは2015年7月29日、Office製品などとクラウドサービスを接続する「CData」シリーズに新製品を追加したと発表した。Google AnalyticsやDynamics CRMからのデータ取得が可能になる。(2015/7/29)

特集:UWPとは何か:
Windows 10 UWPで業務デスクトップアプリ開発はどう変わるのか?
Windows 10で登場するUWPにより、業務アプリはどう変わるのか、そのメリットとデメリット、移行戦略などについて解説する。(2015/6/23)

Web APIの学習/利用コストを削減できるか:
Salesforce、SharePointとリアルタイムにデータ接続できるCDataシリーズにFacebook、Excelデータをつなげる新製品を追加――グレープシティ
グレープシティは2015年5月11日、クラウドサービスをリアルタイムで接続できる「CData」シリーズに新製品を追加。Salesforce、SharePointに加えFacebook、ExcelデータをExcelアドイン、ODBC、ADO.NET、JDBCで接続できるという。(2015/5/12)

特集:フレッシュマン企画:
新人プログラマーのためのInsider.NETの歩き方(2015年度版)
新人プログラマーの皆さん、.NETの世界にようこそ。本稿では、Insider.NETで公開している記事/連載の中で、新人プログラマーの皆さんにオススメのものを系統立てて紹介していく。(2015/4/7)

「存在を意識しないで済むこと」が最大のメリット
老舗の宝飾業向けアプリが20年、同じデータベースを使い続ける理由
宝飾業界向けの業務パッケージ「GEM SYSTEM」。1994年の発売以来、機能強化を重ねてきたが、中身のデータベースは一度も変えていないという。その理由とは何か。開発元のユーテックに聞く。(2014/9/29)

連載:いまどきのソース・コード管理:
第6回 クラウドとソース管理
最終回となる今回は、クラウドで提供されるサービスを利用したソースコード管理や各種サービスとの連携の概要を紹介する。(2014/8/11)

データベース選定の“常識”を疑う
Oracle DBやSQL Serverを使い続けるのは本当に正しい選択なのか?
データベース市場で高いシェアを誇る、Oracle DatabaseとMicrosoft SQL Server。この2製品は確かに優れた製品ではあるが、用途やニーズによっては、他の選択肢を選ぶ方が賢明だ。(2014/1/31)

連載:業開中心会議議事録:
第4回 これからの業務系デスクトップアプリ開発〜Windows 8.1時代 君はいま、次世代に駆け出す……〜
Windowsの新バージョンであるWindows 8.1、そしてこれに対応した新たな開発環境であるVisual Studio 2013の登場によって、これからの業務系デスクトップアプリはどうなっていくのか。(2013/12/24)

連載:Visual Studio 2013対応フレームワーク「.NET 4.5.1」解説:
アプリのモダン化とそれを実現する技術としての.NET Framework
最近、マイクロソフトが唱えている「アプリのモダン化」とは? これを実現するための要素としての.NET Framework、今後重要になりそうなテクノロジを紹介する。(2013/12/9)

連載:ASP.NET Web API 入門:
第2回 RESTfulなAPIの設計を学ぼう
Web APIといっても、どのようなURLの、どのようなAPIを定義すればよいのか? RESTfulなHTTPサービスを実装するためのAPIの定義方法の基礎を説明する。(2013/10/23)

連載:Windowsストア・アプリ開発入門:
第1回 Windowsストア・アプリってどんなもの?
ついにWindows 8.1の正式版がMSDNサブスクライバー向けに公開された。無償アップデートとなるため、今後は新しいWindows 8.1ストア・アプリが一般化するだろう。最新環境向けに新たにアプリ開発を始める人のための連載スタート。(2013/9/13)

連載:MonoでOSSなASP.NET MVCアプリ:
第2回 MySQL ConnectorでDBに接続
Mono×Linux環境でMySQL Connector/NETやメンバーシップAPIを使う方法、さらにJenkinsで継続的インテグレーションを実施する方法を解説する。(2013/7/23)

連載:MonoでOSSなASP.NET MVCアプリ:
第1回 Mono×LinuxでASP.NET MVCを動かすまで
オープンソースの.NET環境である「Mono」やオープンソース・データベースの「MySQL」を使って本格ASP.NET MVCサイトを実運用している筆者が、その環境の構築方法をレクチャーする連載がスタート。(2013/3/15)

連載:.NET中心会議議事録:
第9回 ASP.NETなWeb開発者のためのHTML5活用ポイント
スマートフォンやタブレットの普及に伴い、HTML5やレスポンシブWebデザインなどの、1ソースでマルチデバイスに対応できるWeb技術が注目されている。その実践ポイントをパネル・ディスカッションで議論した。(2012/10/23)

基礎解説:.NET初心者のための.NET入門【2011年版】:
.NETとは何か?
2000年6月にマイクロソフトが「Microsoft .NET」を発表してから早くも11年。編集長目線で現時点の.NETを整理し直す。(2011/5/30)

特集:Visual Studio 2010で社内C/Sシステム開発(後編):
Visual Studio 2010でデータベース開発
社内向けのクライアント/サーバ型システムを、最新の.NET環境で開発するには? 特にデータベース関連の処理を解説。(2011/1/5)

特集:Visual Studio 2010で社内C/Sシステム開発(前編):
Visual Studio 2010でユーザー・インターフェイス開発
社内向けのクライアント/サーバ型システムを、最新の.NET環境で開発するには? サンプル・アプリの実装を通して解説。(2010/12/14)

MSDNブロガーの視点:
概念モデルの再考
ソフトウェアのカバー範囲やコンテキストを概念レベルで把握する――。MSDNブロガー萩原正義氏が概念モデルの特徴をシンプルに提示します。初出は2007年7月です。(2010/11/29)

Javaから見た.NET(2):
設計者/SEが覚えておきたいJavaと.NETの違い
システム開発がますます複雑化していく中、エンジニアには、テクノロジを理解して、さまざまな場面に適した選択が求められます。本連載では、Javaと.NETの基本的な仕組みから最新の傾向や技術などについて、数回に分けて紹介します(2010/7/6)

Tech・Ed 2009 Session Report:
見えてきた! 次期.NET FrameworkとVisual Studio
Windows 7だけでなく、Tech Ed Japan 2009の話題として開発者が気にしていたのは、やはり「.NET Framework 4」と、その対になる開発環境「Visual Studio 2010」ではないだろうか――。(2009/9/2)

Azureのクラウド型データベース:
Microsoft、「SQL Azure Database」のCTPリリース
MicrosoftのクラウドOS「Windows Azure」のデータベースサービスが開発者向けにリリースされた。(2009/8/19)

連載:ASP.NET MVC入門:
第2回 スキャフォールディング機能で軽々DB連携アプリケーション
ASP.NET MVCの持つ自動生成機能を使って、データベース連携アプリを作成する。ASP.NET MVCの素晴らしさを実感できる機能だ。(2009/5/22)

プロトコルを修正:
Microsoft、クラウド用のデータベース機能を拡張へ
Microsoftは、SQL Data ServicesでTabular Data Stream(SQL Serverのネットワークプロトコル)を利用できるようにするという計画を発表した。この動きは、自社のデータベースサービス製品の機能を強化するとした約束に沿ったものだ。(2009/3/13)

特集 マイクロソフトの開発ツール戦略:
次期Visual Studio 2010と.NET Framework 4.0の新機能
2010年前半ごろのリリースが予想される次期Visual Studio 2010と.NET 4。それらに搭載予定の主な新機能や機能強化を紹介する。(2009/1/9)

NEWS
エンバカデロ、Windows開発環境を.NETやMonoまで拡張する開発ツールの新版
.NET FrameworkやLinux/Mac OS Xなどの異なるプラットフォーム向け開発機能を強化した。(2008/12/3)

どうする? .NET Framework 1.xアプリケーションの今後
.NET Frameworkの登場から6年。その間、世の中はどんどん進み、ITの世界も大きく変わっている。どうやら、かつて構築した.NET Framework 1.xベースのアプリケーションの今後を考える時期に来ているようだ。(2008/8/29)

「.NET Framework 3.5」「Visual Studio 2008」のSP1完成
SP1はSQL Server 2008をサポートし、.NET Framework Client Profileなどの新機能を備える。(2008/8/12)

NEWS
MS、VS 2008 SP1などを公開、SQL Server 2008のサポート強化へ
SQL Server 2008に対応し、ビジネスインテリジェンス(BI)をアプリケーションに組み込むための追加コントロールを提供。.NET Framework 3.5 SP1では軽量化を図った。(2008/8/12)

Tech・Ed Developer 2008:
Microsoft、開発者とデータの関係をより密にする取り組みとは?
Microsoftの開発者の間で、データに対する関心がにわかに高まっている。(2008/6/4)

開発者体験を改善:
「Visual Studio 2008」「.NET Framework 3.5」のSP1βリリース
「Visual Studio 2008」「.NET Framework 3.5」のSP1にはバグフィックスが含まれるほか、パフォーマンス強化や新しいグラフィックス機能などが盛り込まれている。(2008/5/15)

特集:C#プログラマーのためのLINQ超入門(前編):
LINQ(リンク)の基礎知識
VS 2008最大の新機能LINQを分かりやすく解説。C#コードでDBやオブジェクトを検索。LINQを始めるにはまずここから。(2008/3/25)

連載:VBで実践! 外部コンポーネント活用術:
オープンソースのロギング・サービス「log4net」を使う
.NET用定番コンポーネントを紹介する新連載。まずは構成ファイルの修正だけでカスタマイズ可能な「log4net」を解説。(2007/12/25)

連載:Visual Studio 2005によるWindowsデータベース・プログラミング:
第7回 マスタ/詳細テーブルにおける更新処理
外部キー制約や自動インクリメント列を使いこなして、追加・更新・削除されたマスタ/詳細データをDBに反映する。(2007/11/27)

MS、.NETのソースコードを公開へ
Microsoftは.NETのソースコードを開発者に公開する方針だが、それに手を加えるのは許可しない考えだ。(2007/10/5)

Microsoft Tech・Ed 2007 Yokohama Report:
LINQが目指すもの
データソースを選ばずに利用できるのがLINQの優れた点だ。では、そこに投入された考えや技術とはどのようなものなのだろうか。(2007/8/27)

Microsoft Tech・Ed 2007 Yokohama Report:
何が変わる? Visual Studio 2008
Tech・Ed 2007で配布された次世代開発環境「Visual Studio 2008」のβ2版で、現バージョンからの変更がどのように行われているかを見てみよう。(2007/8/22)

オラクル、「11g」は開発者にも有用と自負
Oralceの新たな「11g」データベースは、データベース管理者ばかりでなく開発者にも有益な製品だと、同社が述べている。(2007/7/17)

.NETユーザー必見! Oracle 10gのお作法(1):
小手調べにASP.NETからOracleに接続してみよう
オラクル社が提供する3つの.NET環境用開発ツール「ODP.NET」「ODT」「ODE.NET」。Oracle 10gリリース2に対応した最新版を使って、Oracleデータベースを前提とした.NETアプリケーションの開発手法を解説する。(編集部)(2007/3/14)

連載:Visual Studio 2005によるWindowsデータベース・プログラミング:
第2回 データセットとデータテーブル
データセットを経由してDBにアクセスするのが.NET DBアプリの基本的なモデル。VB 2005を使ってデータセットを定義。(2007/2/27)

保守性・拡張性に優れたシステムを作る(8):
ドメイン層に最適なアーキテクチャを考える
前回「階層アーキテクチャの利点は複雑さの減少」は階層化アーキテクチャの考え方について説明してきました。今回は、階層化アーキテクチャにおけるサービス層と、設計が難しいとされるドメイン層についてどのように考えるのかを見ていきます。まず、最初に各層を設計するときに、拡張性・保守性を高めるために何を検討すべきかを考えてみましょう。(2007/2/21)

MS、.NET Framework 3.0のRTM出荷
.NET Framework 3.0のRTMに合わせ、Microsoftは.NET Framework 3.0やOffice 2007向けのVisual Studio 2005の拡張機能もリリースした。(2006/11/7)

Microsoft On 出張ワークショップ:
殻を破れないVBプログラマーに刺激──地方の中堅IT企業が「Microsoft On」を生かす
マイクロソフトは、8月から「Microsoft On−出張ワークショップ」を展開中。9月のある日、出張ワークショップに同行取材したのは、群馬県桐生市の両毛システムズ。同社担当者は、Visual Basicのプログラマーたちの刺激になれば、と考えたという。(2006/10/10)

SQL Server 2005を使いこなそう(8):
高可用性は低コストなデータベースミラーリングで
5年ぶりのメジャーバージョンアップとなったSQL Server 2005。本連載では、SQL Server 2005への移行を検討しているデータベース管理者に向け、新規に実装されたさまざまな機能の詳細を紹介していく。(編集局)(2006/9/21)

日本オラクル、.NET環境でのアプリ開発を支援するツールの最新版を無償提供
日本オラクルは、Oracle DBを活用した.NETアプリケーションの開発者を対象に、3種類のツールの最新版を無償で提供する。(2006/8/22)

SQL Server 2005を使いこなそう(7):
分散トランザクション管理とSQL CLR活用のヒント
5年ぶりのメジャーバージョンアップとなったSQL Server 2005。本連載では、SQL Server 2005への移行を検討しているデータベース管理者に向け、新規に実装されたさまざまな機能の詳細を紹介していく。(編集局)(2006/8/19)

Vistaの大本命「WinFS」を開発中止に追い込んだMSの企業文化とは?
かつてWindows Vistaの3本の“柱”の1つと謳われていたデータベースとファイルシステムの統合テクノロジーWinFSの開発中止が発表された。これはMicrosoftの厳しい社内生存競争を如実に表している。(2006/7/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。