ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アラクサラネットワークス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アラクサラネットワークス」に関する情報が集まったページです。

アラクサラ AX2530S-08TC1:
アラクサラ、サイバー攻撃対策の産業用L2スイッチ
アラクサラネットワークは産業用ネットワークに適したDINレールマウントのレイヤー2スイッチを発売する。ホワイトリスト機能や以上端末を切り離す遮断機能など、IIoTのリスクに備えるセキュリティ機能を搭載している。(2017/11/27)

Interop Tokyo 2016 Report:
困難極めるサイバー攻撃への対応、その効率化を支える先端技術
高度化するサイバー攻撃への対応をどう効率化して、被害の抑止につなげるか――2016年のInteropではその“支援役”として期待させる先端技術が出品された。(2016/6/9)

Interop Tokyo 2015 Report:
サイバー攻撃や被害を食い止めるセキュリティ技術たち
ネットワーク技術展示会のInteropでは例年多くのサイバー攻撃が観測される。会場ではその様子や防御策、最新のセキュリティ対策技術などが注目を集めていた。(2015/6/11)

ホワイトペーパーレビュー
ネットワークの省エネ術が分かる3つのホワイトペーパー
電力供給の不安や電力コストの高騰を受け、重要性が高まるIT関連の消費電力削減。本稿はネットワークに絞り、消費電力の削減方法を示した3つのホワイトペーパーを紹介する。(2012/8/29)

IT業界 転職市場最前線(21):
Webエンジニア需要続く。Rails経験者募集も増加
不況で冷え込んでいたIT業界の転職市場に、回復の兆しが見え始めている。だが、業種や職種によって採用数や条件に大きな差異が生まれている。転職市場の動向を追い、自身のキャリア戦略立案に生かしてほしい。(2011/1/26)

PFUとアラクサラ、検疫ネットワークの構築で協業
PFUの検疫ソフト「iNetSec Inspection Center」とアラクサラの認証システムの連携で協業する。(2008/9/29)

Meruとアラクサラ、企業ネットワークソリューションで協業
Meruとアラクサラは、企業ネットワークソリューションにおける協業を発表した。今後は、相互接続検証を基にさまざまなソリューションを提供する。(2007/9/20)

アラクサラが企業向け10Gスイッチを投入、スイッチもエコ化の時代へ
アラクサラネットワークスは、ミッドレンジクラスの10ギガビット対応スイッチ3モデルを投入。企業ネットワークのトリプルプレイ化を支えるという。(2006/9/14)

Interop Tokyo 2006:
ネット管理のオートノミック化を支援する開発キットをアラクサラが公開
アラクサラネットワークスは、自社ブースでネットワーク機器の設定や管理を行うソフトウェア用の開発キット「ON-API(SDK)」を紹介、開発した設計/管理ツールのデモを行った。(2006/6/9)

ラインナップを企業のエッジネットワークに広げるアラクサラ
アラクサラネットワークスは、企業向けのレイヤ2スイッチ「AX2400Sシリーズ」とレイヤ3スイッチ「AX3600Sシリーズ」を発表した。(2005/9/8)

パートナーとのコラボの場、アラクサラが検証施設オープン
アラクサラネットワークスは、パートナー企業が機器を持ち込んで接続検証などを実施できる新施設「アラクサラコラボレーションセンター」を開設した。(2005/7/11)

国産ルータ企業同士でタッグ、アライドがアラクサラ製品をOEM販売
アライドとアラクサラは12月20日、ハイエンドスイッチ・ルータの販売や技術協力で提携したと発表した。(2004/12/20)

二翼を備えた基幹ルータ企業、アラクサラネットワークス設立
日立とNECは、6月の基本合意を受け「アラクサラネットワークス株式会社」を設立した。国内の足固めをした後、アジア経由でシスコやジュニパーの対抗軸となる狙いだ。(2004/10/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。