ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Android Bazaar and Conference」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Android Bazaar and Conference」に関する情報が集まったページです。

ABC 2015 Summerリポート:
Windows 10移植、ドローン、Eddystone、Blink――プラットフォームを超えるAndroidの今を知る
2015年7月20日に開催されたAndroid Bazzar and Conference 2015 Summerのセッションの中からクロスプラットフォームに関連する4つの模様をリポートする。(2015/8/20)

ふぉーんなハナシ:
独占より競争がいいそうです
矮小(わいしょう)な議論といわれそうですが。(2014/4/8)

ふぉーんなハナシ:
ABC2014春のカフェとBarで楽しんできた
好きな仲間が集まって盛り上がる手作りイベント。そんな雰囲気のABC2014春らしいブースで遊んできました。(2014/3/25)

なぜかFirefox OSも使い放題:
ABC2014春でAndroid Wearっぽいものを見てOculus Riftで酔う
Androidコミュニティのブース会場では、開発者のイベントだけあって「もうそれ試しましたか!」という興味深い展示が並んでいた。うっぷ。(2014/3/25)

Mobile Weekly Top10:
LINEと格安SIMで日本のスマホビジネスは変わるのか
固定電話向け通話サービスの開始でさらに注目を集めているLINE。販売店では高額なキャッシュバックを使ったMNP獲得競争が続いているが、格安SIMを選ぶユーザーもジワジワと増えている。(2014/3/24)

そこまでいっていいんですか:
「日本Androidの会」でMVNOとSIMビジネスと日本メーカーとキャリアの将来を考えた
「Androidのイベントですからリップサービス」といいつつ、刺激的なスライドとともに2014年における日本キャリアの動向を大胆に予想していたりする。(2014/3/22)

UXClip(31):
日本の開発者へのエール、HTML5標準化貢献への期待を語る〜W3C Developer Meetup - Tokyo 2013レポート
日本のWeb開発者がW3Cの標準化にどう貢献していけるのか。国内外の著名人によるパネルセッションで、熱い議論が交わされた。本稿ではその模様をお伝えする。(2013/6/21)

Google Playで楽曲を直接配信、1曲から購入できる「AndroMusic」 村上総裁が開発、サイバードが事業化
Android向けマーケット「Google Play」でレコード会社などが音楽を直接配信し、1曲から購入できるようにする「AndroMusic」(仮称)をサイバードが事業化。クレイジーワークスの村上総裁が開発した。(2012/3/26)

Biz.ID Weekly Top10:
ほしいアプリがひと晩で手に入る――Androidのここがいい!
Androidの最新動向を追う勉強会に参加してきました。新しい技術、これから盛り上がりそうなテーマをいち早く察知するには開発者コミュニティーを追うことが1つの手のようです。(2011/12/27)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
スティーブ・ジョブズはどこにでもいる
AppleのCEOを辞任するスティーブ・ジョブズ。ジョブズは天才だ、魔法のように素晴らしいデバイスを作る、とあがめる人は多いが、わたしの考えは少し違う。(2011/9/2)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
Androidに至るモバイル進化の系譜
スマートフォン全盛、とくにAndroid端末の多様性はまさに花盛りの昨今。ふと「いまAndroidってやばいんじゃないか?」という印象を持った筆者。今のAndroidの状況は、PalmOS全盛期に似ている――そこで、PDAの歴史を振り返ってみることにした。(2011/7/21)

キープレーヤーが勢ぞろい――Android Bazaar and Conferenceのセッション概要が公開に
7月17日に開催される「Android Bazaar and Conference 2011 Summer」のセッション概要が公開された。ドコモやKDDI、端末メーカー、国内主要SNS企業などのキープレーヤーが講演する。(2011/7/6)

日本Androidの会、Android関連のビジネスマッチングイベント開催
日本Androidの会が7月16日、Android関連のビジネスに携わる企業や個人をマッチングするイベントを開催する。(2011/6/22)

「Android Bazaar and Conference 2011 Summer」、7月17日に開催
日本Androidの会が、Androidのユーザーや開発者を対象とするイベント「Android Bazaar and Conference 2011 Summer」を7月17日に開催。参加申し込みの受付を開始した。(2011/5/19)

日本Androidの会、アプリ開発で被災地を支援
日本Androidの会が東北関東大震災の被災地支援に乗り出した。災害時の支援に役立つ各種アプリを開発する。(2011/3/25)

Smartia開発者インタビュー:
「Androidやクラウドを意識させず」新たなネット生活シーンを提供──NECビッグローブ+Smartiaの戦略を聞く
Androidやクラウドなどと細かに言うより“多くの人が手軽に利用できる新しいインターネット機器”を目指したという「Smartia」。改めてSmartiaとは何か、NECビッグローブのSmartia開発チームに話を聞いた。(2010/12/22)

「独自の事情」で出遅れたauのAndroid――現在は予想以上の「好意的な反応」
「数字は申し上げられないが、当初の計画の倍の発注をすることになっている」――独自の事情でAndroidへの取り組みが遅れたというKDDIだが、第1弾モデル「IS01」は同社が予想した以上の「好意的な反応」を得ているようだ。(2010/6/30)

Androidは秋冬で「春を上回る爆発」――日本Androidの会 丸山会長
日本Androidの会の丸山会長が講演を行い、Androidの動向やクラウドサービスがもたらすメディアの変化を語った。同氏は「Androidは急速にiPhoneの背中をとらえはじめた」とし、秋冬にかけて影響力はさらに高まると予測する。(2010/6/29)

日本Androidの会、「Android Bazaar and Conference 2009 Fall」開催
日本Androidの会が11月30日に、開発者向けイベント「Android Bazaar and Conference 2009 Fall」を開催する。(2009/11/12)

5分で分かる、先週のモバイル事情――6月20日〜6月26日
6月26日、日本でiPhone 3GSの販売が始まった。同日には日本Androidの会が開発者向けイベントを開催。ドコモは6月26日に上り最大5.7MbpsのHSUPAサービスを開始した。(2009/7/2)

Android Bazaar and Conference 2009 Spring:
日本版Androidマーケット、最初は無料アプリのみ配信――Googleのクリス・プルエット氏
日本Androidの会が主催した開発者向けイベントにグーグル デベロッパー アドボケイトのクリス・プルエット氏が登場。無料アプリの配信やコンテストの実施でアプリ市場の活性化を目指す姿勢を見せた。(2009/6/29)

Android Bazaar and Conference 2009 Spring:
Androidに期待するのは“変化への対応”――KDDI研究所の堀内氏
ケータイインターネットの登場から10年、携帯電話業界は大きな転換期を迎えている。KDDI研究所の堀内浩規氏は、AndroidのようなオープンOSは市場の変化に柔軟に対応できるのが強みであり、従来型プラットフォームと並存させることで市場の変化に対応できるという見方を示した。(2009/6/29)

iPhone版の次は:
Android版セカイカメラ そしてiPhone 3GSのAFカメラが「残念」なワケ
日本Androidの会主催のイベントで、拡張現実アプリ「セカイカメラ」のAndroid版に関する講演が行われた。仮想的な物体を違和感なく浮遊させるコツなど、開発の工夫が語られたほか、セカイカメラ的には「iPhone 3GS」の“AFカメラ”に「ちょっと残念」な気持ちがあることも明かされた。(2009/6/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。