ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アプリケーションプラットフォーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アプリケーションプラットフォーム」に関する情報が集まったページです。

SpringOne Platform 2018:
PivotalがアプリケーションプラットフォームPCFの新版を発表、PKSではAWSをサポート
Pivotalは2018年9月25日(米国時間)、「SpringOne Platform 2018」で、アプリケーションプラットフォームの新版PCF 2.3を発表した。KubernetesプラットフォームのPKSでは新たにAWSをサポート、Cloud FoundryベースのPASでは複雑性を低減するさまざまな改善を発表した。(2018/9/26)

Windows Insider Programでプレビュービルドが利用可能に:
Microsoft、「Windows Server 2019」を2018年後半にリリース
Microsoftが2018年後半に正式リリースする「Windows Server 2019」は、ハイブリッドクラウド、セキュリティ、アプリケーションプラットフォーム、ハイパーコンバージドインフラといった分野をはじめとした多くの新機能を提供する。(2018/3/26)

「これまでで最も重要な発表」::
PivotalがPCFの新版、Kubernetesを統合、サーバレスコンピューティング製品も提供へ
Pivotalは2017年12月5日(米国時間)、同社のアプリケーションプラットフォーム製品「Pivotal Cloud Foundry」で、「Pivotal Cloud Foundry 2.0(PCF 2.0)」を発表した。Kubernetesプラットフォームの「Pivotal Container Service(PKS)」や、サーバレスコンピューティングを実現する「Pivotal Functions Service(PFS)」が統合される。(2017/12/7)

ホワイトハースト氏とコーミエ氏に聞いた:
Red Hatの業績は、新世代アプリケーションプラットフォームの普及を示しているか
Red Hatにおける新興製品群の売り上げの伸びは、新世代のアプリケーションプラットフォームが普及しつつあることを示しているのか。来日したRed Hat CEOのジム・ホワイトハースト氏と、エグゼクティブバイスプレジデントで製品および技術担当プレジデントであるポール・コーミエ氏に聞いた。(2017/10/30)

「クラウド移行後」を見据えたプラットフォーム徹底解説【第1回】
クラウド移行後に取り組みたい、「コンテナ」「アプリプラットフォーム」「サーバレス」って何?
企業システムを真にクラウドネイティブで競争力のあるものに変革していくには、3つの技術を避けては通れない。その3つとは、コンテナ、アプリケーション、サーバレスだ。それぞれの特徴を解説する。(2017/10/11)

KDDI、分散処理基盤「Ethereum」を活用したスマートコントラクトの実証実験を開始
ブロックチェーン技術をベースにした企業向け分散アプリケーションプラットフォーム「Enterprise Ethereum」を活用し、スマートコントラクトによる各種サービスの実現を目指す実証実験を開始する。(2017/9/28)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「HTML5(2) マルチデバイス時代のアプリケーションプラットフォーム」
HTML5によって、マルチデバイス時代のアプリケーションプラットフォームとして進化しつつあるWebブラウザ。その背景には、Ajaxの登場やHTMLの進化、Web標準化などの流れがあります。前回から2回に分けてその歴史を総ざらい。この「HTML5(2)」では、HTML標準化とHTML5の登場について解説します。(2017/3/22)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「HTML5(1) Ajaxの誕生」
HTML5によって、マルチデバイス時代のアプリケーションプラットフォームとして進化しつつあるWebブラウザ。その背景には、Ajaxの登場やHTMLの進化、Web標準化などの流れがあります。今回から2回に分けてその歴史を総ざらい。この「HTML5(1)」では、Ajaxとブラウザの進化について解説します。(2017/3/14)

製造ITニュース:
「PTC Navigate」は1年で10万ユーザーを達成、2017年末は「Windchill 12」投入
PTCは、2017年12月をめどに、PLMツール「Windchill」の最新バージョン「Windchill 12」の開発を進める。その一方で、IoTプラットフォーム「ThingWorx」を基にWindchillなどで集約したさまざまな情報をより多くの技術者が活用できるようにするアプリプラットフォーム「PTC Navigate」の開発を加速する方針だ。(2017/2/22)

レッドハットのクレイグ・ムジラ氏に聞く:
PR:一般企業における、コンテナ、DevOps、マイクロサービスへの道筋
コンテナ、DevOps、アプリケーションのマイクロサービス化への取り組みについては、まだきっかけをつかめていない企業が多いのではないだろうか。そこで米レッドハットのアプリケーションプラットフォームビジネス担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・ムジラ(Craig Muzilla)氏に、一般企業におけるアプリケーション開発・運用の新たな世界へのシナリオについて聞いた。(2016/11/7)

LIVEWORX 2016:
PLMを使いやすくするアプリ「PTC Navigate」、工場向けにも展開
PTCは、年次ユーザーカンファレンス「LIVEWORX 2016」において、PLMツール「Windchill」などで集約したさまざまな情報を、エンジニアの業務分担ごとに活用できるようにしたアプリプラットフォーム「PTC Navigate」を紹介。今後は、PTC Navigateを工場向けにも展開していく方針だ。(2016/6/9)

レクサス車載端末からスマホアプリ操作 トヨタ、Fordのプラットフォーム導入を検討
トヨタはFordの自動車向けアプリプラットフォームをレクサスに導入する検討を始める。(2015/6/3)

組み込み開発ニュース:
デジタルサイネージでもAndroid、パナソニックが参入
パナソニックは、Androidベースのアプリケーションプラットフォームを搭載した業務用ディスプレイを開発した。PCやセットトップボックス(STB)などの外部接続機器が不要なデジタルサイネージを主な用途として2015年秋に発売する。(2015/3/3)

製造ITニュース:
PTC、「モノのインターネット」向けアプリプラットフォーム開発企業を買収
PTCは「モノのインターネット」(IoT)向けアプリケーション開発・運用プラットフォームを手掛ける米ThingWorxを買収。SLMやPLMのソリューションを補完する目的がある。(2014/1/16)

「Google Play」、1人当たりの課金額は昨年比2.5倍 「パズドラ」は韓国・米国でも好調
GoogleがAndroid向けアプリプラットフォーム「Google Play」の収益状況や開発者支援の取り組みについて説明。「パズドラ」は韓国や米国でも売上を伸ばしているという。(2013/7/31)

車載情報機器:
「QNX CAR」上でAndroidアプリの動作が可能に、HMIはHTML5に加え「Qt」にも対応
QNXソフトウェアシステムズは、車載情報機器向けアプリケーションプラットフォーム「QNX CAR」の最新バージョンにおいて、Androidアプリケーションの動作が可能になったことや、「Qt」で作成したアプリケーションをHMIで利用できるようになったことを明らかにした。(2013/7/18)

PR:モバイルはビジネスアプリケーションプラットフォームをどう変えるか?
IBMが考える「モバイル・ファースト」は、よくいわれるようなシンプルな Webアプリケーション開発のセオリーには留まらない。それは、エンタープライズアプリケーションの在り方を破壊的に変質させるインパクトを持っているという。(2013/6/13)

ポール・マリッツ氏がEMC Worldで語ったこと:
Pivotalが目指す「企業が生き残るための新世代アプリプラットフォーム」って何?
EMCとヴイエムウェアが4月に設立した、企業のための次世代アプリケーション開発環境を提供する企業、Pivotal。CEOに就任したポール・マリッツ氏が、5月7日にEMCのイベント「EMC World」で、この新会社について説明した。Pivotalはどういったアプリケーションを想定しているのか、具体的にはどのような製品を提供しようとしているのだろうか。(2013/5/9)

車載情報機器:
「HTML5対応とOSの堅ろう性が強み」、QNXがルネサスと車載情報機器で協力拡大
QNXソフトウェアシステムズは、ルネサス エレクトロニクスと車載情報機器向けの事業展開における協力関係を拡大すると発表した。QNXの車載情報機器向けアプリケーションプラットフォーム「QNX CAR」が、ルネサスの車載情報機器向けSoC(System on Chip)「R-Carシリーズ」をサポートするとともに、R-Carシリーズのパートナープログラム「R-Carコンソーシアム」にQNXが参加する。(2013/5/7)

中規模企業も視野に 日本IBMがPureSystemsの新モデルを発表
日本IBMは、アプリケーションプラットフォームやデータアプライアンスなどから成るシステム統合基盤シリーズ「PureSystems」に新たな製品ラインアップを追加した。(2013/2/14)

2011年のPaaS市場は49億5500万円規模、前年比21%増――IDC調査
PaaSとIaaS向けアプリケーション基盤ソフトで構成される「国内クラウドアプリケーションプラットフォームソフトウェア市場」は、2011年には168億9400万円規模と、前年比26.9%のプラスだった。(2012/10/24)

Oracle、「Exalogic Elastic Cloud」の最新バージョンをリリース
アプリケーションプラットフォームマシンの最新モデルとなる「Oracle Exalogic Elastic Cloud X3-2」を発表した。(2012/10/3)

ESEC2012:
「車載情報機器のHMIはHTML5ベースが主流に」、QNXが新プラットフォームを公開
QNXソフトウェアシステムズが開発中の車載情報機器向けアプリケーションプラットフォーム「QNX CAR 2」は、標準でHTML5ベースのアプリケーションをサポートしている。(2012/5/16)

デジタルガレージ、Twitter向けソーシャルアプリ「ツイナビアプリ」を提供開始
デジタルガレージは、同グループが運営するTwitter公式ガイドサイト「ツイナビ」上で、Twitterと連携するソーシャルアプリプラットフォーム「ツイナビアプリ」の運営を開始した。スタート時はフィーチャーフォン向けに提供する。(2011/10/26)

GREEと共通仕様のアプリプラットフォームが中国で提供開始 コーエーテクモ、タイトーが進出
「GREE Platform」と仕様を共通化した携帯電話向けプラットフォームが中国で公開された。第1弾としてコーエーテクモゲームス、タイトーがソーシャルゲームをリリースする。(2011/8/5)

グリー、新興国向けモバイルSNS「mig33」とスマートフォン仕様を共通化
グリーのスマートフォン向けアプリプラットフォームと、新興国中心に4700万ユーザーを抱える「mig33」のプラットフォームが共通化へ。(2011/4/13)

グリー、「QQ」運営の中国Tencentと提携 スマホ向けアプリプラットフォーム共通化へ
グリーが中国の大手ネット企業Tencentと提携。スマートフォン向けアプリケーションプラットフォームを共通化し、日中のアプリプロバイダーが相互にアプリを提供できるようにする。(2011/1/26)

GREEモバイル版、ゲーム以外のアプリプラットフォームも開放
「GREE Platform」で、外部企業がゲーム以外のアプリケーションも構築・提供できるようになった。まずは携帯電話限定でスタート。第1弾としてレシピやデコメアプリなどを公開した。(2010/10/7)

BREWに新プラットフォーム、Android向けアプリ市場にも注力――KDDI鴨志田氏
ゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2010」でKDDIの鴨志田博礼氏が、auケータイ向けに新しいアプリプラットフォームを追加する計画や、Androdアプリへの取り組みを説明した。(2010/8/31)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第2回】
豊富なテンプレートを備えたアプリケーションプラットフォーム「Force.com」
カスタマイズ性が高く、短期間開発やプロトタイピングを得意とし、セキュアなアプリケーション基盤が強みのForce.com。同サービスは2007年のリリース以来、日本のエンタープライズ向けクラウドサービスで利用が進んでいる。(2010/7/14)

メーカー4社とドコモなど、携帯アプリプラットフォーム共同開発 世界展開も
NTTドコモとルネサス、シャープ、NECなど6社は、携帯電話向けのアプリケーションプラットフォームを共同開発する。(2010/4/26)

ドコモ、ルネサスと端末メーカー4社、新アプリケーションプラットフォームを共同開発
NTTドコモ、ルネサス エレクトロニクス、富士通、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープの6社が、Linux OSやSymbian OSで動作する共通アプリケーションプラットフォームを共同開発する。(2010/4/26)

Twitterも使える:
Microsoft、低価格携帯向けアプリプラットフォーム「OneApp」発表
Microsoftが、低価格携帯でTwitterやFacebookなどを使えるようにするアプリ「OneApp」を発表した。まず南アフリカでサービスを開始する。(2009/8/25)

BREWアプリケーション開発入門(1):
ケータイアプリ開発の第一歩を踏み出そう!!
携帯電話用アプリケーション・プラットフォーム「BREW」をご存じだろうか。本稿では、BREWの基礎から開発環境の構築・アプリケーション開発までを順を追って詳しく解説し、開発の流れと基礎知識を伝授する。(2009/8/19)

Eclipseプラグインも提供:
Google App EngineがJavaをサポート
Googleのクラウドで稼働するWebアプリケーションプラットフォーム「Google App Engine」が立ち上げから1年、Pythonに加えJavaをサポートした。(2009/4/9)

HITACHI Open Middleware World 2008 Autumn Report:
仮想化時代に求められる運用管理の手法とは
11月17日、日立製作所の最新ITソリューションを紹介する「Open Middleware World 2008 Autumn」が開幕した。同社の運用管理ソフトウェアである「JP1」およびアプリケーションプラットフォーム「Cosminexus」の最新機能を中心に、事例や展示を織り交ぜた総合的なソリューション紹介が行われている。(2008/11/18)

LinkedIn、AmazonやGoogleなどの外部アプリケーションを提供開始
ビジネスユーザーの間で利用されているSNSのLinkedInがアプリケーションプラットフォームを公開し、外部開発者によるアプリケーションの提供を開始した。(2008/10/30)

ACCESS DAY 2008:
“LiMo仕様でiPhone的なもの”も実現できる――「ACCESS Linux Platform v3.0」
2009年2月に創立25周年を迎えるACCESSが、携帯電話向けアプリケーションプラットフォームの「ALP」を刷新。LiMo仕様に対応し、ドコモのオペレーターパックをサポートするなど、オープンプラットフォーム化を意識したものへと進化させた。“iPhone”的なタッチ操作が可能なLinuxケータイの開発も可能になるという。(2008/10/21)

NEWS
ヤフーがMS Silverlightの採用を表明
DRMを活用した動画コンテンツの提供や、アプリケーションプラットフォームの1つとしてSilverlightに対応したサービスの展開を予定している。(2008/4/9)

リッチアプリが経営力を高める――アドビ社長が戦略を説明
開発コードネーム「Apollo」という名称で発表されてから1年以上経ち、ついにWebアプリケーションプラットフォーム「AIR」の正式版をリリースしたアドビは、「RIA=見栄えではない」と語る。(2008/2/27)

NEWS
ジャストシステム、「xfy」にサーバ多重化構成を可能にするオプション
XMLアプリケーションプラットフォーム「xfy Enterprise Edition 1.5」の大規模導入を支援(2007/7/20)

BREW 2007 Conference:
BREWの市場はさらに拡大していく──QUALCOMM ポール・ジェイコブス博士基調講演
大手チップセットベンダーであり、アプリケーションプラットフォームBREWの生みの親でもある米QUALCOMMが主催する「BREW 2007 Conference」が今年も米国サンディエゴで開幕。初日の基調講演でCEOのポール・ジェイコブス博士が同社の取り組みを紹介した。(2007/6/22)

ソフトバンク、携帯電話用共通アプリケーションプラットフォームを開発へ
ソフトバンクモバイルは、携帯電話用アプリケーションの共通プラットフォーム「POP-i」の開発に着手し、来年発売する新機種から実装する。OSやチップセットの違いを吸収し、開発の効率化とソフト資産の流用が可能になるとしている。(2007/5/22)

Linuxコミュニティを武器に携帯分野で躍進──「Qtopia」で頭角を現すTrolltech
3G携帯開発で汎用OSの採用が相次ぐ中、注目を集めているのがLinux OSだ。Linuxベースのアプリケーションプラットフォーム「Qtopia」の開発を手がけるノルウェーのTrolltechに、同社のビジネスモデルと戦略について聞いた。(2006/10/10)

最新ソフトウェア 今月の差分:
Cosminexus Version 7はSOA基盤としてどのように強化されたか
日立のアプリケーションプラットフォームの最新バージョン「Cosiminexus Version 7」には、これからの企業システムを支える最新機能が数多く実装された。今回から数回にわたりCosminexusの改良点を見ていくが、今回はCosminexusの概要と、SOA基盤としての改良点を見ていこう。(2006/8/9)

ACCESS、「ACCESS Linux Platform」のスクリーンショット公開
ACCESSは、同社が開発中の携帯電話向けアプリケーションプラットフォーム「ACCESS Linux Platform」のスクリーンショットを公開した。機能の一端をかいま見られる。(2006/3/8)

サイオ、次世代アプリケーションプラットフォーム「IdbA R2.0」のβ版を公開
サイオはクライアント型SOAの開発環境である「IdbA R2.0」のβ版を公開した。(2006/2/14)

日本HP、SAP NetWeaverの導入を容易にする「らくらくパック」を提供
日本HPは、SOAをベースとした統合アプリケーションプラットフォーム「SAP NetWeaver」の導入を短期間/低コストで実現するパッケージ製品を発売する。(2005/7/5)

韓国携帯事情:
韓国標準アプリプラットフォーム「WIPI」を紐解く──技術編
韓国の携帯向け統一アプリプラットフォーム「WIPI」。その技術的特徴、そしてコンテンツプロバイダはWIPIをどう見ているのか。WIPI利用の現場に迫った。(2005/3/3)

韓国携帯事情:
韓国標準アプリプラットフォーム「WIPI」を紐解く──歴史編
日本では3キャリアでバラバラな携帯アプリの仕様。韓国では、プラットフォームを統一、標準化しようという動きが進んでいる。(2005/2/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。