ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「飛鳥」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「飛鳥」に関する情報が集まったページです。

「これが現代日本のトップアイドルか」 乃木坂46・齋藤飛鳥、純白ウエディングドレス姿にプロポーズが殺到する
かわいいいいいいいいい!(2019/6/5)

Rakuten GirlsAward 2019 S/S:
松岡茉優「飛鳥ちゃんの首の後ろに……」 ガルアワ出演の齋藤飛鳥、意外な秘密を暴露されて激照れ
【動画あり】褒められてふにゃふにゃになる飛鳥ちゃんがかわいすぎた。(2019/5/25)

Rakuten GirlsAward 2019 S/S:
齋藤飛鳥、ガルアワで激かわの浴衣姿を披露! 桜井、松村ら乃木坂46の“浴衣選抜”を一挙振り返り
【動画あり】乃木坂ちゃんの浴衣姿美しすぎた。(2019/5/21)

齋藤飛鳥の妖艶さにドキッ……! 松村沙友理、梅澤美波、新内眞衣、堀未央奈ら乃木坂46モデルがTGCに総出演
セクシーな飛鳥ちゃん、本当にかわいい。(2019/4/6)

VTuberは「会いに行ける」存在へ ときのそら、富士葵ら人気VTuberと1対1で話せるイベント開催決定
出演者は飛鳥ひな、音羽ララ、小山内めい、銀河アリス、東雲めぐ、白上フブキ、ときのそら、名取さな、ピーマンくん、富士葵、皆守ひいろ、もちひよこ、森中花咲の13人。(2019/1/29)

齋藤飛鳥、「ちょっとなめてた」と小悪魔笑顔 9万点超の資料を展示する「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」今日から六本木で開催
1月10日に行われたメディア内覧会には齋藤飛鳥さん、与田祐希さん、堀未央奈さんも登場しました!(2019/1/11)

阿修羅像は推定23歳、「悲しみ」の感情が強い――奈良大学、MicrosoftのAIで仏像の表情を分析
奈良大学の学生プロジェクトが、Microsoftの「Cognitive Services」を活用し、216体の仏像の写真を基に、表情を分析して推定年齢と感情を調査。仏像の平均年齢は38歳で、飛鳥時代の仏像の表情は「喜び」の数値が高いなど、新たな視点から仏像の特色を明らかにした。(2018/12/7)

LINE NEWSが“今年の顔”決める「NEWS AWARDS 2018」開催へ 齋藤飛鳥、吉沢亮ら35人ノミネート
イベントは12月10日。LINE LIVEでもライブ配信。(2018/12/3)

GirlsAward 2018 A/W:
齋藤飛鳥のジコチューポーズに白石麻衣の高速ダンス! 乃木坂46、M!LK、吉本坂46、石橋陽彩らのステージを画像100枚超で振り返る
乃木坂46のライブ画像は100枚!(2018/9/30)

GirlsAward 2018 A/W:
齋藤飛鳥の“にゃんにゃんポーズ”に黄色い歓声! 制服姿で笑顔満開のランウェイ
【画像35枚】齋藤飛鳥さんのボールペンツンツンに山田さんは……!(2018/9/22)

乃木坂46の齋藤飛鳥、純白のウエディングドレス姿で涙 映画「あの頃、君を追いかけた」本予告で初披露
求婚者続出しそう。(2018/9/10)

乃木マウス、白石麻衣や齋藤飛鳥らが一夜限りでアニメ化! 「エヴァ」貞本義行がキャラデザ担当の豪華コラボ
なにこの豪華布陣。(2018/8/8)

Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER:
天真爛漫な森星の投げキッスに会場メロメロ 清楚な広瀬アリスにセクシー滝沢カレン、白石麻衣と齋藤飛鳥の手つなぎも ガルアワランウェイ200枚
超特急、EXILE SHOKICHIさんらの熱狂LIVEの様子も振り返ります。(2018/6/1)

Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER:
齋藤飛鳥の「かわい子ちゃんたち」煽りにファン大歓喜! 乃木坂46、欅坂46ライブを画像70枚超で一気見
欅坂46は“ガラ割れ!”衣装で「二人セゾン」を披露。(2018/5/21)

「事実だと知りました」 たむらけんじ、片岡飛鳥から「めちゃイケ」終了の報告を受けたことを告白
これ言っていいの……?(2017/11/3)

乃木坂46齋藤飛鳥、毒舌CMでファンのメンタルをごりごり削る 「お前ら、彼女いたことねえだろ」
毒舌キャラが1人立ちしてきた。(2017/10/2)

“坂道AKB”センターは欅坂46平手友梨奈 48&46グループの次世代エースが大集結
フロントには松井珠理奈、宮脇咲良、齋藤飛鳥、堀未央奈も。(2017/2/28)

聖徳太子そのまんますぎィイイ! 一足先に見てきた舞台「ギャグマンガ日和」が納得の再現度だった
飛鳥文化アタックも飛び出すかも?(2015/9/16)

電気自動車:
太陽光で走る小型EVが古都を巡る、CO2フリーで観光産業活性化へ
ソフトバンクモバイルと明日香村地域振興公社は、奈良県飛鳥地方で超小型EVのレンタルサービスを開始した。充電には県内で太陽光発電により発電された電力を使用しており、CO2フリーなサービスで地域の観光産業の活性化を狙う。(2015/4/22)

旅するならデジタル、未来屋書店×ことりっぷの電子版プレゼントキャンペーンが開催
対象書籍は、『ことりっぷ』国内版の東京、鎌倉、金沢、京都、大阪、奈良・飛鳥、神戸。(2015/2/10)

設立は飛鳥時代? 世界最古の会社とは
世界に誇る日本のすごさの1つ、世界最古の会社を紹介します。(2014/11/18)

電子書籍『週刊文春が報じた「シャブ&飛鳥」の衝撃』が緊急発売
電子書籍オリジナルコンテンツのレーベル「文春e-Books」より『週刊文春が報じた「シャブ&飛鳥」の衝撃』が緊急発売。『週刊文春』のスクープ記事に加えインタビューほか3記事を収録している。(2014/5/21)

目指せ法隆寺建立! 奈良・斑鳩町の観光・防災アプリは町づくりゲーム付き 現地でしか手に入らないアイテムも
飛鳥時代から現代までの斑鳩町を自分好みにつくりあげよう。(2014/4/17)

NTTドコモ2013春モデルを徹底解剖
NTTドコモの2013年春モデルを徹底解剖するニコニコ生放送の番組。コメンテーターは、デジモノステーション八島康生社長、ゲストは週刊アスキー矢崎飛鳥副編集長、@DIME宮澤明洋編集長、ITmedia Mobile園部修編集長。配信は1月22日18時30分〜。(2013/1/16)

創業100年以上の企業は2万7441社、最古は飛鳥時代創業
東京商工リサーチの調査によると、2012年時点で創業100年を超える企業は2万7441社。最も創業が古い企業は社寺建築の金剛組で、飛鳥時代の578年に創業されたようだ。(2012/8/9)

爆乳は3D立体視で見るに限る!?――バンダイ、「フィギュアーツZERO 飛鳥」の3D立体視サイトを公開
ニンテンドー3DS向け「閃乱カグラ-少女達の真影-」の主人公・飛鳥のフィギュア完成品を、3D立体視で見られるサイトがオープン。フィギュアは4月9日締切の受注生産となっている。(2012/3/26)

仕事耕具:
ケータイサイズのマイクロプロジェクタ PCレスでの投影も
ビープラスは、重さ100グラムのマイクロプロジェクタ「飛鳥 ASUKA A10」を発売した。動画や画像、音声などを再生できるメディアプレーヤーを搭載しており、PCレスでの投影が可能だ。(2009/2/6)

「武装神姫」フィギュア第8弾「飛鳥」「ムルメルティア」「EXウェポンセットPlus ゼルノグラード」発売
(2008/4/2)

飛鳥がケンコーに全事業を譲渡
(2007/11/20)

ケータイ風折りたたみデザインの1.8インチモバイルHDD「HD32F」――飛鳥
飛鳥は、1.8インチHDDを内蔵するコンパクト外付けHDD「HD32F」を発表した。USB外付けのほか、筐体を開くことでCardBus接続も可能となっている。(2007/7/25)

飛鳥、フォトストレージ「Tripper V40」を期間限定で再販売
40GバイトのHDDを搭載するフォトストレージ「Tripper V40」が期間限定で再販売。(2007/6/21)

飛鳥、外付けポータブルHDD「ASKA Portable HDD」発売――中古HDD搭載の廉価“リユース版”も
飛鳥は、2.5インチHDDを内蔵するUSB外付け型のポータブルHDD「ASKA Portable HDD」シリーズを発表した。通常の「スタンダード版」のほか、ユーズドHDDを搭載した廉価モデル「リユース版」も用意する。(2007/6/15)

レビュー:
低価格がうれしい大容量フォトストレージ――飛鳥「Tripper V」
高価でとっつきにくいイメージのあるフォトストレージ。しかし飛鳥の「TripperV」は、大画面モニターを搭載しながら転送速度も速く、さらに大容量なのに低価格と、導入をためらっていた一般ユーザーも手を出しやすい製品だ。(2007/4/24)

飛鳥、ポータブルフォトビューア「Tripper V」をアップデート
飛鳥は4月23日、ポータブルフォトビューア「Tripper V」の新しいファームウェアを公開した。(2007/4/23)

飛鳥、4.3型ワイド液晶搭載のフォトビューア「Tripper V」
飛鳥は、4.3インチワイド液晶を搭載したフォトビューア「Tripper V」シリーズ4モデルを発表した。内蔵HDDの容量によって4モデルをラインアップ。(2007/3/2)

飛鳥、CFカードタイプの21in1マルチカードリーダー
飛鳥は、CFカードスロット接続型のマルチカードリーダー「21 in 1 マルチカードCF アダプタ」を発売する。SDメモリ/xDピクチャーカード/メモリースティックに対応。(2007/2/20)

飛鳥、厚さ17ミリのポータブルフォトストレージ「Tripper Light 20」
飛鳥がポータブルフォトストレージの新製品「Tripper Light 20」を発表。厚さ17ミリのボディに20GバイトのHDDと各種カードリーダーを搭載。(2007/1/24)

飛鳥、小型軽量化したカードリーダー搭載モバイルHDD「Tripper Light」
飛鳥は、バッテリーを内蔵しポータブルストレージとして利用できるUSB外付けHDD「Tripper Light」を発売する。従来モデルより小型/軽量化がなされ、6メディア対応カードリーダーを装備した。(2007/1/24)

飛鳥、「Tripper」のHDDアップグレードキャンペーン
飛鳥は、フォトストレージ「Tripper」シリーズの内蔵HDDを80Gバイトにアップグレードするキャンペーンを開始した。先着50台限定のサービス。(2006/6/7)

「飛鳥II」はブロードバンド客船
(2006/3/17)

飛鳥、液晶+メディア再生機能搭載の「Tripper」シリーズ新モデルを参考展示
飛鳥は、来週開催予定のWPC EXPO 2005にて、同社フォトストレージ機器「Tripper」シリーズ新モデルのプロトタイプ参考展示を行う。3.5インチ液晶+写真・動画・音楽再生機能が備わるという。(2005/10/20)

飛鳥、PCカードタイプのCF/マイクロドライブリーダー価格改定
飛鳥は、高速タイプのPCカードスロット対応のコンパクトフラッシュ/マイクロドライブリーダー「CF32A」の価格を改定した。(2005/4/25)

飛鳥、CFカードスロット型5in1メモリカードリーダー
飛鳥、CFカードスロット装着型の5in1メモリカードリーダー「5in1-CF-ADP01」を発表した。価格は4200円前後。(2005/3/24)

小型になっても駆動時間は向上したポータブルHDDユニット「Tripper mini」発表
飛鳥はCFカードやマイクロドライブに記録されたデータを大量に保存できるポータブルHDDユニット「Tripper mini」を発表した。発売は20Gバイトモデルが3月中旬、40Gバイトモデルが3月下旬から。(2005/3/3)

飛鳥、「Tripper Next」のファームウェアをアップデート
飛鳥は12月16日、Tripper Nextのファームウェアをアップデートした。PC起動中に同製品を脱着する際、まれに内部データが破損する不具合に対応した。(2004/12/16)

デジカメ大量撮影画像を簡単バックアップ――「Tripper Next 80」
最近のデジタルカメラは高画素かが進み、撮影した画像ファイルはどんどん大きくなっている。加えてデジタル一眼レフカメラなどのRAWモードを利用したいハイアマチュアの場合、ファイルの大容量化には頭を悩ませていることだろう。このようなときに使いたいのが外部ストレージだ。今回は飛鳥の「Tripper Next 80」を紹介しよう。(2004/12/10)

高速PCカードアダプタ「CF32A」がMacintoshに対応――飛鳥
飛鳥は、高速PCカードアダプタ「CF32A」がMacintoshに対応したと発表した。Mac OS X用ドライバは同社Webページよりダウンロード可能だ。(2004/11/19)

飛鳥、CFスロット/バッテリ搭載ポータブルHDDに80Gバイトモデルを追加
飛鳥は、CFカードスロットを搭載したバッテリ内蔵ポータブルHDD「Tripper Next」シリーズに80Gバイトモデルを追加した。(2004/11/9)

バックアップ速度を1.5倍に高速化したCFスロット搭載ポータブルHDD――飛鳥
飛鳥は、USBバスパワーにも対応したCFカードスロット搭載ポータブルHDDを発売する。20Gバイトモデルは3万3800円、40Gバイトモデルは3万9800円。(2004/6/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。