ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビッグバンアプローチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビッグバンアプローチ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

事例だけでなく中身で選ぶ
「クラウドERP」の失敗しない選び方 オンプレミスとの違いも解説
自社に適した「クラウドERP」を導入するには、どのような点に注意して選定すればよいのか。勘所を示す。(2019/2/4)

Gartner Insights Pickup(92):
DevOpsが失敗する5つの原因を回避するためのコツとは
DevOpsで、社内ユーザーの期待に応えることは難しい。ITインフラ&オペレーション(I&O)の担当リーダーは、DevOpsの基本原則を堅持することで、DevOpsが失敗する5つの原因を回避できる。(2019/1/18)

サンドボックスでの検証が役に立つ
ハイブリッドクラウド導入を成功させるための4つのヒント
ハイブリッドクラウドの概念実証(PoC)は、クラウドの導入がIT部門とビジネスニーズを完全に満たすかどうかを確認する重要なステップになる。(2018/8/17)

顧客が悩みがちな「3つの課題」を解決
「SAPをクラウドへ」でIT担当者が悩んでいること
SAP ERPのEOSがIT担当者を悩ませている。「クラウド移行」は有力な選択肢だが、ややハードルが高い。そこで頼りになるのが、移行から運用までトータルで任せられるサービスだ。(2017/5/8)

MySQLはOracleだから不可
PostgreSQLの全面採用で脱Oracleを推進する英気象庁
英国内の気象サービスを監督する英気象庁は、オープンソーステクノロジーの導入を拡大する政策に従って、米OracleのOracle DatabaseからPostgreSQLへの移行に着手した。(2014/7/24)

CRMのROIを上げる:
CRMプロジェクトのベストプラクティス――スコープマネジメントから全体設計まで
今回はCRM構築プロジェクトの進め方とシステム設計について考えていこう。既存の業務プロセスをいかに変化させるか/もしくは保存していくかという見きわめが重要になる。(2013/5/16)

SAPアプリケーションを活用
【事例】P&G、世界最大級のシェアードサービスセンターから学ぶ構築のポイント
ERPをグローバルで利用する企業で構築が増えているシェアードサービスセンター。P&GはSAPを活用した世界最大級のシェアードサービスセンターを構築した。その元担当者が構築のポイントを説明する。(2013/1/15)

現場ニーズに応えながら開発のリスクを下げる
【技術動向】パッケージと自社開発の利点を生かすSOA型ERPの魅力
開発のリスク要因となるアドオン開発を少なくしながら、現場のニーズに応えるにはどうすればいいのか。その答えの1つがSOAに対応したERPパッケージの利用だ。(2012/9/28)

ホワイトペーパーレビュー
今あえてオフコンを選ぶ理由が分かる3つのホワイトペーパー
レガシーシステムともいわれるオフコンを今選び、ERPを運用している企業は少なくない。各社はオフコンの何を評価したのか。事例を中心にオフコンの今を伝えるホワイトペーパーを紹介する。(2012/2/2)

情報システム用語事典:
ビッグバンテスト(びっくばんてすと)
big-bang testing / 一斉結合テスト(2011/11/7)

ホワイトペーパーレビュー
原価管理の基本が分かる3つのホワイトペーパー
企業の売り上げが伸び悩む中で収益を確保するには、厳密な原価管理が欠かせない。ERPの支援を受けながら、適切な原価管理体制を築くにはどうすればいいのか。参考になるホワイトペーパーを紹介する。(2011/10/31)

クラウドERP製品カタログ【第4回】NEC
老舗ERPがSaaSに、「EXPLANNER for SaaS」の新しさとは
中堅企業向けERPとして広く使われている「EXPLANNER」のSaaS版は単にアプリケーションをネットワーク経由で利用させるだけの製品ではなかった。企業のニーズを満たすその機能とは。(2011/9/27)

CIOの知恵袋:SAP ERP運用編
導入したSAP ERPから効果を最大限引き出す、その仕組みは?
コストを掛けて導入したSAP ERPの効果をどう享受するのか。そのためには改善効果を評価し、効果を引き出すための仕組み作りが必要となる。(2011/9/21)

パートナー支援は約束したが
MicrosoftがWindows Azureを成功させる条件
Windows Phone開発、料金体系、セキュリティ認定……。Windows Azureのロードマップはいまだベールに包まれている。本気でパートナーに参戦してほしいなら、タイムリーな情報開示が必要だ。(2011/9/2)

クラウドERP製品カタログ【第2回】ネットスイート
クラウドERPの先駆け「NetSuite」が探る次の成長機会
低コストな基幹システム構築、海外進出という2つのトレンドがクラウドERPの普及を後押ししている。クラウドERPで老舗といえるNetSuiteは日本企業のIT投資への考え方の変化を捉えて、成長機会を探る。(2011/7/21)

ホワイトペーパーレビュー
システム障害は起こさない! バッチ処理を最適化する3つのホワイトペーパー
基幹システムで一般的に行われているバッチ処理。失敗すると大規模なシステム障害につながりかねない。バッチ処理の課題と解決策が分かるホワイトペーパーを紹介する。(2011/7/4)

ERP Now!【第7回】
ERP、次の常識は超高速統合システムか
複数のシステムを組み合わせて稼働させるERPシステムの常識が変わりつつあります。大手ベンダーは複数システムを最適な形で組み合わせた統合製品に注力しています。ERPの将来の姿を考えてみましょう。(2011/5/6)

ホワイトペーパーレビュー
Excel依存を脱却してERPへ――情報活用の最新が分かる3つのホワイトペーパー
企業で広く使われる表計算ソフトウェアの限界が指摘されている。高度な情報管理や分析を実現するには表計算ソフトに加えて、ERPパッケージを活用する必要があるだろう。(2011/1/31)

導入手法、カスタマイズはどうする?
読めば分かる! ERP導入の基本
多数の人が関係し、その予算も比較的に多いERPの導入プロジェクト。さまざまな導入方法が語られているがその基本とは? ユーザー企業の悩みの種となることがあるカスタマイズと併せて解説する。(2011/1/20)

ERP NOW!【第3回】
動画で見る、スマートフォン対応ERPの最前線
スマートフォンに対応するERPが増えてきた。現場利用やマネジャーの利用を想定したアプリケーションが多い。どのように利用できるのか。各ベンダーが公開している動画で紹介しよう。(2011/1/12)

ERP NOW!【第2回】
2011年は「クラウドERP」元年になる
2011年は「クラウドERP」の元年になるでしょう。各社が製品を相次ぎ発表し、ユーザー企業の注目を集めています。今回は企業のERP導入に大きな影響を与えつつあるクラウドERPのトレンドを紹介します。(2010/12/21)

ERP Now!
企業の中で重要な役割を占めるERPのその時々のトレンドを解説する。業務の標準化だけでなく、グローバル展開、IFRS対応などさまざまな要件への対応が求められるERPの今と今後は?(2010/12/14)

ERP成功のヒント【第3回】
丸投げに陥らないERP導入ベンダー選定、そのポイントは?
ERP導入ベンダーは企業のIT部門にとって二人三脚で導入プロジェクトを推進していく同志であり、ERP導入の成否に大きく影響を与える。選定のためのポイントをお伝えする。(2010/12/13)

ホワイトペーパーレビュー
ERP成功の合言葉「QCD」が分かる3つのホワイトペーパー
ERP導入を成功させるために参考になる3つのホワイトペーパーを紹介する。成功のためのポイントは「QCD」(品質、コスト、納期)の要件を満たすことだ。QCDを満たすために各社が行っていることとは?(2010/12/7)

ERP Now!【第1回】
ビッグバン導入が復活? 注目したい3つのERP導入事例
ERPに関するトレンドを解説する新連載。第1回では注目されるERPの導入事例を取り上げます。トレンドの1つはビッグバン導入の復活。その背景には何があるのでしょうか? 3つの事例を紹介します。(2010/11/19)

【IFRS】140字で解説! 会計人のためのIT用語集【2】
会計人も知っておきたい「アプリケーション」
公認会計士や企業の経理・財務担当者も、いまや会計システムをはじめとするITシステムの知識が欠かせない。急速に進化するITシステムの理解に役立つ最新のIT用語をテーマ別に解説する。第1弾「クラウド」に続く今回のテーマは「アプリケーション」。(2010/6/15)

「2009 逆風に立ち向かう企業」カシオ:
耐えながら攻める――アウトプットを最大化する情報基盤
カシオの矢澤篤志業務開発部長は、厳しい経営環境の中で攻める姿勢を保ち続けるための情報基盤を整えたと話す。(2009/1/7)

MerbがRails 3に統合、人気Rubyフレームワークが合体へ
Rubyフレームワーク「Ruby on Rails」と「Merb」の両開発プロジェクトがマージされ、MerbをRoRの次期バージョンとなる「Ruby on Rails 3」に統合させることが明らかになった。(2008/12/24)

ホワイトペーパー:
中堅企業でSAPをビッグバン導入した2社。段階的なERP導入をしなかった理由と効果
株式会社学習研究社、株式会社ナニワグループ本部の2社は中堅企業でありながらSAPシステムをビッグバン導入した。中堅企業ならではのスピード経営と業務効率化のための決断であった。事例を通じ導入効果を紹介(提供:SAPジャパン)。(2008/9/24)

今こそ攻めのIT投資を:
進まない業務改革、IT部門のリーダーシップで変革意識を高めよ
業務プロセス改革に必要なのはビジネス部門とIT部門の協力関係だ。しかしビジネス側は変革意識が低く、旧態依然とした業務手法をなかなか捨てられないことが阻害要因になっているという。(2008/9/11)

スピード経営を支える間違いのない意思決定
中堅・中小企業が勝ち抜くための本物のERP選び
ERPの本来の目的は効率化ではない。的確な意思決定を迅速に行うためには、経営資源の「最適化」が不可欠なのだ。中堅・中小企業のERP活用のヒントとなるコンテンツをまとめて紹介する。(2009/9/30)

手組み基幹システムを刷新:
清酒メーカー月桂冠がSAP ERPとBIをビッグバン導入
(2008/8/27)

中堅中小企業の経営基盤改革術:
ERP導入の成功および失敗パターン
中堅中小企業ではERPを構成するモジュールを徐々に導入するケースが多い。最初のモジュール導入を「初回導入」、それ以降を「二次導入」とし、さらに導入検討段階、製品選定段階、構築段階、運用段階に分けて考えてみたい。(2008/6/24)

中堅中小企業の経営基盤改革術:
いったん振り返る、ERPってなに?
中堅中小企業を支えるソフトウェアとしてERPの導入が進んでいるが、ERPとはもともとどんなものなのか。血液のように企業の各部門にデータをスムーズに流す仕組みを改めて考えてみる。(2008/6/12)

いきなり全社導入は危険
NAC製品の導入を成功させる4つのプロセス
コンプライアンスとポリシー適用のためにネットワークアクセスコントロール製品の導入を検討している企業のために、効果的な4段階の導入プロセスを紹介する。(2008/6/10)

生産方式の転換で、基幹業務システムをビッグバン導入――日本開閉器工業
日本開閉器工業は、オラクルのビジネスアプリケーション「JD Edwards EnterpriseOne」をベースに基幹業務システムをビッグバン導入した。(2007/11/20)

SAPPHIRE '07 Miyazakiレポート:
SAPユーザー企業のトップが宮崎に集結、東国原知事もPRに駆けつける
「SAPPHIRE '07 Miyazaki」が10月29日、宮崎のシーガイアで開幕した。招待者限定で800人を超えるユーザーを集め、貸し切ったシーガイアも顧客企業のシニア層で週末からごった返している。(2007/10/30)

パッケージ連携の標準化に現実解:
PR:世界に挑む「サムライソフトウェア」の要件
日の丸ソフトウェアが世界で勝つためには、国産パッケージ同士が連携し合う仕組み作りが不可欠だ。MIJSでは国産パッケージ間の連携を目指す「超現実的標準規格」の策定を進めている。サムライテクノロジストたちの壮大なチャレンジが始まった。(2007/10/1)

日本オラクルの製造業向け製品発表:
オラクルが説く「すし屋の大将」のススメ!
日本オラクルは4月17日、組み立て製造業向けアプリケーションの拡充を発表した。(2007/4/18)

動き出したSOAのいま:
SOA成功へのステップ
Googleで検索すると「SOA」で1億2100万件、「Service Oriented Architecture」でも8490万件がヒットする。流行の「Web2.0」でもヒット数は3500万件にとどまっており、ここからも、SOAがいかに関心を集めるキーワードであるかが分かる。(2006/9/11)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:Enterprise SOAで新たな時代の要請に応える
エンタープライズ領域で「ビジネス」を意識した上でSOAを活用するトレンドが生まれつつある中、SAPでは「Enterprise SOA」に基づくソリューションでそうしたニーズに応えている。従来のSOAは何が問題だったのか? そしてそれをSAPはどのように変えたのか? ハードウェアとのコラボレーションによる相乗効果でビジネスの全体最適を実現しようとするSAPの今を追った。(2006/7/12)

SAP導入事例
PR:SAPのビッグバン導入をパワーユーザー主導で成功させたジーシー
 旅行で海外を訪れたときに言葉や商習慣、人々の考え方の違いに触れることがある。だが、企業が海外でビジネス展開する際には、それとは比較にならないほど厳しい現実に直面する。こうした高いハードルを越えるために、株式会社ジーシーはSAPというグローバルスタンダードのERPを採用した。同社では、各業務部門からメンバーを選出してプロジェクトチームを編成、ユーザー主導でシステムの検証、評価、導入を行った。ジーシーは、BPR(業務改革)とERP導入を同時に行ったが、グローバル展開の戦略ツールとしてSAP導入に成功したことで、自社の強みである品質管理を強化することができた。(2006/3/17)

Case Study
米コナミ、SAP採用により8週間でゲーム直販サイト開設
米コナミは昨年の年末商戦に合わせ、SAPベースのゲーム直販サイトを開設した。50万ドルに満たないコストで短期間に構築したが、大きな問題もなく稼働している。その成功の秘密は?(2006/1/27)

SOAでつくる変幻自在の情報システム:
SOAを小さく始めよう
「幾つくらいのサービスがあればSOAと呼べるのか?」との質問を受けた。これに関連して興味深い結論が導かれる。SOAによるシステム構築のメリットは、「小さく始めて大きく育てる」ことができる点にある。(2005/11/30)

企業システム戦略の基礎知識(12):
これからが本番、「もうけてなんぼ!」の実用展開
システム構築、試験が終われば、いよいよ実稼働だ。システム実用こそがシステム構築の目的であって、ここからが“本番”である。ビジネス成果を生み出すシステムを実現するにはどんなことに注意すればよいのだろうか?(2005/10/26)

Oracle OpenWorld 2005 San Francisco Report:
Oracle OpenWorld開催、メッセージは「Power」から「顧客志向」へ
「Oracle OpenWorld 2005 San Francisco」が開幕した。彼らから「顧客志向」のメッセージを耳にすると、エンタープライズソフトウェアの市場が大きな転換期に差し掛かったように感じられる。(2005/9/20)

夏季集中講座 「成功するSOA、失敗するSOA」
SOAを始めよう
「経営戦略としてのSOAとは何なのか?」──この連載「成功するSOA、失敗するSOA」では、SOAでビジネスを変革するヒントを紹介していきます(日本BEAシステムズ著「ビジネスはSOAで変革する」からの抜粋です)。(2005/8/23)

情報システム用語事典:
ベスト・オブ・ブリード(べすと・おぶ・ぶりーど)
best-of-breed(2004/11/25)

情報システム用語事典:
ビッグバン・アプローチ(びっぐばん・あぷろーち)
big bang approach / ビッグバン導入(2004/11/3)

オラクルのデータ中心モデルは経営のリアルタイム化と新たな価値をもたらす
オラクルは新しいOracle E-Business Suite 11i.10でインテグレーション機能を強化したほか、「Oracle Customer Data Hub」という第3の道も用意した。単一のデータモデルを核とし、柔軟にビジネスプロセスを定義できる「Oracle Information Architecture」はライバルたちにはない大きな強みだ。(2004/10/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。