ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BIGLOBEでんわ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BIGLOBEでんわ」に関する情報が集まったページです。

Huawei「P20」「P20 lite」価格まとめ どこで買うのがお得?
「HUAWEI P20」と「HUAWEI P20 lite」が発売された。気になるのは端末の価格。どこで買うのが最も安いのか? 主要な販売元の価格を比較してみた。(2018/6/25)

BIGLOBEモバイルが「スマホまる得プラン」提供開始 音声SIMと通話オプションがセット
ビッグローブがMVNOサービス「BIGLOBEモバイル」で「音声SIM」と通話オプション「BIGLOBEでんわ」をセットにしたプランの提供を開始した。2年間の利用で最大総額2万5200円のキャッシュバックを行う特典も用意している。(2018/2/5)

通話定額サービスを含めた「トータルコスト」が安い格安SIMは?
MVNOはさまざまな通話定額サービスを提供しているが、多くがオプション扱い。基本料金を含めた月額の「トータルコスト」はどれだけかかるのか? サービスタイプ別にまとめた。(2017/5/14)

格安SIMでもたくさん通話したい! MVNOの通話定額オプションを整理する
今や大手キャリアでは通話定額が当たり前だが、格安のMVNOでもオプションを追加することで通話定額が利用できるようになってきた。ライトな1回数分のオプションから、長電話派にうれしい24時間通話定額まで、MVNOの通話定額オプションをまとめた。(2017/5/9)

ビッグローブ、月額650円で国内通話が3分かけ放題のサービスを提供
ビッグローブが、BIGLOBE SIM利用者向けに、3分以内の国内通話がかけ放題となるサービスを提供。3分を超える通話料金は10円/30秒。以前から提供している「BIGLOBEでんわ」を強化したもの。(2016/10/5)

単に「安いから」だけでは動かない――女性が「格安SIM」に乗り換えたきっかけ
テレビCMやWeb広告などを通して日に日に認知度が高まっている、いわゆる「格安SIM」。そのユーザーは大きく男性に偏っていたが、昨今では女性ユーザーも増えている。女性の格安SIMユーザーは、何をきっかけに格安SIMに乗り換えたのだろうか。(2016/6/9)

SIM通:
GMO、BIGLOBEと提携して新たに音声通話付き格安SIMを開始
GMOインターネットは、GMOとくとくBBとBIGLOBEのダブルブランドとして提供する格安SIM「GMOとくとくBB SIM接続サービス スタンダードプラン powered by BIGLOBE」を6月1日より開始すると発表した。(2016/5/11)

格安SIMで使える「中継電話サービス」のおすすめは?
(2016/5/11)

格安SIMの代表的なサービスとその特徴を解説します
(2016/4/13)

女性は「格安SIM」に“不安”を覚える? MVNO2社が語る普及への課題と解決法
認知度の高まってきた感のある格安SIM。しかし、その購入者の多くは男性で、女性はまだ少ない。“不安”がつきまとうからだという。どのような不安が、阻害要因となっているのだろうか。(2016/3/2)

データ通信量を確認できる「BIGLOBE SIMアプリ」&機能強化した「BIGLOBE Wi-Fi」提供開始
ビッグローブは、データ通信量や契約状況を確認できる「BIGLOBE SIMアプリ」をリリース。従来の公衆無線LANサービスをリニューアルし、機能を強化した「BIGLOBE Wi-Fi」も提供開始する。(2016/1/18)

自宅での即時MNPも可能に:
「BIGLOBE SIM」が値下げ、通話+12Gバイトで3400円に――複数SIMや通話パックも提供
さらにセット端末に「ZenFone 2 Laser」を追加。指定プランに加入で最大1万円をキャッシュバックするキャンペーンも実施。(2015/9/7)

「BIGLOBE SIM」値下げ 音声通話付きプランを月1400円から 17年までに100万契約目指す
「BIGLOBE SIM」が音声通話付きプラン、データ通信専用プランをそれぞれ値下げ。パケットシェアや低価格の通話定額プランを新設し、既存キャリアからの乗り換えを狙う。(2015/9/7)

格安SIM徹底レビュー:
「うれスマ」のサポートが充実、基本機能は拡張の余地あり――「BIGLOBE LTE・3G」(2015年5〜6月)
各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、ビッグローブが提供する「BIGLOBE LTE・3G」だ。(2015/6/24)

SIM通:
通話料金が安くなる? IIJmioの「みおふぉんダイアル」、4/1スタート
IIJが始めた格安スマホ向けの通話サービス「みおふぉんダイアル」。「楽天でんわ」や「G-Call」などとどんな違いがあるのでしょうか?(2015/4/8)

PR:BIGLOBEの「うれスマ」がさらに快適に! 一体何が起きたのか担当者を直撃した
BIGLOBEの「うれスマ」といえば、お得にスマホが使えると人気のサービス。その「うれスマ」の通信速度がアップし、さらに快適になったという。BIGLOBEの“中の人”にも聞いた「うれスマ」と他社との違いとは?(2015/3/31)

App Town ユーティリティ:
電話番号そのまま、通話料半額の「BIGLOBEでんわ」にiPhone版が登場
BIGLOBEは電話番号をそのままに、国内通話料が従来の半額になる「BIGLOBEでんわ」サービスのiPhone版をリリースした。(2015/3/18)

11月3日まで:
ビッグローブ、月2980円で「LG G2 mini」+音声通話付きSIMを提供
ビッグローブは、LGの4.7型スマホ「LG G2 mini」を9月1日に発売した。11月3日まで、音声通話付きプランを月2980円で提供するという。(2014/9/1)

ビッグローブ、電話番号がそのままで通話料が半額になる「BIGLOBEでんわ」を開始
ビッグローブが「BIGLOBE LTE・3G」の音声通話SIM利用者向けに、国内通話が30秒10円から利用できる通話サービス「BIGLOBEでんわ」を開始した。(2014/9/1)

運用:
通信費削減の切り札「格安SIMカード」はこう選べ(2015年12月改訂版)
スマホは便利だが月額利用料が高くて……。そんな人は格安SIMカードの利用を検討してほしい。月額480円で使い放題のプランや音声通話定額プランなども登場。格安SIMカードのメリットとデメリット、活用法を解説する。2015年12月時点での情報を追加し、大幅な改訂を行った。(2015/12/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。