ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「琵琶湖」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「琵琶湖」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

当時のスター「テレビカー」、仰天ギミックの通勤電車「5000系」 京阪電車で感じる「昭和あの頃」ぶらり旅
昭和な人も、昭和を知らない人も……。京阪電車で愛でる「昭和」をお届けします。(2021/4/15)

天然の鍾乳洞トンネル、超広角で東京湾アクアライン YouTube新着ピックアップ「きょうの車載動画」
YouTubeで公開された最新の車載動画を紹介するコーナーです。(2021/3/22)

船に忍び込んだ“謎のモフモフ”、擬態を試みるもバレバレ 必死に隠れる姿に笑ってしまう
かわいそうなんだけど笑っちゃう……!(2021/3/20)

船も「CASE」:
人手不足と高齢化の漁業を救う、「自動着桟システム」の最前線
ヤンマーは、「最大の豊かさを最小の資源で実現する」というテクノロジーコンセプトを掲げ、そのコンセプトを実現する研究開発テーマを定めている。マリン関連の研究開発テーマとしては、海域調査やインフラ点検などに貢献する「ロボティックボート」、1本のジョイスティックだけで操船できるようにする「ジョイスティック操船システム」「自動航行」と「自動着桟」、そして、船舶特有の動揺を抑制する「サスペンションボート」に取り組んでいる。(2021/3/17)

新神戸駅「神戸のステーキ弁当」(1250円)〜我が家で旅の思い出がよみがえる「通信販売」の駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新神戸駅「神戸のステーキ弁当」(1250円)です。(2021/2/11)

新神戸駅「春旬たけのこ御飯」(1000円)〜駅弁の通信販売でそうだ、京都を思い出そう!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新神戸駅「春旬たけのこ御飯」です。(2021/2/5)

西明石駅「ひっぱりだこ飯」(1080円)〜「駅弁の通信販売」を楽しもう! 我が家で旅気分!(vol.2淡路屋編)
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは西明石駅「ひっぱりだこ飯」(1080円)です。(2021/2/2)

「琵琶湖の面積は滋賀県土の約6分の1」と直感的に理解できる写真が最高にクール
6Pチーズの面積は容器全体の6分の1、当たり前のはずなのに……。(2021/1/8)

琵琶湖を飛ぶ水上飛行機復活へ 京都も空から遊覧
滋賀県の琵琶湖に半世紀ぶりに水上飛行機が復活する可能性が高まってきた。富裕層をターゲットに小型の水上機で京都や滋賀を遊覧するプランなどをそろえる予定。(2021/1/8)

さよなら「有明」、通勤列車も様変わり 鉄道ファンが注目した「JRグループ2021年春のダイヤ改正」
名物(?)「横浜通過」も見納めに……。(2020/12/22)

海面が100m上昇したらどんな世界になる? 「日本のようで日本でない列島」描いた地図が妄想を刺激する
今とは違う世界線の日本が見られます。(2020/11/11)

金子貴俊、息子の学校行事中止を受け“家族で修学旅行”を企画 「6年生の思い出をしっかりと作ってあげたい」
粋なお父さん。(2020/11/9)

エヴァはチヴァだった!? 千葉県の地図からチヴァンゲリオン初号機が発見される
ΩΩΩ<ナンダッテー!!!(2020/10/15)

うほほー何これ? 船が線路を走ってる……!?!? ポーランドの豪快「インクライン」に乗りものファンが大興奮
運河から線路へ、そして線路から運河へダイレクト!(2020/9/21)

琵琶湖に立つ鳥居に龍のごとき稲光 白髭神社のドラマチックな写真に「神話の世界」「神龍出て来そう」
雷鳴にたじろぐことなく鳥居に留まる鳥がまた神秘的。(2020/9/5)

「滋賀なのにライオンズ推し、なぜ?」 ブルーの“元”西武車が元気に走る「近江鉄道」懐かしの旅
西武線といえば「黄色い電車」、あれが滋賀で元気に活躍しています。あー癒やされる景色〜。(2020/8/27)

強風で工事用足場が線路上に倒壊 JR西日本、一部路線で運転見合わせ 倒竹で遅れも
JR西日本各線で運転見合わせや遅延が発生しています(2020/7/8)

7月1日デビュー! 東海道新幹線の新型車「N700S」何がすごい? さっそく乗ってきました
写真たくさんでスパスパッと解説します。「N700Sに狙って乗る方法」も紹介……!(2020/6/15)

ほぼ日から布マスク登場 通気性のいい「ビワコットン」を使用
日本アトピー協会推薦品の認定を受けた「TioTio PREMIUM加工」を施しています。(2020/6/12)

時代考証担当の研究者が解説:
NHK大河「麒麟がくる」でも登場 織田信長の意外な真骨頂、“情報戦”と“危機回避能力”とは
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」でも登場した織田信長。戦国の英雄の真骨頂は、ちょっと意外な“情報戦”と“危機回避能力”だとか。戦国時代史研究の第一人者が解説。(2020/3/21)

降りられるのかよっ! 凍結したバイカル湖にセスナで着陸する冒険野郎どもの動画
まったくお前たちは……!(2020/3/7)

「ザ・昔の駅」「この佇まいが本当にいい」 日本最古の現存駅舎・旧長浜駅舎で「あの時代の活気」を感じた【写真32枚】
もうすぐ138歳!! 鉄道誕生初期の時代にほんわかタイムスリップ。(2020/3/4)

「WEST EXPRESS 銀河」で再び脚光 いまだ元気に現役、“昭和イケメン”な国鉄型電車「117系」に乗ってきた
レトロでなんとも言えない感じがたまりません……! 「WEST EXPRESS 銀河」に乗る前にぜひ。(2020/2/18)

曇りの日に撮影された滋賀県「白髭神社」がまるで異世界 湖の白に鳥居の朱色が美しく映える
夢で見る景色のよう……。(2019/12/13)

約1700円で穴場アリの京都ぷち観光 2019秋・関西改名駅を巡る散歩旅(後編)
今回は2019年10月に駅名変更した京都府内の駅を順に巡りました。(2019/11/25)

サイクリストに優しい環境整備:
世界に誇る「サイクリングロード」を初指定 選ばれた3ルートはどこ?
国土交通省は、訪日外国人の誘客などに有効なサイクリングロードとして、「ナショナルサイクルルート」の第1次指定ルートを発表。「しまなみ海道サイクリングロード」「つくば霞ヶ浦りんりんロード」「ビワイチ」の3ルートが選ばれた。(2019/11/8)

長さ日本一「比叡山・坂本ケーブル」の絶景やいかに 「二度びっくり」誰も降りない秘境駅では……!【写真42枚】
車窓から一望できる琵琶湖の風景も、そして紅葉も必見ですよ。もすなる。(2019/11/6)

この神出鬼没ぶり、まさに忍者!! 湖国を走る謎電車「SHINOBI-TRAIN」を探せ!
運行予定非公開の忍者電車。京都在住の筆者が2021年6月まで運行延長決定記念で飛び乗ってきました。(2019/10/2)

黄金銃を持つ教官、号泣高速実習、チャラ男と鳥人間コンテスト……忘れられない合宿免許の思い出
普段なら出会わないような人に会う、それが合宿免許。(2019/10/3)

「湖と空の青」の絶景、うわさ通りにすごかった! JR湖西線に乗って夏の終わりの景色を満喫してきた
湖西線から見える景色が「超いい!!」「すばらしすぎる」とSNSで話題! 私も見たい! 京都在住の筆者が「超いい景色の車窓」の湖西線を巡ってきました。(2019/9/2)

「2019びわ湖大花火大会」で人の流動状況をリアルタイムに観測 警備や混雑緩和に活用――富士通らが実証実験
富士通らは、「2019びわ湖大花火大会」で、IoTセンサーを活用して観客の流動状況を可視化する実証実験に取り組む。観客のスマートフォンから取得する固有ID情報を基に、滞留地点や滞留時間、移動状況などをリアルタイムに観測し、今後の警備計画や交通機関の混雑緩和、観光政策に役立てる。(2019/8/8)

6県を通る1400キロのルートも:
周回遅れだった日本の「自転車ツーリズム」 訪日客を呼び込む“切り札”となるか
遅れがちと指摘される日本の自転車政策が動き出した。外国人観光客の需要などを見込んで「ナショナルサイクルルート」が創設される。お手本は、自転車客誘致に成功した「しまなみサイクリングロード」だ。サイクリングを楽しめる環境づくりは進んでいくのか。(2019/7/31)

ハッシュタグ「保育士さんありがとう」に感謝と理解を呼びかける声集まる 大津市での園児死亡事故を受けて
一部報道への反感が広がっています。(2019/5/9)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
あいみょん、純烈、DA PUMPらが紅白本番へ向けてリハ 丘みどりはTAKAHIRO振り付けのダンサーと共演
あいみょんさんはフォトセッション中に靴紐を結び直すなど終始リラックス。本番のパフォーマンスにも期待!(2018/12/30)

箱館山山頂に佇む「ランタンに入った」パフェの専門店 なぜ山頂でこんなにステキなお店を出したのか担当者に聞いてみた
映えの化身ともいえるビジュアルがすごい。(2018/1/4)

47都道府県全て独立! 財政火の車から天下統一を目指すSLG「覇県を握れ」で君は地方格差に涙する
覇県を握る前に差し押さえ令状を握りそうや……。(2018/11/26)

JR西、新快速に有料の“快適”座席サービス「Aシート」導入 「快適シート」「無料Wi-Fi」「全席コンセント」、1回いくら?
2019年春導入、これは楽しみ!(2018/10/25)

JR西、新快速にコンセント+無料Wi-Fiの指定席「Aシート」
JR西日本は、コンセントやテーブル、無料Wi-Fiサービスが利用できる有料指定席「Aシート」を、JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線の一部新快速に来年春から導入する。(2018/10/25)

乗車券代+500円:
JR西、神戸線・京都線「新快速」に有料席「Aシート」 19年春から
JR西日本が2019年春から、JR神戸線などを運行する「新快速」の一部に有料座席を新設する。電源や無料Wi-Fiなどを完備する。価格は乗車券代+500円。(2018/10/24)

【調査】「急がば回れ」はどこを遠回りしたのか?
そして何に阻まれていたのか。(2018/10/5)

「東京ドーム○個分」が分かりづら過ぎるので、新しい例えを考えたい
何が「○個分」ならイメージしやすいのか。(2018/9/9)

輸送は人力、飛ばすまでが一苦労! 琵琶湖のほとりで「鳥人間コンテスト」の舞台裏を見てきた
台風接近により開催が危ぶまれた「鳥人間コンテスト2018」現地レポート。(2018/8/29)

健気すぎる「ワケのわかんない片想いしてる少女」を見よ 「ハイスコアガール」7話
恋に待ちガイルなんてないと思うぜ。(2018/8/25)

琵琶湖が描かれたコースター「びわコースター」誕生 琵琶湖好きならマストハブ!
7月1日は「びわ湖の日」!(2018/6/21)

地震による運転見合わせ続く 関西・鉄道各社の運行状況
遅延や運休、見合わせが発生しています。【更新:19日10時】(2018/6/18)

広島カープやくまモンなど、イラストナンバー10月開始
国土交通省は2018年5月22日、自動車の地域別ナンバープレートに、フルカラーの図柄を入れた新デザインを決定したと発表した。2018年10月から交付が開始されるため、地域の風景や観光名所のイラストが描かれたナンバーの車が、秋には街中を走る姿を目にすることができる。(2018/5/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
廃線と廃車、近江鉄道が抱える2つの危機
滋賀県の近江鉄道を訪ねた。琵琶湖の東岸地域に路線網を持ち、地元からは「ガチャコン」の愛称で親しまれているという。しかし、鉄道部門は長らく赤字、バス事業などの黒字で支えられてきた。その経営努力も限界を迎えつつある。(2018/3/2)

セーラー服おじさんや犬面人が大爆走 英国製“なんちゃってジャパン”的ゲーム「Nippon Marathon」が不思議と魅力的
奇っ怪なビジュアルの割には作り込まれていて、アップデート次第で化けそうな予感。(2018/2/19)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
地域連携が生む創業プラットフォーム――滋賀テックプランター(滋賀県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第12回。「なぜ滋賀県が日本を、そして世界を代表するような新産業創出のホットスポットとなっていないのか」という問いに挑戦する「滋賀テックプランター」を紹介する。(2018/2/16)

きれいで飲むのがもったいない 琵琶湖ホテルが「百人一首カクテル」
インスタ映えしそう。(2018/1/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。