ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「非難」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「非難」に関する情報が集まったページです。

「混合コンテンツ」による問題の回避策
「Chromeをアップデートしないで」――Salesforce“異例のお願い”の真相
Webブラウザ「Chrome」で発生する問題の回避策として、Salesforceが示した手段は非難を浴びた。それは「Chromeのアップデート適用を見送ること」だ。Salesforceはなぜ“異例の助言”をしたのか。その後の行動は。(2021/1/18)

ロンブー淳、コロナ禍で大祝宴のデヴィ夫人に「おかしくないですか?」 最近の暴走に「心配しております」
デヴィ夫人は「非難も覚悟でいました」とコメント。(2021/1/8)

Twitter、トランプ大統領アカウントのロックを解除 初投稿は「議事堂乱入者は民主主義を汚した」
トランプ大統領のアカウントをロックしていたTwitterが7日、ロックを解除した。トランプ氏がさっそく投稿した動画は、議事堂に乱入した自身の支持者を「民主主義を汚した」と非難し、自分は事件発生後すぐに州兵を配備して議事堂を保護したと語るものだ。(2021/1/8)

「夢や希望もありゃしない世界」 窪田正孝×西野亮廣インタビュー、“バッシング社会”で生き抜くために
「大人になるにつれ、なくしていくものの方が多い気がしていて」。(2020/12/25)

AIと一緒に創作すれば作品が良くなる でも褒められるのは人間だけという「AIの悲哀」も
東京都市大学は、AIが作った曲を音大生が手直しすることで、人間にとって心地よい楽曲を制作できたと発表した。実験では、良い結果が得られると人間が称賛され、イマイチな結果になるとAIが非難されるという場面もあった。(2020/12/24)

穴だらけ施策:
不正受給の「指南役」に厳罰を、役人には猛省を
給付金の不正受給やGo Toイートの錬金術など、軽い気持ちで手を染めた人もいるようだが、非難されるべき人たちがいる。穴だらけの施策を世に出した役人に、問題はないのだろうか。(2020/12/17)

須田亜香里、自宅待機への不満つづったブログを謝罪 「自分の未熟さからご不快な思いをさせてしまった」
「感染者へ無配慮では」と非難されていました。(2020/12/4)

アンケートで判明:
コロナ禍、帰省した人の2割が「誹謗中傷受けた」――「石投げられた」「非難の落書き」も
コロナ禍で帰省した人が減少。実際にした人の2割が何らかの「誹謗中傷」を受けていた。アンケート調査で判明。(2020/8/27)

「ロシアが新型コロナワクチン情報狙い大規模サイバー攻撃」と英米加が非難
英政府が、ロシアの諜報機関のサイバー諜報グループAPT 29が、新型コロナのワクチン開発情報を盗む目的で世界の研究機関や大学などに対し、サイバー攻撃を仕掛けていると警告し、ロシアに停止を求めた。(2020/7/17)

ジョコビッチ、新型コロナ陽性 主催大会で感染者続出し謝罪も非難ごうごう
対策が不十分だったとの指摘も。(2020/6/24)

FacebookのザッカーバーグCEO「ポリシー再検討する」 トランプ氏投稿放置への非難集中で
Twitterは非表示にしたのと同じ内容のトランプ米大統領の投稿をFacebookが放置していることに対する内外からの批判が高まる中、ザッカーバーグCEOが「多数の人々の意見を尊重し、コンテンツポリシーを再検討する」と語った。(2020/6/8)

飲料水メーカーLiquid Death、ネットの文句を集めてデスメタルアルバムを制作 「宣伝担当をクビにしろ」「人生を考え直せ」など辛らつな歌詞
非難を真摯(しんし)に受け止めたようです(?)。(2020/5/6)

Amazon.com、“物言う”従業員2人を解雇──Washington Post報道
Amazonが、新型コロナウイルス感染症対策を十分にしていないと公に非難した2人の従業員を解雇した。解雇理由は社内規則違反。ジェフ・ベゾスCEOが所有するWashington Postが報じた。(2020/4/15)

新型コロナと5Gを関連付ける陰謀論で英国で複数の基地局アンテナへの放火が発生
「新型コロナウイルスは実は5G拡大の影響だ」という虚偽の主張がSNSで拡散しており、英国では4月4日、複数の携帯基地局が放火された。業界団体GSMAはこうした行為を非難し、プラットフォーマーにフェイクニュース取り締まり強化を要請した。(2020/4/6)

「噛まれると同性愛になってしまう」ストーリーに批判殺到 映画「バイバイ、ヴァンプ!」、公式が釈明も非難止まず
釈明に対して「これを差別ではないということが差別の上塗り」という厳しい意見も。(2020/2/18)

2万ドルのアート作品が粉々に壊れてしまう事故 美術評論家の行動に非難集まる
評論家は作品を批判するために、すぐ近くにソーダ缶を置いて撮影していました。(2020/2/11)

YouTube、ハラスメントに関するポリシーを強化し、個人攻撃すれば有名人でも動画削除の対象に
6月に、差別的な動画を放置したとして非難されたYouTubeが、「嫌がらせやネットいじめに関するポリシー」を更新し、人種、性別、性的指向などで個人を攻撃するコンテンツは投稿者が誰であれ許可しないようになる。(2019/12/12)

TikTok、中国非難動画を投稿した米少女のアカウント削除はミスだったとし、謝罪して復活
動画共有アプリTikTokが、中国政府を非難する動画を投稿した17歳の少女のアカウントを停止した件につき、「人為的ミスだった」としてアカウントを復活させた。少女は「ミスだとは信じられない」とツイートした。(2019/11/28)

キンコン西野が韓国バッシングについて語る 「『韓国』『韓国人』というだけで攻撃してしまっている人が少なくありません」
さまざまな地を訪れて思ったことをつづっています。(2019/11/27)

香港デモ支援アプリ削除のAppleのクックCEOに対し、米議員らが「中国の圧力に抵抗せよ」
米連邦議会の7人の超党派議員が、AppleとBlizzardによる香港デモに関する最近の行動を非難し、両社の各CEOに基本的権利のために戦う人々を支持するよう強く求める書簡を送った。(2019/10/20)

misono、メニエール病公表へのバッシングに「そうじゃない」 注目を集めたメリットを説明
misonoさん「メディアで報告して良かった」。(2019/10/15)

「GoogleがiPhoneユーザーの不安あおった」、iOSの脆弱性悪用報告にAppleが反論
Googleは修正前のiOSの脆弱性が攻撃に利用されていた実態を報告し、Appleはその報告に対して「GoogleがiPhoneユーザーの不安をあおった」と非難している。(2019/9/10)

Apple、iPhoneエクスプロイトを詳解したGoogleを非難「標的はウイグルコミュニティだけ」
Appleが、8月末にGoogleがiPhoneへのエクスプロイト攻撃について解説したことが、ユーザーに誤った印象を与えたとして反論した。(2019/9/9)

Wikipedia利用し自社製品を検索上位に表示 アウトドアブランドの施策に非難殺到
ガイドラインを無視したキャンペーン。(2019/6/3)

キンコン西野の仕事術【後編】:
キングコング西野が「ディズニーを超える」と公言する3つの理由
キングコングの西野亮廣――。会員数2万5000人を誇る国内最大のオンラインサロンのオーナーでもある彼に、バッシングへの対応策と、「ウォルト・ディズニーを超える!」という宣言の真意をお届けする。(2019/5/25)

「あくまで噂は噂」 NGT48劇場・早川麻衣子支配人が初のTwitter投稿で騒動に言及 ファンからは賛否「今更かよ」
バッシングが収まる気配はありません。(2019/5/24)

専門家のイロメガネ:
現役フランチャイズオーナーが教える、FC加盟のリアル
FC加盟して脱サラ、起業する。加盟店会議では、予定した収益を大きく下回る加盟店から本部を非難、糾弾する怒号が飛び交うこともある。しかし、FC加盟でいったい「何を買っているのか?」を考えると、オーナーの責任も見えてくる。(2019/5/14)

日本郵便専務が明かす:
“東証を変えた男”が語る、金融業界の伝説「arrowhead」誕生の舞台裏――“決して落としてはならないシステム”ができるまで
2005年11月から2006年にかけて、システム障害を起こし、取引が全面停止するという事態に陥った東京証券取引所。世間の大バッシングの中、そのシステム刷新をやってのけたのが、現在、日本郵便で専務を務める鈴木義伯氏だ。当時、どのような覚悟を持って、“落としてはならないシステム”を作り上げたのか。(2019/4/25)

スピン経済の歩き方:
なぜ「プリウス」はボコボコに叩かれるのか 「暴走老人」のアイコンになる日
またしても、「暴走老人」による犠牲者が出てしまった。二度とこのような悲劇が起きないことを願うばかりだが、筆者の窪田氏は違うことに注目している。「プリウスバッシング」だ。どういう意味かというと……。(2019/4/23)

漫画キャラを無許可で使った「玄関マット」がAmazonに大量出品 漫画家が「購入しないで」と呼び掛け
Amazonに現れた「海賊版玄関マット」――Amazon側の審査体制を非難する声も。(2019/3/27)

「他人から非難される覚えはない」 梅宮アンナ、ネットのバッシングに反論
「酷い言葉のオンパレード」だったと語るアンナさん。(2019/3/18)

「自分の事を商品だと思っている」 川栄李奈、「3年A組」最終回を受けネットでバッシングされた過去を告白
アイドルと女優を経験した川栄さんだからこそ説得力がある。(2019/3/11)

Facebook、アンチワクチン対策を強化 広告アカウント削除も
米国でのはしかの流行はFacebook上のアンチワクチンコンテンツのせいだと非難されていたFacebookが、対策を発表した。ニュースフィードや検索結果でのランク下げや関連広告の排除などだ。(2019/3/8)

YouTube、児童の性的搾取放置との指摘を受け400以上の関連チャンネルを停止
YouTubeは、児童性愛者が動画のコメント欄を悪用して性的搾取しているのを放置していると非難されたことを受け、多数のコメントを削除し、チャンネルを停止したと発表した。この問題で、数社の大手企業が広告を引き上げたと報じられている。(2019/2/22)

坂口杏里、バイきんぐ小峠の浮気告発に非難の声 「なんて批判!」「関係ない浮気ネタをブッ込んでくる謎」
なんでブーメランって戻ってくるん(遠い目)。(2019/2/21)

責任の一端はメディアにもある:
Huaweiについて否定的な報道が目立つ4つの理由
ハイテク技術のスクープ記事を担当する記者としてHuaweiをレポートすることは、同社に対するバッシングが激しさを増している昨今は特に、難しい仕事だ。しかし幸運にも、深センにあるHuawei本社を訪ねる機会を得た。(2019/2/12)

防衛省、レーダー照射事案発生時の“音”公開 事案に関する「最終見解」も
韓国の一連の対応について「これまでの韓国側の主張が一貫しておらず信頼性に欠けるものであることを踏まえると、韓国側が事実とは全く異なる主張を繰り返していると結論付けざるを得ない」と強く非難。(2019/1/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
やはり元貴乃花親方は、“同じ穴のムジナ”だったのか
元貴乃花親方が騒動に巻き込まれている。弟子だった元幕内・貴ノ岩が弟弟子に暴力をふるい、引退することに。この“事件”についてコメントを求められても、元親方は知らんぷり。こうした対応について、関係者からは非難の声が出ていて……。(2018/12/21)

スピン経済の歩き方:
「専業主婦バッシング」が、日本社会のブラック化につながってしまう理由
朝の情報番組『スッキリ』で、MCの加藤浩次さんが「専業主婦であることに罪悪感なんて持たなくてもいい」とコメントしたところ、ちょっとした騒動に。労働者不足や働く女性が増えたこともあって、専業主婦に対するバッシングが厳しくなっているが、筆者の窪田氏はこうした風潮に違和感を覚えるという。どういうことかというと……。(2018/12/18)

「パンドラの箱が……」:
「ゲノム編集した双子」誕生か、中国で非難の嵐
遺伝子を改変する「ゲノム編集」技術を用いて初めて赤ちゃんを誕生させたと主張する中国の遺伝学者に対して、同国内で非難の声が高まっている。(2018/11/28)

「完全な嘘」「彼を父とは呼べない」 離婚裁判中の川崎麻世&カイヤ、長男が沈黙破り父を非難し反響
カイヤさんのブログでメッセージ。(2018/10/30)

極右のたまり場と非難されるSNS「Gab」一時閉鎖「新しいプロバイダーに移行して復活する」と予告
銃撃事件の容疑者が使っていたSNSのGabが、「あらゆるレベルのネットインフラプロバイダーからプラットフォームを奪われた」としてWebサイトを一時閉鎖している。(2018/10/30)

ロボット導入事例:
ブロンコビリーはなぜロボットを導入したのか「より良いもの求めて常に試行錯誤」
ステーキレストランチェーンのブロンコビリーは、店舗内でのバッシング(食器の片付け)やサラダバーの補充といった業務の支援を目的にロボットを導入した。同社はなぜロボットを導入したのか、担当者に聞いた。(2018/10/24)

ディルバート(575):
形勢逆転
鬼の首を取ったかのようにディルバートを非難する同僚くん。反論に対する様子は……あれ、焦ってるの?(2018/10/11)

トランプ大統領、「Google検索結果はフェイクメディア優遇」と非難ツイート
トランプ米大統領が、先月「Twitterは共和党員をシャドーバンニングしている」とツイートしたのに続け、「Googleの検索結果はフェイクニュースメディアを優遇している」とツイートした。(2018/8/29)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年6月版:
仮想通貨「Coinhive」をどう考えればよいのか
2018年6月のセキュリティクラスタは、「Coinhive」と「ルート証明書」に注目が集まりました。自サイトにCoinhiveを設置していた人物が書類送検された後、このような対応に対して警察や検察を非難するツイートが多くありました。もう一つの話題はルート証明書。銀行のWebサイトが行名の切り替えに当たり、ユーザーにルート証明書をインストールさせようとして、こちらもたたかれていました。6月最終週には「ZERO/ONE」編集長の岡本氏が刺殺されるという痛ましい事件が起こり、TLが悲しみに包まれました。(2018/7/10)

「スラム街の暮らしを肌で感じたい!」学生企画に批判 → クラウドファンディング中止に 支援者には全額返金へ
「スラム街の子供は自己満足のためのツールではありません」「勝手に行け」など非難の声が集まっていました。(2018/7/4)

mineo「通信の最適化」をファンイベントで陳謝、信頼回復でさらなる成長を目指す
ケイ・オプティコムが6月30日に「第3回 mineoファンの集い」を都内で開催。「通信の最適化」を事前告知なしで実施したことから非難を浴びていた。冒頭のあいさつから通信の最適化についての謝罪がなされるなど、ユーザーからの信頼回復を強く意識する姿勢が見られた。(2018/7/2)

mineoの「通信の最適化」は何が問題なのか?
ケイ・オプティコムが「mineo」で実施している「通信の最適化」が物議を醸している。なぜ非難が集中したのか。そもそも通信の最適化は何が問題なのか。(2018/5/15)

mineo、「通信の最適化」で謝罪 「事前に説明すべきだった」
ケイ・オプティコムが、MVNOサービス「mineo」で実施している「通信の最適化」について謝罪した。事前に説明せずに実施したことで非難が集中していた。通信速度を改善する施策の一環として実施した。(2018/5/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。