ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「非難」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「非難」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

YouTube、ハラスメントに関するポリシーを強化し、個人攻撃すれば有名人でも動画削除の対象に
6月に、差別的な動画を放置したとして非難されたYouTubeが、「嫌がらせやネットいじめに関するポリシー」を更新し、人種、性別、性的指向などで個人を攻撃するコンテンツは投稿者が誰であれ許可しないようになる。(2019/12/12)

TikTok、中国非難動画を投稿した米少女のアカウント削除はミスだったとし、謝罪して復活
動画共有アプリTikTokが、中国政府を非難する動画を投稿した17歳の少女のアカウントを停止した件につき、「人為的ミスだった」としてアカウントを復活させた。少女は「ミスだとは信じられない」とツイートした。(2019/11/28)

キンコン西野が韓国バッシングについて語る 「『韓国』『韓国人』というだけで攻撃してしまっている人が少なくありません」
さまざまな地を訪れて思ったことをつづっています。(2019/11/27)

香港デモ支援アプリ削除のAppleのクックCEOに対し、米議員らが「中国の圧力に抵抗せよ」
米連邦議会の7人の超党派議員が、AppleとBlizzardによる香港デモに関する最近の行動を非難し、両社の各CEOに基本的権利のために戦う人々を支持するよう強く求める書簡を送った。(2019/10/20)

misono、メニエール病公表へのバッシングに「そうじゃない」 注目を集めたメリットを説明
misonoさん「メディアで報告して良かった」。(2019/10/15)

「GoogleがiPhoneユーザーの不安あおった」、iOSの脆弱性悪用報告にAppleが反論
Googleは修正前のiOSの脆弱性が攻撃に利用されていた実態を報告し、Appleはその報告に対して「GoogleがiPhoneユーザーの不安をあおった」と非難している。(2019/9/10)

Apple、iPhoneエクスプロイトを詳解したGoogleを非難「標的はウイグルコミュニティだけ」
Appleが、8月末にGoogleがiPhoneへのエクスプロイト攻撃について解説したことが、ユーザーに誤った印象を与えたとして反論した。(2019/9/9)

Wikipedia利用し自社製品を検索上位に表示 アウトドアブランドの施策に非難殺到
ガイドラインを無視したキャンペーン。(2019/6/3)

キンコン西野の仕事術【後編】:
キングコング西野が「ディズニーを超える」と公言する3つの理由
キングコングの西野亮廣――。会員数2万5000人を誇る国内最大のオンラインサロンのオーナーでもある彼に、バッシングへの対応策と、「ウォルト・ディズニーを超える!」という宣言の真意をお届けする。(2019/5/25)

「あくまで噂は噂」 NGT48劇場・早川麻衣子支配人が初のTwitter投稿で騒動に言及 ファンからは賛否「今更かよ」
バッシングが収まる気配はありません。(2019/5/24)

専門家のイロメガネ:
現役フランチャイズオーナーが教える、FC加盟のリアル
FC加盟して脱サラ、起業する。加盟店会議では、予定した収益を大きく下回る加盟店から本部を非難、糾弾する怒号が飛び交うこともある。しかし、FC加盟でいったい「何を買っているのか?」を考えると、オーナーの責任も見えてくる。(2019/5/14)

日本郵便専務が明かす:
“東証を変えた男”が語る、金融業界の伝説「arrowhead」誕生の舞台裏――“決して落としてはならないシステム”ができるまで
2005年11月から2006年にかけて、システム障害を起こし、取引が全面停止するという事態に陥った東京証券取引所。世間の大バッシングの中、そのシステム刷新をやってのけたのが、現在、日本郵便で専務を務める鈴木義伯氏だ。当時、どのような覚悟を持って、“落としてはならないシステム”を作り上げたのか。(2019/4/25)

スピン経済の歩き方:
なぜ「プリウス」はボコボコに叩かれるのか 「暴走老人」のアイコンになる日
またしても、「暴走老人」による犠牲者が出てしまった。二度とこのような悲劇が起きないことを願うばかりだが、筆者の窪田氏は違うことに注目している。「プリウスバッシング」だ。どういう意味かというと……。(2019/4/23)

漫画キャラを無許可で使った「玄関マット」がAmazonに大量出品 漫画家が「購入しないで」と呼び掛け
Amazonに現れた「海賊版玄関マット」――Amazon側の審査体制を非難する声も。(2019/3/27)

「他人から非難される覚えはない」 梅宮アンナ、ネットのバッシングに反論
「酷い言葉のオンパレード」だったと語るアンナさん。(2019/3/18)

「自分の事を商品だと思っている」 川栄李奈、「3年A組」最終回を受けネットでバッシングされた過去を告白
アイドルと女優を経験した川栄さんだからこそ説得力がある。(2019/3/11)

Facebook、アンチワクチン対策を強化 広告アカウント削除も
米国でのはしかの流行はFacebook上のアンチワクチンコンテンツのせいだと非難されていたFacebookが、対策を発表した。ニュースフィードや検索結果でのランク下げや関連広告の排除などだ。(2019/3/8)

YouTube、児童の性的搾取放置との指摘を受け400以上の関連チャンネルを停止
YouTubeは、児童性愛者が動画のコメント欄を悪用して性的搾取しているのを放置していると非難されたことを受け、多数のコメントを削除し、チャンネルを停止したと発表した。この問題で、数社の大手企業が広告を引き上げたと報じられている。(2019/2/22)

坂口杏里、バイきんぐ小峠の浮気告発に非難の声 「なんて批判!」「関係ない浮気ネタをブッ込んでくる謎」
なんでブーメランって戻ってくるん(遠い目)。(2019/2/21)

責任の一端はメディアにもある:
Huaweiについて否定的な報道が目立つ4つの理由
ハイテク技術のスクープ記事を担当する記者としてHuaweiをレポートすることは、同社に対するバッシングが激しさを増している昨今は特に、難しい仕事だ。しかし幸運にも、深センにあるHuawei本社を訪ねる機会を得た。(2019/2/12)

防衛省、レーダー照射事案発生時の“音”公開 事案に関する「最終見解」も
韓国の一連の対応について「これまでの韓国側の主張が一貫しておらず信頼性に欠けるものであることを踏まえると、韓国側が事実とは全く異なる主張を繰り返していると結論付けざるを得ない」と強く非難。(2019/1/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
やはり元貴乃花親方は、“同じ穴のムジナ”だったのか
元貴乃花親方が騒動に巻き込まれている。弟子だった元幕内・貴ノ岩が弟弟子に暴力をふるい、引退することに。この“事件”についてコメントを求められても、元親方は知らんぷり。こうした対応について、関係者からは非難の声が出ていて……。(2018/12/21)

スピン経済の歩き方:
「専業主婦バッシング」が、日本社会のブラック化につながってしまう理由
朝の情報番組『スッキリ』で、MCの加藤浩次さんが「専業主婦であることに罪悪感なんて持たなくてもいい」とコメントしたところ、ちょっとした騒動に。労働者不足や働く女性が増えたこともあって、専業主婦に対するバッシングが厳しくなっているが、筆者の窪田氏はこうした風潮に違和感を覚えるという。どういうことかというと……。(2018/12/18)

「パンドラの箱が……」:
「ゲノム編集した双子」誕生か、中国で非難の嵐
遺伝子を改変する「ゲノム編集」技術を用いて初めて赤ちゃんを誕生させたと主張する中国の遺伝学者に対して、同国内で非難の声が高まっている。(2018/11/28)

「完全な嘘」「彼を父とは呼べない」 離婚裁判中の川崎麻世&カイヤ、長男が沈黙破り父を非難し反響
カイヤさんのブログでメッセージ。(2018/10/30)

極右のたまり場と非難されるSNS「Gab」一時閉鎖「新しいプロバイダーに移行して復活する」と予告
銃撃事件の容疑者が使っていたSNSのGabが、「あらゆるレベルのネットインフラプロバイダーからプラットフォームを奪われた」としてWebサイトを一時閉鎖している。(2018/10/30)

ロボット導入事例:
ブロンコビリーはなぜロボットを導入したのか「より良いもの求めて常に試行錯誤」
ステーキレストランチェーンのブロンコビリーは、店舗内でのバッシング(食器の片付け)やサラダバーの補充といった業務の支援を目的にロボットを導入した。同社はなぜロボットを導入したのか、担当者に聞いた。(2018/10/24)

ディルバート(575):
形勢逆転
鬼の首を取ったかのようにディルバートを非難する同僚くん。反論に対する様子は……あれ、焦ってるの?(2018/10/11)

トランプ大統領、「Google検索結果はフェイクメディア優遇」と非難ツイート
トランプ米大統領が、先月「Twitterは共和党員をシャドーバンニングしている」とツイートしたのに続け、「Googleの検索結果はフェイクニュースメディアを優遇している」とツイートした。(2018/8/29)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年6月版:
仮想通貨「Coinhive」をどう考えればよいのか
2018年6月のセキュリティクラスタは、「Coinhive」と「ルート証明書」に注目が集まりました。自サイトにCoinhiveを設置していた人物が書類送検された後、このような対応に対して警察や検察を非難するツイートが多くありました。もう一つの話題はルート証明書。銀行のWebサイトが行名の切り替えに当たり、ユーザーにルート証明書をインストールさせようとして、こちらもたたかれていました。6月最終週には「ZERO/ONE」編集長の岡本氏が刺殺されるという痛ましい事件が起こり、TLが悲しみに包まれました。(2018/7/10)

「スラム街の暮らしを肌で感じたい!」学生企画に批判 → クラウドファンディング中止に 支援者には全額返金へ
「スラム街の子供は自己満足のためのツールではありません」「勝手に行け」など非難の声が集まっていました。(2018/7/4)

mineo「通信の最適化」をファンイベントで陳謝、信頼回復でさらなる成長を目指す
ケイ・オプティコムが6月30日に「第3回 mineoファンの集い」を都内で開催。「通信の最適化」を事前告知なしで実施したことから非難を浴びていた。冒頭のあいさつから通信の最適化についての謝罪がなされるなど、ユーザーからの信頼回復を強く意識する姿勢が見られた。(2018/7/2)

mineoの「通信の最適化」は何が問題なのか?
ケイ・オプティコムが「mineo」で実施している「通信の最適化」が物議を醸している。なぜ非難が集中したのか。そもそも通信の最適化は何が問題なのか。(2018/5/15)

mineo、「通信の最適化」で謝罪 「事前に説明すべきだった」
ケイ・オプティコムが、MVNOサービス「mineo」で実施している「通信の最適化」について謝罪した。事前に説明せずに実施したことで非難が集中していた。通信速度を改善する施策の一環として実施した。(2018/5/7)

海賊版サイトブロッキング問題について複数団体が声明 「拙速に結論を決めている」と非難
「仮にブロッキングという国民の権利に直接関係する手法を検討するのであれば、立法に向けた十分な議論がなされるべき」(2018/4/11)

「荒野行動」運営が訴訟報道に対する見解発表 「弊社が開発し、パブリッシングしたバトルロイヤルゲーム」
デマに対する非難も。(2018/4/8)

「女性は土俵から降りて」救命活動中のアナウンスに非難 大相撲舞鶴巡業で
動画が拡散されています。(2018/4/4)

「NotPetya攻撃はロシア政府が関与」、英政府が公式見解
英外務省は、2017年の大規模サイバー攻撃にロシア軍が関与したことはほぼ確実だとの見解を示し、ロシア政府を非難した。(2018/2/16)

YouTube、青木ヶ原樹海で遺体を撮影して炎上したYouTuberの広告掲載を一時的に停止
最近もネズミの死骸に電気ショックを与える動画で非難が寄せられていました。(2018/2/11)

「プリキュア」無料配布DVDの転売に「恥を知るべき」「大人のすることではない」と非難 → バンダイの見解は
メルカリやヤフオク!ではおおむね1枚500円前後で取引されているようです。(2018/2/8)

Facebook、「SNSは民主主義に悪影響を与えることもある」と認める
米大統領選での虚偽ニュース拡散を助けたとして非難されているFacebookが、「SNSは民主主義にとって悪影響を与える可能性がある」と認め、改善に務めるという姿勢を示した。(2018/1/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
サッカー日本代表はハリル監督で大丈夫なのか
サッカー日本代表、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に対するバッシングが止まらない。ネットを見渡せば、彼にまつわる批判記事のオンパレード。ロシアW杯開幕まで半年ほどしかないのに、このままで本当に大丈夫なのか。(2017/12/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「横綱、白鵬」を野放しにしてきた責任は誰にあるのか
元横綱・日馬富士の傷害事件に関連して、横綱・白鵬に対するバッシングが止まらない。「大横綱」として持ち上げられていたときにも、白鵬の言動や品格について横審から異論が出たことはあったはず。それなのになぜ野放しにしてきたのか。(2017/12/22)

FacebookやGoogle、虚偽ニュース対策の「Trust Project」で75以上のメディアと協力
ロシアによる大統領選挙介入を看過したとして非難されているFacebook、Google、Twitterが、虚偽ニュース対策の一環として、コンテンツの信頼性判断を助けるプロジェクト「Trust Project」に参加し、メディアが記事に付ける「インジケーター」を表示していく。Microsoftも同プロジェクトに参加した。(2017/11/17)

「嘘だろ」「業務妨害ですね」缶入りスープの変色訴えたTwitterユーザーに非難集中 → ローソン「加熱で劣化の可能性ある」
製造元であるポッカサッポロにも問い合わせました。(2017/11/2)

手記「Black Box」刊行:
「レイプ被害者の救済システムが必要」伊藤詩織さん会見
10月18日に手記「Black Box」を刊行した伊藤詩織さんが、日本外国特派員協会で記者会見を行った。「特定の誰かやシステムを非難するだけでは何も変わらない」と語る詩織さんの会見を、一部書き起こしで掲載する。(2017/10/24)

鈴木砂羽の初演出舞台、直前でキャスト2人が降板決意 「人道にもとる数々の行為」と非難
「演出家と演出助手が揃ってふんぞり返り……」と内実を明かしています。(2017/9/12)

24時間テレビ、羽生結弦選手が告白した小児ぜん息について「病気を言い訳にせず」とツイートし物議 視聴者から非難の声
ぜん息は死亡例もある病気。(2017/8/27)

「ウルトラマンブランドを著しく毀損し、断固として非難すべき」 円谷プロ、中国アニメ映画のウルトラ無断利用に声明発表
中国企業らに「法的措置を含む断固とした措置」を行うとのこと。(2017/7/19)

キー入力内容の収集がもたらすリスク
「Windows 10」のプライバシー保護を強化する簡単な方法
「Windows 10」でデータを収集するMicrosoftの行為は、同OSのリリース当初から非難の的になってきた。Windows 10のデータ収集は、プライバシー問題を巡って火に油を注ぐことになりかねない。(2017/6/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。