ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「btrfs」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「btrfs」に関する情報が集まったページです。

Synology、ビジネス向けのコンパクトな1Uラックマウントストレージ「RackStation RS819」
アスクは、Synology製の1Uラックマウント型ストレージキット「RackStation RS819」の取り扱いを開始する。(2019/4/15)

ファイル管理も新たな時代へ
次世代のファイルシステム4種、それぞれの特徴は?
コンピューティングやデータセンターの変化に伴い、ファイルシステムも進化しなければならない。本稿では、ファイルシステムの現状と今後の方向性について考える。(2018/11/16)

Linux基本コマンドTips(185):
【 findmnt 】コマンド――マウントポイントをツリー状に表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、マウントポイントをツリー状に表示したり、マウント済みのファイルシステムを探したりする「findmnt」コマンドです。(2018/2/22)

今どきのNASでWindowsファイルサーバは断捨離できるか!?:
第2回 WindowsファイルサーバをNASで断捨離する際のチェックポイント
WindowsファイルサーバをNASに置き換えても、問題はないのか? 既存のファイルなどはそのまま移行できるのか? NASのさまざまな機能をチェックしてみる。(2018/1/23)

NASに保存したファイルを過去のバージョンに自在に復元する方法
家庭内のデータをまとめて保存し、複数のデバイスから利用できるストレージとして注目を集めているのがNASだ。NASに保存したファイルを、過去のバージョンに自在に復元できるSynology NASの新機能、「Snapshot Replication」を紹介しよう。(2017/3/28)

初心者にもできる! SynologyのNASキットで作る、快適データ保存環境
スマホやタブレット全盛の今、家庭内のデータをまとめて保存し、複数のデバイスから利用できるストレージとして注目を集めているのがNASだ。今回はSynologyのNASキットを例に、ドライブの組み込みからセットアップ、そして実際に使えるようになるまでの流れを、写真とスクリーンショットを中心に紹介しよう。(2016/12/20)

SOHO/中小企業に効く「NASキット」の選び方(第4回):
即戦力で使える台湾メーカー3社のおすすめNASキットは?
法人はもちろん、家庭でもネットワークストレージの「NAS」が普及する中で、近頃存在感を増しつつあるのがQNAPやSynology、ASUSTORなどの台湾メーカーが手掛ける「NASキット」だ。そんなNASキットの選び方を紹介する本連載の最終回は、即戦力で使える各社のおすすめ製品を各社の型番の命名ルールとともに紹介しよう。(2016/5/19)

長期休暇明けに潜むHDDトラブルの“落とし穴”:
PR:ゴールデンウィーク(GW)明けに発生するサーバ/RAIDトラブルで泣かないために――“復旧のプロ”が教えるチェックポイントと対処方法とは?
ゴールデンウィーク(GW)や年末年始など、長期休暇での旅行やレジャーを楽しみにしている人は多いだろう。だが、システムを運用するエンジニアやIT管理者は、この時期は特に注意が必要だ。長期休暇の余韻を一気に吹き飛ばす、思わぬサーバ/RAIDのトラブルに遭遇するかもしれないからだ。(2016/4/28)

最新OS「DSM 6.0」でいち早く試す:
Synologyが放つ最新鋭NAS「DiskStation DS216+」実力診断
2015年に国内NAS市場へ本格参入して以来、着実にその存在感を増している新興メーカーのSynology。その最新モデル「DiskStation DS216+」と最新OS「DSM 6.0」をいち早くチェックした。(2016/3/16)

Synology、4K動画変換にも対応した中小企業向け2ベイNAS「DiskStation DS216+」
アスクは、Synology製となる中小企業向け2ベイNAS「DiskStation DS216+」の取り扱いを発表した。(2016/1/29)

NASを買うなら知っておきたい:
国内で急成長しているSynologyのNASはどこが違う?
急速に成長する新興NASメーカー、Synologyが秋葉原でイベントを実施。国内市場のシェア拡大に乗り出す。(2015/10/8)

Ceph/RADOS入門(2):
Ceph/RADOSの実装から動作の仕組みを理解する
OpenStack環境下の分散ストレージとして注目を集めるCeph/RADOS。今回は各コンポーネントを深掘りして挙動を理解していく。分散の仕組みや特徴を理解することで、より良いシステム構成検討を目指そう。(2014/11/10)

Linux Kernel Watch:
Linux Storage Filesystem/MM Summit 2014からの便り
お久しぶりです、Linux Kernel Watchが帰ってきました。3月に行われた「Linux Storage Filesystem/MM Summit 2014」の主なトピックを紹介します。(2014/4/23)

実験的にBtrfsを用いたストレージドライバーも搭載:
OS Xに正式対応した「Docker 0.8」リリース
オープンソースのコンテナ型仮想化ツールの最新版、「Docker 0.8」が2月4日にリリースされた。このバージョンからOS Xに正式対応している。(2014/2/10)

GPU対応機能も改善:
Linuxカーネル3.12公開、オフライン重複排除などを実装
Linuxカーネルの新バージョン「Linux 3.12」が公開された。Btrfsファイルシステムのオフライン重複排除機能などを実装した。(2013/11/6)

MIPSアーキテクチャもKVMに対応:
Linux 3.10登場、SSDキャッシュやRadeonをサポート
リーナス・トーバルズ氏は、Linuxカーネル3.10をリリースした。SSDをキャッシュとして利用する仕組みなどが追加された。(2013/7/3)

ファイルシステム周りでいくつかの改善:
さらば386プロセッサ――Linuxカーネル 3.8、リリース
Linuxカーネルの最新版となる「Linux 3.8」が2月18日に公開された。ファイルシステム周りでいくつかの改善が盛り込まれた一方、事前に伝えられていた通り、386プロセッサのサポートは打ち切られた。(2013/2/21)

VXLANプロトコルも追加:
Linuxカーネル 3.7リリース、複数のARMプラットフォームをサポート
複数のARMプラットフォームをサポートしたLinuxカーネルのメジャーアップデート、「Linux 3.7」がリリースされた。(2012/12/12)

仮想環境でのI/O性能を改善するVFIOも:
TCP高速化などを図ったLinuxカーネル3.6、リリース
(2012/10/2)

ノベル、「SUSE Linux Enterprise 11 SP2」リリース カーネル3.0を搭載
ノベルは、エンタープライズ向けLinuxディストリビューションの最新版を発表。カーネル3.0を搭載したほか、新たにOS仮想化技術などをサポートした。(2012/3/27)

作りながら理解するファイルシステムの仕組み(11):
tarファイルシステムをAndroidに組み込む!!
最終回では、前回使用したAndroid搭載ボードにオリジナルのファイルシステム「tarfs」を組み込む方法を紹介する!(2011/3/10)

「MeeGo 1.0」がリリース、まずはネットブックに対応
モバイル端末向けプラットフォーム「MeeGo 1.0 Core Software Platform」がネットブック向けのエディションとともにリリースされた。今後はスマートフォン向けなどにエディションを拡大する予定。(2010/5/31)

作りながら理解するファイルシステムの仕組み(2):
素晴らしきファイルシステムのデータ管理
ファイルシステムが一体どうやってデータを管理しているのか? 単純な例を挙げながらその仕組みを詳しく解説しよう(2010/3/2)

Apple、Mac OS X向け「ZFS」プロジェクトを閉鎖
Appleは、「Max OS X」向けの「ZFS」を開発するオープンソースプロジェクトを閉鎖した。Sunを買収する計画を発表している米Oracleが「btrfs」を開発していることから、ZFSの開発を継続しないと予想されることが影響したとみられる。(2009/10/26)

「Fedora 11」α版がリリース、ext4が標準ファイルシステムに
「Fedora」最新版ではext4を標準ファイルシステムに採用、「btrfs」ファイルシステムもサポートする。(2009/2/6)

ext3の後継者争いも激化の方向に
この春にリリースされるFedoraやUbuntuの新バージョンでは、ext4のサポートが進んでいる。ext3の後継ファイルシステムについて2009年は議論が進みそうだ。(2009/1/29)

Ottawa Linux Symposium――第1日
Linuxの最新動向が知りたい方にとって、Ottawa Linux Symposiumは絶好の機会である。先日開催された第9回Ottawa Linux Symposiumの様子をお届けしよう。(2007/7/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。