ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Business Technology Optimization(BTO)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Business Technology Optimization(BTO)」に関する情報が集まったページです。

米HPに聞く、“フォーティファイ買収の背景”:
米HP「Webアプリの品質、セキュリティの問題を“元から断つ”」
Webアプリケーションの品質およびセキュリティに関する問題を根本的に排除する――。具体的なアプローチについて担当者に聞いた。(2010/11/5)

米HPに聞く、“フォーティファイ買収の背景”:
米HP「Webアプリの品質、セキュリティの問題を“元から断つ”」
(2010/11/4)

HP、企業向けセキュリティ企業のFortify Softwareを買収
Fortifyのセキュリティ分析製品を、企業のビジネス技術の最適化を支援するソリューション「BTO」のポートフォリオに組み入れる。(2010/8/18)

変革期をリードするIT経営者:
【第2回】 ビジネスイノベーションをリードするCIOの役割と主要課題
企業における情報システムの役割が変化しつつある。生産リードタイムの短縮などの業務的効果を狙うものが主流だ。そのとき舵取り役としてのCIOは何をすればいいのか。(2010/4/19)

パナソニック電工IS、「BTO Club」に協賛を表明
1月に開設したソフトウェア開発とテスト技術者向けコミュニティーサイト「BTO Club」に、パナソニック電工ISが協賛を表明した。(2010/3/2)

開発者、テスト技術者のためのコミュニティサイトがオープン:
厳しい開発・テストに対する悩みや課題を共有
(2010/1/28)

HPの戦略に沿ったコミュニティーサイト「BTO Club」が開設
HPのBT戦略に沿ったコミュニティーサイト「BTO Club」がBTO Club事務局によって開設された。まずはBTO(Business Technology Optimization)の領域でコミュニティー化を狙う。(2010/1/26)

ALMベンダーの動向を探る:第4回 日本HP
ビジネス駆動型ALMで目指す“アプリケーション品質の向上”
ユーザー要求に合致しないシステムは“無用の長物”となり、その投資も回収できなくなる。こうしたビジネスとITのギャップはシステムの寿命を縮め、企業の体力も浪費する。ALM導入はその解決策となるだろうか。(2009/12/21)

ITマネジメントの無駄を省き、戦略的なIT投資を支援:
HP、「HP BTO software」シリーズに2つの新製品を追加
(2008/12/10)

HP、ノートPC好調で増収増益
HPの5〜7月期決算は、前期に続けて売上高、純利益ともに2けたの伸びを示した。(2008/8/20)

サービスセントリックな企業ITを目指す:
日本HP、ITILv3準拠のプロジェクト管理ソフトウェアをリリース
日本HPはITILv3ベースのプロジェクト管理ソフトウェアでユーザー企業のビジネス部門とIT部門のギャップ解消を目指すという。(2008/7/29)

HP Software Universe 2007 in Barcelona Report:
ソフトウェアリーダーへ、躍進するHPソフトウェア
降り注ぐ日差しのまぶしいバルセロナで「HP Software Universe 2007」が開幕した。HP Softwareシニアバイスプレジデントのトム・ホーガン氏は「グローバル第6位のソフトウェアベンダーとなった」とアピールした。(2007/11/28)

データセンターの自動化に本腰 BTOを強化するHP
HPはBTOと呼ばれるソフトウェア分野を強化している。11月26日にスペイン・バルセロナで、データセンターの自動化ツールを発表。運用管理エリアの製品ポートフォリオの拡充している。(2007/11/27)

日本HP、開発の最適化を図るソリューションを強化
日本HPは、アプリケーション開発時の品質管理ソリューション「HP Quality Center」と性能検証ソリューション「HP Performance Center」を強化した。(2007/8/29)

HP、データセンター自動化のOpswareを買収
HPが、Opswareを約16億ドルで買収、ソフトウェア事業の強化を図る。また、シンクライアントのNeoware買収も併せて発表している。(2007/7/24)

HP、Bristol Technology買収でソフトウェア事業を強化
米HPが、Bristol Technologyを買収する。2006年のMercury Interactive買収に続く動きで、同社のビジネス技術最適化分野の強化を図る。(2007/2/6)

HP、Mercuryの買収完了
HPが、IT管理ソフトベンダーのMercuryの買収を完了、ソフトウェア事業を強化する。(2006/11/9)

Mercury Interactive、Systinetを買収
米Mercury InteractiveはSystinetを1億500万ドルで買収、SOA事業の強化を図る。(2006/1/10)

元アドビの石井氏、マーキュリー・インタラクティブの社長に
BTOのリーダー、マーキュリー・インタラクティブ・ジャパンは10月7日、アドビでエンタープライズ事業拡大を指揮した石井幹氏を社長に迎えたことを明らかにした。(2005/10/7)

Interview:
QAの革新なくしては、世界水準のソフトウェアはつくれない
ソフトウェア開発におけるQAの重要性が日本においても認知されつつある。サイボウスでは、マーキュリーの製品を導入してQAプロセスを一新するプロジェクトを積極的に推進中だ。そのプロジェクトのリーダーである加藤大受氏が、QAの現状、サイボウズの新しい挑戦を語った。(2005/1/14)

[Special Interview]:
電気通信大学 西康晴氏に聞く、テスト技術の未来
ソフトウェア開発におけるテストの重要性が年々高まってきている。しかし、開発現場の状況はいまだ多くの混乱に満ちているといってもいい。極端にいえば、開発工数の9割にも達するといわれるテスト工程が直面する危機的な状況について電気通信大学の西康晴氏に聞いた。(編集局)(2004/3/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。