ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Citrix Delivery Center」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Citrix Delivery Center」に関する情報が集まったページです。

Googleのメッセージは届いていない
君は「Chrome Enterprise」という選択肢を知っているか
企業デスクトップの選択肢の一つとして「Chrome Enterprise」がある。だが、Googleは顧客にメッセージを十分に伝えきれていないようだ。(2019/2/5)

Citrix、Microsoft、Parallels、VMware製品の機能を紹介
「仮想デスクトップ」をモバイルデバイスで利用 主要4ベンダーの機能を比較
従業員のモバイルデバイスから仮想デスクトップや仮想アプリケーションを利用できるようにしたい――。そう考えるIT担当者は、ベンダー各社が提供する機能について押さえておこう。(2018/8/30)

配信方式、アプリの種別、使用感、セキュリティ……
アプリケーション仮想化ツール選びはここを見よ 重要な6つの検討事項
アプリケーション仮想化ツールを選択する際には、使用しているアプリケーションのタイプを把握し、自社に必要なセキュリティのニーズなどを認識しなければならない。6つの重要な検討事項をまとめた。(2018/8/14)

Pixelbookを1カ月使ってみた(後編):
Android&Windowsアプリも快適に使える「Google Pixelbook」
Pixelbookではどのようなアプリが使えるのか。クラウドストレージとの連携は容易なのか。WindowsアプリやOffice 365の使い勝手はどうか。仕事で使うことを前提に使用感を紹介する。(2018/6/20)

Webブラウザをコンピュータに(後編):
WindowsをChrome OS系OSでリプレースするための現実解
Webブラウザベースアプリの増加はChrome OS系OSにとって追い風だが、Windowsネイティブアプリの存在がWindowsからの移行を阻害している。だが、その問題にも解決策はある。(2018/5/23)

「Linux Virtual Desktop」のサポート対象は?
Windowsでなくてもいいかも、VDIで高まる「Linuxデスクトップ」の可能性
仮想デスクトップインフラ(VDI)の主流は依然としてWindowsだが、オープンソースデスクトップを使いたければ、その選択肢も用意されている。(2016/12/1)

「Chromebookシンクライアント」のススメ
「Chromebook」を買うべき人、買って後悔する人を分ける条件
全ての用途に最適だとは限らないものの、「Chromebook」をシンクライアントデバイスとして生かすメリットは少なくない。主要なメリットを深掘りする。(2016/7/11)

XenApp/XenDesktopの導入コストを下げる
「Raspberry Pi」搭載端末が1万円以下、CitrixのVDIクライアントは買いか
CitrixはRaspberry Piと共同で超低価格のシンクライアントを開発する。リモート表示プロトコルのHDX用に最適化し、XenAppおよびXenDesktopの導入コストの削減を狙う。(2016/6/23)

製造ITニュース:
製造業を支援する新機能、シトリックス「XenApp/XenDesktop7.8」
シトリックスが仮想デスクトップ/アプリケーション製品「XenDesktop7.8」「XenApp7.8」の説明会を開催。ユーザーエクスペリエンス/管理運用性の向上を実現する新機能は製造業ユーザーにも朗報だ。(2016/3/25)

管理者は肝に銘じるべし
仮想化をめぐる間違った常識ワースト10
ベストプラクティスは本来、管理者による大きな失策を回避するためのものだ。だが頻繁に指摘されるアドバイスの中には、間違っているものもある。本稿では、そうした間違ったプラクティス10選を紹介する。(2015/7/30)

シトリックス、XenApp/XenDesktop 7.6に機能追加 専用マウス・Linux対応も
Citrix Workspace Suiteを構成する主要コンポーネント製品の最新アップデートを提供する。(2015/6/30)

5年越しの「Workspace Cloud」披露:
Citrixが見せた、IoTアプリと“近未来の会議”
Citrixが年次カンファレンス「Citrix Synergy 2015」を米国フロリダ州オーランドでスタート。基調講演では、XenAppへのコミットや新製品「Workspace Cloud」の開発背景が語られたほか、IoTプラットフォームを使った“近未来の会議”のデモが行われた。(2015/5/14)

TOTO、製品設計支援システムを刷新 VDI化で開発期間の短縮目指す
TOTOが製品の開発、設計支援システムを刷新。事業部ごとに導入していたインフラを統合し、データセンターへと集約した。サーバにはレノボのx86サーバ「Lenovo System x iDataPlex」を採用している。(2015/5/14)

CAEニュース:
「CAE on VDI」環境がTOTOの商品開発の効率化を実現
レノボ・ジャパンは、TOTOのCAE基盤にデータセンター向けx86サーバ「Lenovo System x iDataPlex」が採用されたことを発表した。(2015/5/14)

Windowsのデスクトップ環境、そのまま安価なGoogle PCで――Citrixと強力タッグ
デスクトップ環境の仮想化により、新しい働き方を提案するシトリックスが、Google PCことChromebookに最適化した「Citrix Receiver for Chrome」の提供を開始。低価格な端末と使いやすくなったリモートアプリが強力なタッグを組んだ。(2014/10/23)

一人情シス・イシノにきく Chromebook導入のカギ:
Chromebook&仮想デスクトップで情シスも大喜び
Webブラウザだけでできることが増えたとはいえ、完全な環境とまではいかなかった。どうすればコストキラーのChromebookを諦めずにこれまでの環境を維持できるのか。答えは「仮想化」にあった。(2014/9/5)

GoogleのChromebook、「Citrix Receiver for Chrome」でサーバのアプリを利用可能に
仮想化サーバ「XenApp」のクライアントアプリ「Citrix Receiver」のChromebook版が公開された。これによりオンプレミスアプリを含む企業のサーバ上のアプリをChromebookからセキュアに利用できるようになる。(2014/8/22)

Citrix Synergy 2014 Report:
BYODにも着手 デスクトップ仮想化で業務を変えた米製造業と豪銀行
2日目となった米Citrixの年次カンファレンス「Citrix Synergy 2014」。午前のキーノートでは、同社のソリューションをフル活用して業務改善に取り組むユーザーが登場した。(2014/5/8)

NEWS
遠隔画像診断サービスのシステム基盤に仮想インフラを採用、ドクターネット
物理サーバ環境をVMware vSphereに移行し、仮想化基盤で9台のXenAppサーバを稼働。読影医向けの画像ビュワーやオペレータが利用する業務アプリケーション、オフィスソフトなど30種類のアプリケーションを利用している。(2013/7/30)

ネットワールド、トークンレスでCitrixの仮想化環境にアクセスするソリューション
ネットワールドとパスロジが協業し、XenDesktopやXenAppへPCやモバイル端末からアクセスするための認証ソリューションを提供する。(2013/7/1)

年次イベント「Citrix Synergy 2013」が開幕:
モバイル、モバイル、モバイル!〜Go to Mobileを推進するシトリックス
米シトリックスの年次イベント「Citrix Synergy 2013」では、「XenDesktop 7」や買収したZenpriseのMDM技術を統合した「Worx Enroll」「Worx Home」といった製品が紹介された。(2013/5/23)

クラウドで仕事はどう変わる?:
PR:走る起業家、モバイルセキュアデスクトップを体験する
誠 Biz.IDで「Re:Work!」を執筆中の三河賢文さんは、約100名のパートナーとやりとりしながら業務を行い、自身も遠方でマラソンに参加するなどオフィスを離れることが多い。モバイルセキュアデスクトップを導入して1カ月。三河さんの仕事は効率アップしただろうか?(2013/3/11)

活用される仮想化技術
iPadやChromebookで利用、企業はモバイルアプリをどう構築・運用しているか
モバイルアプリケーションを社内で利用するには幾つかの方法がある。仮想化技術を使ってアプリケーションをモバイル対応させ、iPadやChromebookで利用している企業の事例を紹介する。(2012/11/26)

「Project Avalon」は“ExcaliburとMerlin”へ進化:
シトリックス、シスコとのパートナーシップをさらに強化
シトリックスは10月17日(現地時間)、スペイン・バルセロナで「Citrix Synergy 2012 Barcelona」を開幕。基調講演で、同社CEOのマーク・テンプルトン氏がシトリックスの製品アップデートや「Project Avalon」の進ちょく、さらにはシスコとのパートナーシップ強化などを発表した。(2012/10/18)

Citrix iForum 2012 Report:
モバイルワークスタイルを実現するCitrixの製品戦略
Citrixは仮想デスクトップからクラウドインフラまで広範な製品領域をカバーする。こうした製品展開は、「モバイルワークスタイル」が次世代の企業ITの“常識”になるとの方針に基づくものという。(2012/7/18)

Citrix iForum 2012 Report:
CitrixのCEOが語った次世代ワークスタイルとクラウド像
シトリックスがユーザー向けカンファレンスを都内で開催。米CitrixのテンプルトンCEOは、「どこでも仕事ができ、どこへでもITサービスを提供できるようにする」との同社のビジョンを披露した。(2012/7/17)

シトリックス、モバイルワーカーとデータセンターをつなぐ製品をリリース
データセンター向けソリューションの「Citrix CloudGateway 2」とクライアント向けの「Citrix Receiver」の新バージョンを提供する。(2012/7/12)

Citrix Synergy 2012 レポート:
モバイルワークスタイルとクラウドサービスをつなぐ――新製品群が多数登場
Citrixは年次カンファレンス「Citrix Synergy 2012」で多数の新製品やサービス、新規プロジェクトを発表。国内での展開を含めて改めて取り上げてみたい。(2012/5/31)

XenDesktopとの違いは?
SMBに最適なオールインワンデスクトップ仮想製品「VDI-in-a-Box」
SMB向けに特化したVDIソリューション「Citrix VDI-in-a-Box」。VDIに必要な機能を網羅した仮想アプライアンスとして提供され、物理サーバ1台からVDIを始められる。本稿では、VDI-in-a-Box の機能の他、XenDesktopとの違いも解説する。(2012/5/17)

「Citrix Synergy 2012」が開幕:
“ライフスライス”によりふさわしいテクノロジを提供する〜シトリックスCEO
(2012/5/10)

シトリックス、業務アプリのモバイル対応を支援するプログラムを発表
Windows向け業務アプリケーションをスマートフォンやタブレット端末で利用するためのツール提供に合わせ、開発者を支援するさまざまな施策を展開する。(2012/4/25)

データセンター環境の物理/仮想リソース管理のコツ(2)
仮想マシンの適切なリソース管理でワークロードを効率化
データセンター運用では必須となるVMの新規作成。そのリソースを適切に割り当てるのは管理者の責任だ。リソースの割り当てが多過ぎたり、少な過ぎたりした場合、時間と費用の無駄が発生してしまう。(2012/4/4)

企業のワークスタイル変革の支援に注力、シトリックスの2012年事業戦略
シトリックスは、デスクトップ仮想化とクラウド環境の利用拡大に向けた戦略を展開すると発表した。(2012/2/24)

Windows Thin PCで本格的なシンクライアントを実現する:
第2回 Windows Thin PCを“本物の”シンクライアントに仕上げる
VDIのシンクライアントとして実運用ができるように、WinTPCをカスタマイズして使い勝手やメンテナンス性を高めよう。追加コストなしの実践ノウハウを解説。(2012/2/16)

Maker's Voice:
個人とクラウドをつなげる9つの施策――Citrix
クラウドを軸にした「Three PC」戦略を掲げる米Citrix。10月のカンファレンスで発表した最新の取り組みを国内メディアに向けて紹介した。(2011/11/17)

Citrix Synergy 2011 Barcelona Report:
Citrix、クラウド戦略の網羅的なアップデートを披露
「Three PC」戦略を掲げるCitrixは、スペインで開催中のカンファレンスでクラウド関連における多数の新製品や技術を発表した。この中から企業で関心の高い仮想デスクトップ関連の話題をレポートする。(2011/10/27)

Citrix iForum 2011 Japan Report:
PR:事業継続と多様なワークスタイルを両立するIT基盤の作り方、ユーザーとシトリックスの事例を一挙公開
東日本大震災を契機に、企業の事業継続計画(BCP)に対する取り組みの重要性が改めて認識されるようになった。また、社員の生産性を高めて企業競争力の向上を図ることも課題とされている。その2つの課題をどう解決すべきか――シトリックスが開催したカンファレンス「Citrix iForum 2011 Japan」で数多くの事例が披露された。(2011/10/21)

管理者/ユーザー、双方のアプリを紹介
Windowsを操作できるVMware公式iPadアプリの使い方
米VMwareがモバイルワーカー向けに提供するiPad用アプリケーションとして、管理者向けの「VMware vSphere Client for iPad」とエンドユーザー向けの「VMware View for iPad」の機能と利用方法を説明する。(2011/10/18)

スマートフォン&タブレット2011秋:
Windowsが動くLTEタブ&スマホ、さらにiPadも──ドコモの「モバイルセキュアデスクトップ」
スマートフォン&タブレット2011秋のNTTドコモブースで、Windowsを動作させたXiタブレットが展示されている。クラウドサービス「モバイルセキュアデスクトップ」で実現するという。(2011/10/12)

シトリックス、「iForum2011 持続可能なIT基盤を考える」を開催:
「BCPとは予測不能な世の中でも優れたビジネスを実現すること」
(2011/10/5)

シトリックス、デスクトップ仮想化製品の新バージョンを発表
シトリックスは、デスクトップ仮想化製品の最新版「Citrix XenDesktop 5.5」を発表。仮想デスクトップ画面の配信速度を3倍に高速化し、対応クライアントの種類も増やした。(2011/9/8)

3つのクラウドを“つなぐ”Citrixの製品戦略、CEOが来日会見
企業ITのコンシューマー化、クラウド化によって社員のワークスタイルやIT部門の役割が変わる――米CitrixのテンプルトンCEOは、このビジョンに基づいた製品戦略を披露した。(2011/7/7)

Windows 7の簡略版がついに登場
旧式PCでWindows 7の機能を実現する「WinTPC」リリース開始
Windows 7の簡略版「Windows Thin PC」がリリースされた。メモリやCPUの性能不足からWindows 7をインストールできないPCでも、これを使えばWindows 7の機能を利用することができる。(2011/7/5)

XenClient 2技術プレビュー版レビュー
大規模運用を実現するクライアントハイパーバイザー「XenClient 2」誕生
米Citrix Systemsは2011年5月末、クライアント向けベアメタル型ハイパーバイザーの新バージョン「XenClient 2」の技術プレビュー版をリリースした。対応ハードウェアを拡大すると共に、企業利用に必須の管理サーバ機能を拡充している。 (2011/7/5)

NECが「仮想デスクトップ+どこでも印刷」の試作システムを開発、2011年度中に商用化も
NECはクラウド基盤を利用して、PCや携帯端末から仮想デスクトップ環境にアクセスでき、コンビニなどの複合機で印刷もできるシステムを開発した。2011年度中の商用化に向けて複数企業と協議を進めている。(2011/4/21)

ドコモ、モバイル向け仮想デスクトップサービスを提供
NTTドコモは、デスクトップサービスとオンラインストレージ、セキュリティ対策機能を標準搭載したモバイル向けクラウド型仮想デスクトップサービス「モバイルセキュアデスクトップ」を2月17日から提供する。(2011/2/14)

デスクトップ仮想化が企業ITにもたらす変化――Citrixの見方
仮想化ベンダーのCitrixは、デスクトップ仮想化の導入を企業に訴求する。デスクトップ仮想化によって企業のIT環境はどのように変わるものなのか――。同社の事業責任者に話を聞いた。(2010/11/9)

「モバイルDBのマーケットを創出する」――ファイルメーカー エプリング社長
10月29日に開催されたFileMakerカンファレンスの会場では、iOSデバイスとFileMaker Goを組み合わせたソリューションが多く取り上げられていた。ファイルメーカーのエプリング社長もモバイルDB市場に手応えを感じているようだ。(2010/11/2)

スマートフォンやタブレットを業務利用するインフラ――IIJが今秋から提供
IIJは、スマートフォンやタブレット型端末をビジネスで利用するために必要な管理基盤やネットワーク、アプリケーション環境を包括的に提供する。(2010/9/30)

シトリックス、モバイルPCのデータ保護を強化する新機能を発表
シトリックスは、オフライン環境で利用できるクライアントハイパーバイザーと、データ暗号化機能の提供を発表した。(2010/9/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。