ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CLON」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CLON」に関する情報が集まったページです。

CLON Labの人工対話エンジン、「雪見だいふく」のプロモーションに採用
「雪見だいふく」のモバイルプロモーションに、CLON Labの人工対話エンジンが採用された。キャラクターとの対話を通じて、定期的に製品を想起させられるという。(2009/9/2)

CLON Lab、企業向けコンシェルジュサービスのプロトタイプを発表
CLON Labが、企業向けに提供するコンシェルジュサービスのプロトタイプを発表。「CLON」の“対話エージェント”を切り出し、ソリューションとして提供する。(2009/7/17)

リリースダイジェスト(3月11日)
イー・モバイルのPCカード型通信カードをUSBポートで使えるようにするアダプタ、CLONの対話エージェント機能強化、最大サイズ427×240ピクセル、最大ビットレート600kbpsの動画をケータイ向けに配信できるライブ配信サービス「PrimeStage ケータイ生配信」、など。(2009/3/11)

対話エージェントに新たな人工対話技術――「CLON」に交換日記機能
(2009/1/30)

ユーザーの分身とコミュニケーションできる「CLON」に「知性カスタマイズ」機能などを追加
(2008/12/10)

自分の分身を作れる「CLON」で海外旅行などが当たるキャンペーン
(2008/11/10)

10月4日〜10月10日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
10月9日、幕張メッセで「東京ゲームショウ2008」が開幕。ドコモやKDDIもブースを展開し、ケータイゲームの楽しさをアピールした。10月7日にはTCAが9月の契約数を発表。ソフトバンクモバイルが純増首位を守ったものの、ドコモもそれに迫る純増数を獲得した。(2008/10/14)

一足お先にケータイコンシェルジュ、始めます――「CLON」、対話型エージェントサービス開始
ユーザーのニーズを汲んで、最適な情報をプッシュ配信する――。こんな携帯向けのエージェントサービスが注目を集めている。ドコモやKDDIが導入に前向きなこのサービスを、一足さきに提供するのがCLON lab。ユーザーとの会話から好みを把握し、それを反映した情報配信を開始する。(2008/10/7)

キャラとの会話で欲しい情報が集まってくる──携帯サイト「CLON」に新機能
自分の分身「クロン」との会話を楽しむ携帯サイトに、ユーザーの興味を推測し、最適なコラムを紹介する機能が加わった。サービスを受動的に利用していても最適な情報が得られる“プッシュ型メディア”を目指す。(2008/10/7)

CLON Lab、第三者割当増資を実施――資本金1億4000万円調達
(2008/8/25)

分身とのコミュニケーションを楽しめる「CLON」、500万アクセスを突破
(2008/5/28)

行動ターゲティングの新しい形:
なぜ、“分身との会話”なのか――「CLON」のビジネスモデル(後編)
“ケータイに住む分身”とのコミュニケーションを楽しむ「CLON」。そのビジネスモデルの核となるのが、“会話”だ。会話を通じて利用者の“旬な”趣味嗜好を把握することで、ユーザーニーズにマッチした情報の配信を目指す。(2008/5/21)

行動ターゲティングの新しい形:
会話でケータイの中の分身が進化する――「CLON」ってなんだ?(前編)
会話を重ねるごとに、ケータイの中の分身が進化する――。こんなコミュニケーションサービス「CLON」を提供するのがCLON Labだ。毎日異なる分身からの質問にユーザーが答えることで趣味嗜好が蓄積され、CLON Labではそれに応じた情報や広告を配信するビジネスモデルの構築を目指す。(2008/5/8)

ケータイ内の“分身”とコミュニケーションを楽しむ「CLON」――、3週間で200万PV突破
(2008/4/25)

もう1人の自分がケータイに――“分身”で楽しむコミュニケーションサービス「CLON」
ケータイの中に住む分身がユーザーとのコミュニケーションで成長し、話し相手やアドバイザーになってくれる――。こんな携帯を使ったコミュニケーションサービスとして登場したのが「CLON」だ。分身となるクロンは語感分析に基づいて生成され、他のクロンとの相性診断や交流も楽しめる。(2008/4/2)

CLON Lab、次世代ケータイコミュニケーションメディアの実現に向け第三者割当増資を実施
(2008/3/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。