ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エージェント機能」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エージェント機能」に関する情報が集まったページです。

ドコモの「iコンシェル」、iモード版の提供終了 スマホ版は後継サービス「my daiz」に移行
NTTドコモは、ユーザーの住んでいる地域の天気など生活情報を発信するサービス「iコンシェル」のiモード版の提供を2023年6月30日で終了する。併せて、キャラクターに話しかけるだけでサービスを利用できる「しゃべってコンシェル」も同日で終了する。(2022/7/19)

国際ウエルディングショー:
後継者不足など溶接現場の課題解決へ、現場の見える化や技能継承に貢献
パナソニック コネクトは「2022 国際ウエルディングショー」(2022年7月13〜16日、東京ビッグサイト)において、同年4月に発売した統合溶接管理システム「iWNB for Welding Machines」やフルデジタル溶接機「YD-400NE1」などを紹介した。(2022/7/15)

AI×教育でミドル層の生徒を磨く 過去20年の記録で最適な学習ポイント導く スプリックス・常石社長
1校舎当たりの生徒数が最も多い個人指導塾「森塾」を運営、傘下に進学塾「湘南ゼミナール」などを置くスプリックスの常石博之社長は、AIを取り入れた教材開発などユニークな取り組みを進めている。(2022/6/29)

不動産テック:
注目の“メタバース”で住宅業界は進化するか?アバター内見など、スウェーデンハウスらが示す未来像
コロナ禍では、あらゆる業種で、オンライン関連サービスの普及が進んでいる。「リアルからバーチャルへ」という社会状況の変化に、住宅業界はどこを目指して進めばよいのか。スウェーデンハウス、野原ホールディングス、homieの3社が、Web戦略のいまと、メタバースの利用も視野に入れた未来像を語った。(2022/5/25)

副業マッチングサービス「lotsful」事業責任者に聞く:
「副業マーケター」に今、何が期待されているのか?
社会環境の変化を背景に副業への関心が高まっている。マーケティング職も例外ではない。どういうニーズがあるのか、副業市場で求められるマーケターになるにはどうすればいいのか。(2022/4/28)

高島屋オンラインストアで24時間365日対応 カラクリの「KARAKURI chatbot」を導入
高島屋は「高島屋オンラインストア」にカラクリの「KARAKURI chatbot」を導入した。「顧客の困りごと」の解決に24時間365日リアルタイムで対応し、コールセンターの応答率向上を目指す。(2022/3/29)

パーソルキャリア調べ:
転職した人の平均年齢、2021年は若手層の割合が増加 理由は?
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」が、dodaエージェントサービスを利用したビジネスパーソン約28万人の転職した年齢について調査を実施した。(2022/3/4)

ヤマダデンキとAmazonが作るスマートテレビのある日常――「FUNAI Fire TVスマートテレビ」誕生の理由
ヤマダホールディングスとアマゾンジャパンが協業し、船井電機製の「Fire TVスマートテレビ」を販売することになった。ある意味で「水と油」とも思える両者だが、どのような背景で協業することになったのだろうか。発表会の模様をお伝えする。(2022/2/17)

ヤマダデンキが「Fire TVスマートテレビ」を3月5日に発売 5万4780円(税込み)から
アマゾンジャパンとヤマダホールディングスが連携し、船井電機製の「FireTVスマートテレビ」を国内で展開することになった。2月17日からAmazon.co.jp上のヤマダデンキ公式ストアで予約販売を開始し、3月5日から出荷と店舗での販売が順次始まる予定だ。(2022/2/17)

「給与で会社を選ぶ人とは働きたくない」 人事担当の投稿が物議 “実名アカウント”の炎上リスク浮き彫りに
ある民間企業の人事担当者が、給与や待遇で会社を選ぶ人と働きたくないとしたツイートが物議を醸している。所属元と実名を明かしたアカウントでのこのツイートには、この企業が募集中の中途採用案件の待遇条件も相まって、賛否両論の声が挙がっている。(2022/2/4)

製品動向:
大和ハウス工業らが空中で操れるインターホン開発、目標は集合住宅共用部の総非接触化
大和ハウス工業は、神奈川県川崎市で2022年1月8日にオープンしたモデルルーム「マンションサロン」のエントランスで、パナソニックとアスカネットとともに、空中で操作できる「空中タッチインターホン」の実証実験を行っている。(2022/1/31)

就職人気から占う今後のIT業界:
最も平均年収が高いIT職種 2位は「プリセールス」 1位は?
転職サービス「doda」(デューダ)のパーソルキャリアが公開した「IT職種の平均年収ランキング2021」によると、「プロジェクトマネジャー」がIT職種で最も平均年収が高いことが分かった。(2022/1/26)

就職人気から占う今後のIT業界:
最も平均年収が高いIT業種 2位はシステムインテグレーター 1位は?
転職サービス「doda(デューダ)」のパーソルキャリアが公開した「IT職種の平均年収ランキング2021」によると、ITコンサルティングがIT業種で最も平均年収が高いことが分かった。(2022/1/25)

満足度の高い「転職エージェント」 4年連続で1位を獲得したのは?
oricon MEは「転職エージェント」と「ハイクラス・ミドルクラス転職エージェント」の満足度調査を実施した。転職エージェントの満足度ランキング2位には、同率で「dodaエージェントサービス」「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」の4社がランクインした。4年連続で1位になったのは?(2022/1/6)

平均年収は403万円:
平均年収ランキング 3位「MR」、2位「運用」、1位は?
2021年の全体平均年収は昨年から6万円減少し、403万円だった。(2021/12/27)

dodaが発表:
2021年版「IT職種の平均年収ランキング」 最も増加した職種は?
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」が、「IT職種の平均年収ランキング2021」を発表した。(2021/12/23)

昨年から2万円減:
女性の平均年収は345万円 上位を占めた職種は?
パーソルキャリアの運営する転職サービス「doda(デューダ)」が「女性の平均年収ランキング2021」を発表した。(2021/12/16)

「嫌なら勉強していい偏差値の大学に」 マイナビ“学歴フィルター”問題にひろゆき氏が持論 背景にある課題とは?
就職支援サービス「マイナビ」の運営事務局が、学歴フィルター“疑惑”のメールを就職活動中の学生に送信していた問題で、ひろゆきこと西村博之さんが、自身の公式Twitterアカウントに「嫌なら勉強して良い偏差値の大学に入ればよい」との持論を投稿した。(2021/12/8)

首都圏在住の1.6万人に誤送信:
学歴フィルター“疑惑”のメール誤送信、マイナビが「学歴による選別」を否定 「大東亜以下➈」の意味も明らかに
就職支援サービス「マイナビ」の運営事務局が、学歴フィルター“疑惑”のメールを就職活動中の学生に送信していた問題で、運営元のマイナビが12月7日、「不要な誤解を与えた」として謝罪した。(2021/12/7)

採用担当者が考えるWeb面接のデメリット 3位「通信トラブル」、2位「職場の雰囲気を伝えにくい」、1位は?
転職サイト「doda」を運営するパーソルキャリアは、8月〜9月に求職者、採用担当者を対象に実施したアンケートの調査結果を発表。採用面接は「Web面接」よりも「対面面接」を希望する求職者が多いことが分かった。(2021/10/29)

キャリアニュース:
2021年5月の転職求人倍率は1.85倍、前月比マイナス0.03ポイント
転職サービス「doda」が2021年5月の転職求人倍率を発表した。転職求人倍率は前月比−0.03ポイントとなる「1.85倍」で、求人数はコロナ前の2019年5月の約8割まで回復していることが分かった。(2021/7/1)

SNS活用などデジタルマーケ特化の転職エージェントサービス サイバーバズが提供
企業のSNSアカウントの運用やインフルエンザ―マーケティングを手掛けるサイバーバズの子会社が、デジタルマーケティングのスキルを持った人材に特化した転職エージェントサービスを始めた。業界初だという。(2021/6/21)

2020年度はフリーランスの55%が減収に:
理想は「生涯現役」でも自信があるのは「60歳代後半」まで プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が「フリーランス白書2021」を発表
プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会は「フリーランス白書2021」を発表した。2020年度の事業収益が前年度よりも減ったと回答したフリーランスは55.0%。生涯現役と考えている人が最も多かった。(2021/3/26)

キャリアニュース:
転職者の平均年齢は32歳、男女ともに調査開始以来最も高い年齢に
転職サイト「doda」が「転職成功者の年齢調査」の結果を発表した。2020年に転職した人の平均年齢は32.0歳で、男女ともに調査開始以来最も高い年齢となった。2020年に転職者が増えた職種は「技術系」のIT、通信分野で、全ての年代で増加した。(2021/3/4)

コロナ禍で即戦力求める傾向:
2020年に転職した人の平均年齢は? 08年以降で最も高齢に
パーソルキャリアによると、2020年に同社のサービスを利用して転職した人の平均年齢は32.0歳。コロナ禍で即戦力人材を求める傾向が強まり、調査を開始した08年以降で最も高くなった。(2021/2/22)

PR:変革期を迎える朝日新聞社のDX戦略 フリーランスエンジニアの採用に活路
(2021/1/13)

PR:求職者のニーズは「柔軟な働き方に対応する会社」へ 優秀な人材から選ばれる企業になるためには?
(2020/12/18)

正社員の平均年収、2020年は「409万円」 デューダが「平均年収ランキング2020」発表
20歳〜65歳までの正社員が対象の調査です。(2020/12/11)

データサイエンティスト、ITコンサル、プロマネの平均年収は? dodaが調査結果を発表
dodaが「平均年収ランキング2020」を発表。その中でIT関係の職種に注目してみた。プロジェクトマネジャー、ITコンサルタント、データサイエンティストなどの年収はどの程度なのか……?(2020/12/10)

職種別1位は819万円の……:
20年版、ビジネスパーソンの平均年収ランキング
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、「平均年収ランキング2020」を発表。2019年9月〜20年8月にdodaエージェントサービスに登録した約40万人のデータを元に、正社員として働く20歳〜65歳までのビジネスパーソンの平均年収と生涯賃金をまとめた調査。20年の全体の平均年収は……(2020/12/7)

Gartner Insights Pickup(156):
CIOが知るべき、2020年における5つのデジタル技術トレンド
CIO(最高情報責任者)はデジタル技術を理解するとともに、人々がデジタル技術をどのように利用し、体験するかを理解する必要がある。顧客のデジタル体験に大きな影響を及ぼす5つのトレンドを紹介する。(2020/5/1)

キャリアニュース:
2020年3月の転職求人倍率を発表、求人数は微増
転職サービス「doda」が、2020年3月の転職求人倍率を発表した。転職求人倍率は前月比0.02ポイント増の2.54倍で、求人数が前月比101.0%、前年同月比102.5%となり、微増した。(2020/4/30)

ドコモの「my daiz」、地図を使わず音声のみで道案内する「新感覚ナビ」提供
NTTドコモは、3月26日にAIエージェントサービス「my daiz」で音声ナビゲーション機能「新感覚ナビ」を提供開始。ゼンリングループとの連携による音声案内で、画面上の地図を見なくても目的地まで到着できるという。(2020/3/26)

女性の平均年収上位は実績の分かりやすい「コンサルティング職」 2019年度版「女性の平均年収ランキング」発表
男女のキャリアの築き方の差も数字に表れています。(2020/2/10)

やっぱり強い関東圏:
女性の平均年収は345万円 「高年収職種」トップ3は1年で様変わり
パーソルキャリアの運営する転職サービス「doda」が女性の平均年収ランキングを発表。2018年9月〜19年8月の平均年収は345万円だった。職種別、地域別のランキングを見ると……。(2020/2/10)

正社員40万人のデータを集計した「平均年収ランキング2019」 全体平均は408万円、やっぱり強い「専門職」
生涯賃金も大きな差がつきます。(2020/1/20)

ビジネスパーソンの平均年収は408万円、都道府県別にみると?
他人の年収は気になるところだが、ビジネスパーソンはどのくらいの給与を手にしているのだろうか。パーソルキャリアが調べたところ……。(2020/1/20)

業務を効率化するITツールの最新事情:
洪水被害から小売店舗を早期復旧 日本企業の「Microsoft Teams」活用事例
(2019/12/26)

キャリアニュース:
2019年10月の転職求人倍率は2.52倍、求人数は最高値を更新
「doda」が2019年10月の転職求人倍率を発表。10月は前月比−0.17ポイントの2.52倍だった。求人数、転職希望者数は増加しているが、昨年や一昨年と比較すると慎重さが見られる求人もあり、経験を生かせる求人探しが転職成功の鍵になりそうだ。(2019/11/21)

転職市場の状態は良好:
中途採用で狙い目の業種と職種は? 求人数が過去最高という調査結果
パーソルキャリアが2019年10月の転職求人倍率をまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を発表。求人数は2008年1月に調査を開始して以来最高値を更新。どの業種・職種が人気なのか。(2019/11/13)

増えるフリーランス人口:
フリーランスにも「所得補償」や「健康診断」を IT人材エージェント各社がサービスを充実
雇用制度の変容により、増加しているフリーランス人口。ランサーズの調査では、2015年から2018年にかけてフリーランス人口が22.6%増の1119万人まで増えている。一方で、フリーランスが困っているのが「収入」と「社会保障」だ。従来は案件の提供をメインに行っていたエージェントでも、こうした背景を受けて福利厚生を充実させつつある。(2019/11/11)

ドコモの「my daiz」、地図を見なくても移動できる音声ナビ機能を提供
NTTドコモは、AIエージェントサービス「my daiz」で移動中に見える建物などの目印に沿って音声案内する機能を2020年3月から提供予定。スマホの画面上の地図を見ることなく目的地に到着できる。(2019/10/11)

電気自動車:
トヨタが東京五輪に3700台のモビリティ、レベル4の自動運転車、1350台のEVが走る
トヨタ自動車は2019年8月23日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で提供するモビリティについて発表した。提供する車両の90%を電動車とし、これまでの大会で最高レベルの環境負荷低減を目指す。また、大会専用車両や特別仕様車を開発し、さまざまなモビリティで移動を多面的にサポートする。(2019/8/26)

言語別「エンジニアの求人数」ランキング Ruby・PHPを抑えて1位だったのは……
人材会社のレバテックが、2018年度に企業が募集したITエンジニアの求人(正社員)を、プログラミング言語別に集計した結果を発表。2位はPHP(14.9%)、3位はRuby(8.2%)だった。1位は……?(2019/6/13)

元楽天トップセールスが編み出した「半年でチームを自走させる」マネジメント、3つの秘訣
少子高齢化に伴う人材不足が深刻化する中、“今、いるメンバーの力をどうやって最大化する”かが、リーダーの腕の見せ所だ。元楽天のトップセールスマンが編み出した、短期間で自走するチームを作る方法とはどんなものなのか。(2019/5/23)

AI自然言語処理で暗黙知に切り込む(4):
自然言語AIでベテランの暗黙知を活用せよ、その具体策
デジタル技術による変革が進む中、製造業はどのようなことを考え、どのような取り組みを進めていくべきだろうか。本連載では「AIによる自然言語処理」をメインテーマと位置付けながら、製造業が先進デジタル技術とどう向き合うかを取り上げる。最終回となる第4回では自然言語活用の具体的なポイントを解説する。(2019/4/8)

「AQUOS R SH-03J」がOSバージョンアップ Android 9 Pieに
1月23日から、「AQUOS R SH-03J」に対するOSバージョンアップサービスが始まった。Android 9 Pieの新機能が使えるようになる他、エモパーも進化する。(2019/1/23)

フリーランスエンジニアのスキルアップやキャリア構築を継続的に支援――エンジニア特化型エージェント「Code Climber」
フリーランスエンジニアが抱える課題をサポートするエージェント「Code Climber」がスタート。エンジニアが本業に専念できるよう、請求や入金確認、契約などの業務を支援するとともに、スキルアップや収入の向上に向けた各種サポートを提供する。(2018/12/26)

コンサルなどが多くランクイン:
18年版「女性が稼げる職種」ランキング、弁護士を抜いて1位だったのは……
パーソルキャリアが、2018年版「女性の平均年収ランキング」を発表。2位は「弁護士」(632万円)、3位は「アナリスト」(603万円)だった。1位は……?(2018/12/7)

クルマに「eSIM」内蔵へ ドコモとBMWグループが開発推進、何がどうなる?
スマホとクルマを自然に連携して「その次」の便利を目指す手段。(2018/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。