プロナビ
ニュース
» 2023年09月27日 16時45分 公開

「Windows 11(バージョン22H2)」に新バージョンの機能を“先行体験”できる機能アップデート登場オプション更新

Microsoftが、Windows 11(バージョン22H2)の月例更新のプレビュー版の配信を開始した。オプション更新となるが、適用すると次期バージョン(バージョン23H2)に実装される新機能や仕様変更を先行体験できる。ただし、一部の新機能/仕様変更はすぐに試せるとは限らないので注意が必要だ。

[井上翔ITmedia]

 Microsoftは9月26日(米国太平洋夏時間)、Windows 11(バージョン22H2)向けのオプション更新プログラム「KB5030310」の配信を開始した。オプション更新なので手動で適用する必要はあるが、「Windows 11 2023 Update(バージョン23H2)」に盛り込まれる新機能や仕様変更の多くを先行して試せるが、注意点もある。

アップデート Windows 11(バージョン22H2)に大規模なオプション更新が登場

本更新の概要

 今回の更新は、セキュリティ更新を含まない「累積更新プログラムのプレビュー」として配信されている。オプション扱いなので、設定の「Windows Update」において「インストール」をクリックしない限りはインストールされない。

 今回の更新では、150を超える新機能や仕様変更が盛り込まれている。ただし、全てがすぐに有効になるとは限らない(詳細は後述)。主な新機能や仕様変更としては、以下のものが盛り込まれている。

  • AIエージェント機能「Microsoft Copilot in Windows」のプレビュー実装
  • 「エクスプローラー」のUI(ユーザーインタフェース)の一部変更
  • エクスプローラーで直接取り扱える圧縮ファイル形式の拡充
  • 「クイック設定」からオーディオ入出力デバイスの切り替えが可能に
  • 「Unicode Emoji(ユニコード絵文字)」の第15版の反映
  • 「ナレーター」が日本語を含む10言語に新規対応
  • 「設定」に「ホーム」を追加
Microsoft Copilot 目玉となる新機能の1つである「Microsoft Copilot」のプレビュー版。タスクバーにもアイコンが追加される(タスクバーの設定から非表示にできる)。アイコンが表示されていない場合でも、「Windowsキー+Cキー」のコンビネーションでも呼び出し可能だ
設定画面 UI変更に伴い、Windows 11では設定画面の「ホーム」画面が廃止された。今回のアップデートでは、機能に変更を加えた上でホーム画面が“復活”している
エクスプローラー エクスプローラーにもUI変更が加わっている

 今回の更新では複数の不具合の解消も行われている。解消される主な不具合は以下の通りだ。

  • OutlookアプリでPDFファイルをシェアしようとすると、Excelアプリが停止する
  • 韓国語のタッチキーボードでタスクバーの検索ボックスに文字を入力すると、意図せず最初の1文字で確定されてしまう
  • タスクバーの検索ボックスの「ヒント」が正しい場所に表示されない
  • 検索ポップアップボックスの「検索」ボタンが消えてしまう
  • スリープから復帰すると「Windows 入力エクスペリエンス」という空白のウィンドウが表示される
  • 「iCloud for Windows」アプリを使うと、Outlookアプリで「iCloudカレンダー」や「連絡先」が正しく同期できなくなる(Appleのサポート情報

 また、主に以下の仕様変更も含まれている。

  • 中国のフォント規格「GB18030-2022」への完全準拠
  • グリーンランドにおける夏時間の変更への対応
  • 英語UIにおけるウクライナの首都の表記変更(Kiev→Kyiv)

新機能が有効にならない場合は?

 今回の更新を適用するとWindows 11 2023 Updateに盛り込まれている新機能や仕様変更の多くを先行して試せる。ただし、一部の新機能や仕様変更は「CFR(Controlled Feature Rollout)」によって解禁タイミングが制御されるため、すぐに有効になるとは限らないので注意が必要だ。

 少しでも早く新機能や仕様変更を試したい場合は、設定のWindows Updateにおいて「利用可能になったらすぐに最新の更新プログラムを入手する」のスイッチを入れておくことをお勧めする。

あれれと思ったら 筆者が所有するWindows 11搭載PCのうち3台に今回の更新を適用したのだが、英語UIで運用している1台だけ「Microsoft Copilot(プレビュー版)」が有効にならなかった。そこで「利用可能になったらすぐに最新の更新プログラムを入手する」のスイッチをオンにして更新を確認したところ、「Windows構成アップデート(KB5030509)」が適用され、再起動すると利用可能になった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.