ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社名変更」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社名変更」に関する情報が集まったページです。

上場企業の給与を「時給換算」 トップ5にキーエンスや総合商社 上位だったIT企業は……?
給与を時給換算した場合、高額な上場企業は? 企業の口コミサイトを運営するオープンワーク(ヴォーカーズから社名変更)が調査結果を発表。1位はキーエンス(8037円)、2位は三菱商事(7035円)、3位は三井物産(6634円)だった。上位だったIT企業は……?(2019/6/17)

製造マネジメントニュース:
新グローバルブランドでソリューション提案を強化、シナノケンシの取り組み
シナノケンシは2019年6月13日、創業101年目に際し、新たなコーポレートブランドとして「ASPINA(アスピナ)」を展開することを発表した。社名変更は行わないが、統一コーポレートブランドとしてグローバルで展開する。(2019/6/14)

FAニュース:
ヒト型双腕協働ロボットや金属3Dプリンタなど、社名変更控える東芝機械の新製品群【訂正あり】
東芝機械は2019年5月7日、「東芝機械グループ ソリューションフェア」(2019年5月23〜25日、同社沼津工場および御殿場工場)の開催概要を発表するとともに、同フェアに出展する新製品群を紹介した。(2019/5/8)

Altaba(旧米Yahoo!)、Alibaba株売却で解散へ
米Yahoo!が主幹事業を米Verizonに売却後に社名変更したAltabaが、保有する中国Alibaba株をすべて売却し、解散すると発表した。(2019/4/4)

マピオンが社名変更へ 電子チラシの「Shufoo!」も継承
凸版印刷は電子チラシサービス「Shufoo!」の事業をグループ会社のマピオンに移管すると発表した。マピオンは4月1日付で「ONE COMPATH」に社名を変更する。(2019/3/27)

テレダイングループ国内販社を統合:
テレダイン・レクロイ・ジャパンが社名変更、テレダイン・ジャパンに
テレダイン・レクロイ・ジャパンは2019年3月4日、同年2月28日付でTeledyneグループの国内販売会社2社を統合し、社名を「テレダイン・ジャパン」に変更したと発表した。(2019/3/4)

ドンキホーテホールディングスが社名を変更 略称は「PPIH」に
2月1日から変更となります。(2019/1/31)

CES 2019:
Dynabookの初「dynabook」は30周年記念の軽量モバイルPC――ラスベガスで参考展示中
1月1日付で東芝クライアントソリューションから社名を変更した「Dynabook」。その初号機が、米国・ラスベガスで開催中の「CES 2019」のシャープブースに展示されている。(2019/1/9)

製造マネジメントニュース:
デンソーとデンソーテンがコネクテッドサービスで協力強化、社名変更から1年
デンソーは2018年12月27日、2019年1月1日付で実施する組織変更について発表した。電動化や自動運転、コネクテッドといった大きな変化に対応するため、より競争力のある組織に変更する。グループ会社のデンソーテンには、デンソーが手掛けるトラックやバス、リース車両向けのサービス事業を統合。コネクテッド分野で両社の強みや知見を持ち寄ってビジネス拡大につなげる。(2018/12/28)

東芝クライアントソリューションが「Dynabook」に社名変更 3年後の株式上場を目指す
「dynabook」ブランドのPCを擁する東芝クライアントソリューション(TCS)がシャープの子会社となってから2カ月が経過した。2019年1月に社名を「Dynabook」に改め、ノートPCにとどまらない事業拡大を目指す。【訂正】(2018/12/3)

「Dynabook株式会社」誕生 シャープ傘下の東芝クライアントソリューションが社名変更
「dynabook」ブランドでPC事業を展開するシャープ子会社・東芝クライアントソリューションは12月3日、来年1月1日付で社名を「Dynabook株式会社」に変更すると発表した。(2018/12/3)

新しい社名はやたらと長い:
ドンキHDが社名変更 なぜ「ドンキ」の名を捨てるのか
ドンキホーテホールディングスが社名を2019年2月1日に変更する方針を示した。新しい社名はパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス。どうして「ドンキ」の名前を捨てたのか。(2018/10/12)

KDDI傘下のSyn.HD、「Supership HD」に社名変更
Syn.ホールディングスが、Supershipホールディングスに社名を変更した。子会社のSupershipは、スマホ向けポータルを作るために提供していた機能「Syn.menu」などの提供を終了していた。(2018/10/1)

なぜ今、PBを始めるのか:
新生ZOZOビジョンと新ロゴに込めた前澤友作社長の思いとは?
2018年10月に「ZOZO」に社名変更が予定されるスタートトゥデイ。これに先駆けて同名のプライベートブランド(PB)を提供する理由を前澤友作社長が記者発表会で語った。(2018/7/5)

10月1日から:
スタートトゥデイが「ZOZO」に社名変更 認知度高めて海外展開強化
スタートトゥデイが、10月1日に社名を「ZOZO」に変更すると発表。PB「ZOZO」と社名を統一し、グローバル展開をさらに進める狙い。6月末開催の定時株主総会を経て正式決定する。(2018/5/21)

2019年1月1日付:
東洋ゴム、「TOYO TIRE」に社名変更 復活の「覚悟」込めた
東洋ゴム工業が、2019年1月1日付で社名を「TOYO TIRE」に変更すると発表。タイヤ・自動車用部品を中核に据えることを改めてアピールする狙い。(2018/2/15)

「名称とシンボルロゴは継承」:
バンナム子会社再編、「ランティス」レーベルは? 公式がコメント
バンダイビジュアルとランティスが合併し「バンダイナムコアーツ」に社名変更。「ランティス」レーベルの存続は?(2018/2/13)

社名変更だけで株価2倍:
「ブロックチェーン」の社名で株急伸、ITバブル時彷彿
ブロックチェーン技術人気にあやかろうと社名に「ブロックチェーン」の表記を取り込んだ企業は、社名変更後に株価が急伸している。(2018/2/13)

東京ビットコイン取引所が「DMM Bitcoin」に 段階的にサービス停止し、18年1月から新サービスへ
DMM.comがグループ会社「東京ビットコイン取引所」を「DMM Bitcoin」へ社名変更。12月20日から段階的にサービスを停止し、2018年1月10日から新サービスを公開する。(2017/12/20)

One Global Renesas目指し:
Intersilの社名を変更し、ルネサスブランドに統一へ
ルネサス エレクトロニクスは2017年10月27日、子会社であるIntersil(インターシル)の社名を2018年1月1日付で「Renesas Electronics America」に変更すると発表した。(2017/10/27)

バウリンガルにも対応! ボーダフォンのハイエンドPDCケータイ「V601SH」(懐かしのケータイ)
J-PHONE(ジェイフォン)からVodafone(ボーダフォン)への社名変更・ブランド変更後、初めて登場したシャープ製ハイエンドPDCケータイが「V601SH」です。オートフォーカス対応のカメラを搭載し、別売のSDメモリーカードを購入すると「バウリンガル」にもなりました。(2017/10/1)

新社名は「エイブリック」:
エスアイアイ・セミコンダクタ、2018年に社名を変更
セイコーインスツル(SII)の子会社であるエスアイアイ・セミコンダクタは、2018年1月5日の予定で、社名を「エイブリック(ABLIC)」に変更する。(2017/8/25)

“俺の嫁”召還装置「Gatebox」社名変更 製品名と同じに
好きなキャラと一緒に暮らせる装置「Gatebox」を開発するベンチャー企業のウィンクルが、Gateboxに社名変更した。(2017/7/7)

Mozilla Japan、「WebDINO Japan」に社名変更 Firefoxは米サイトでサポート
Mozilla Japanが、2017年7月に「WebDINO Japan」へ社名変更する。日本語版Firefoxの配布やMozilla製品の情報提供は、米Mozilla公式サイトでサポートする。(2017/6/30)

AOL日本法人、「Oath Japan」に社名変更
AOLプラットフォームズ・ジャパンが、社名を「Oath Japan」に変更。(2017/6/21)

SGP採用:
SUBARU、新型「XV」発表 都会的な「スポカジ」SUVに
社名変更したSUBARUが新型XVを発表。新型インプレッサをベースに、デザインの改良や走行性能の向上を果たした。(2017/4/6)

ブランド強化:
富士重工から「株式会社SUBARU」へ 社名変更
富士重工業は、4月1日付で社名を「株式会社SUBARU」に変更する。(2017/3/31)

米Yahoo!が社名変更 Yahoo!JAPANはどうなる?
米Yahoo!が企業名を「Altaba」に変更することが分かった。日本のヤフーやYahoo!JAPANブランドはどうなるのか。(2017/1/10)

米Yahoo!が社名変更 「Altaba」に(Verizonへの主要事業売却後)
米Yahoo!は主要事業をVerizonに売却後、ヤフー日本法人と中国Alibabaの株を保有するAltabaという名の投資企業になる。Verizon入りする見込みの現CEO、マリッサ・メイヤー氏はYahoo!(Altaba)の取締役を退任する。(2017/1/10)

SNKプレイモア、社名を「SNK」に変更へ
2016年12月1日付けで社名を変更します。(2016/11/1)

クロスボーダーでアジア各国の市場活性化へ:
マイクロアド・インバウンド・マーケティングが社名変更
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは、業務拡大により2016年10月1日より社名を「マイクロアド・クロスボーダー・マーケティング」へ変更した。(2016/10/3)

製造マネジメントニュース:
富士重工業からSUBARUへの社名変更が正式に決定、2017年4月から
富士重工業は、2016年6月28日に開催した定時株主総会において、「富士重工業株式会社」から「株式会社SUBARU」への社名変更が承認されたと発表した。これにより、2017年4月1日から同社の社名はSUBARUになる。(2016/6/28)

「株式会社SUBARU」社名変更が正式決定
富士重工業の株主総会で「株式会社SUBARU」への社名変更が承認された。(2016/6/28)

ソネット社名変更 「ソニーネットワークコミュニケーションズ」に
ソネットは7月1日から「ソニーネットワークコミュニケーションズ」に社名を変更する。(2016/6/16)

絶縁型モーター制御デバイスのリーダー「Avago」が生まれ変わった:
PR:高効率モーター駆動に向けて革新的製品を生み続ける新生Broadcomに迫る
高効率化に向けて、最新のモーター駆動/制御技術が集結した展示会「TECHNO-FRONTIER 2016 第34回モータ技術展」の中でも、ひときわ大きな注目を集めたのが2016年2月にAvago Technologiesから社名変更したBroadcomのブースだ。ここでは、注目を集めたSiC/GaNパワーデバイスに対応する次世代型アイソレーションデバイスや新コンセプトのエンコーダーなど、新生Broadcomのモーター駆動/制御向けデバイスを詳しく紹介していこう。(2016/5/30)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
年商300億円の事業をたたむSUBARUの本気
社名変更だけじゃありません。(2016/5/24)

富士重工、「SUBARU」に社名変更 ブランド名と統一
富士重工業が2017年4月1日付で社名を「SUBARU」に変更する。(2016/5/12)

社名が長いと話題になった「損保ジャパン日本興亜ホールディングス」が社名変更
略称「SOMPOホールディングス」を正式な社名に。(2016/3/25)

「ヤマザキナビスコ」、ライセンス契約終了で社名変更へ 「オレオ」「リッツ」など製造終了
山崎製パン傘下のヤマザキ・ナビスコがライセンス契約終了に伴い社名変更。(2016/2/12)

SCE、「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」に社名変更 PSN手がけるSNEIと統合
PlayStationシリーズのハード・ソフト事業を手がけるSCEと、PSNを展開するSNEIが統合。新会社「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」が4月に発足。(2016/1/26)

横河ディジタルコンピュータ、「DTSインサイト」に
「DS-5」や「TRQer-S」などで知られる横河ディジタルコンピュータが、「DTSインサイト」に社名を変更する。(2016/1/12)

KADOKAWA・DWANGOが「カドカワ」に社名変更 新ロゴで2社の統合をアピール
持株会社KADOKAWA・DWANGOが「カドカワ」に社名変更し、ロゴを刷新した。(2015/10/1)

「素材辞典」シリーズのディシィラボが破産
7月にデータクラフトから社名を変更したところでした。(2015/9/9)

ドコモ、オンライン教育「ドコモgacco」設立
NTTドコモがNTTナレッジ・スクウェアを子会社化し、MOOCサービス「gacco」を運営する「ドコモgacco」に社名変更する。(2015/8/17)

位置情報を活用したサービス・製品を広告以外の領域でも提供:
モバイルオーディエンスデータによるマーケティングを行うAdNearが「Near」に社名変更
モバイルオーディエンスデータによるマーケティングサービスを提供するAdNearは社名をNearに変更した。(2015/8/13)

KADOKAWA・DWANGO、「カドカワ株式会社」に社名変更
KADOKAWAとドワンゴの経営統合により生まれた「KADOKAWA・DWANGO」が新たに「カドカワ」に社名変更する。(2015/5/28)

ソフトバンク 2.0:
孫氏、ニケシュ氏を後継者に指名――社名も変更して「世界のソフトバンクになる」
「ソフトバンクグループ」へと社名を変更することを発表したソフトバンク。その裏には、グローバル戦略を加速させ、「世界のソフトバンクになる」という思いが込められている。(2015/5/11)

ソフトバンクは“ソフトバンクグループ”に:
ソフトバンクモバイルが社名変更、7月から「ソフトバンク」へ
ソフトバンクが7月に社名を「ソフトバンクグループ」に変更。子会社のソフトバンクモバイルは「ソフトバンク」へ社名を変更する。(2015/5/11)

ソフトバンクモバイル、「ソフトバンク」に社名変更
ソフトバンクが「ソフトバンクグループ」に、ソフトバンクモバイルが「ソフトバンク」にそれぞれ社名を変更する。(2015/5/11)

コナミ、10月1日付けで「コナミホールディングス」に社名変更
純粋持株会社体制に移行してから来年で10週年を迎えるのを機に変更する。(2015/5/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。