ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Compellent」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Compellent」に関する情報が集まったページです。

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:SCシリーズは、データ管理の効率と性能を極められるストレージ
Dell EMCは、ミッドレンジのオールフラッシュ製品として「Unity」と「SCシリーズ」を展開している。このうちSCシリーズを一言で表現すれば、「使いでのある」ストレージということができる。豊富な機能を駆使してデータ管理の最適化を進めたい、あるいは複雑な要件に対応したい場合に適している。(2017/4/25)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:Dell EMCの多角的なオールフラッシュ製品群は、「フラッシュが標準の世界」を牽引する
フラッシュファーストはもう終わった。「フラッシュは、もう標準の時代」に入っている。では、企業は「具体的」に、どんな要素を考慮して、どのオールフラッシュストレージを選択すべきなのか。「多角的なオールフラッシュ製品群」で企業のITトランスフォーメーションを支える、Dell EMCストレージ戦略の全貌を解説する。(2017/4/13)

「企業のデジタルトランスフォーメーション」をいかに支援するか:
Dell EMC、Dell EMC Worldで一連の新製品/ソリューションを多数発表
米Dell EMCが、年次イベント「Dell EMC World 2016」を開催。企業のクラウドモデルへの移行、ソフトウェア開発力の強化、イノベーションの加速、データ分析の活用などを支援する一連の製品やソリューションを一挙に発表した。(2016/10/21)

Vmwareにも影響か
巨大ベンダーDell EMCに寄せられる期待と懸念、製品ラインアップはどうなる?
Dellが600億ドル以上を投じたEMC買収により、Dell EMCという巨大なストレージベンダーが誕生した。新会社に関してはユーザーから期待と懸念が寄せられている。(2016/9/14)

レスポンスが2〜3秒まで短縮
事例:DWH高速化をフラッシュストレージで実現した愛媛大学医学部附属病院
2014年5月に新システムの本稼働を開始した愛媛大学医学部附属病院。リアルタイムなデータ分析を実現するため、DWHにフラッシュストレージを採用した。その取り組みを紹介する。(2015/11/10)

SSDなどのフラッシュストレージを業界団体SNIAメンバーが解説
読めば分かる! フラッシュストレージの基本
最近、普及が進む「フラッシュストレージ」。さらに深く理解するため、その種類や普及の背景、導入効果などの基本的解説をお届けする。(2015/10/6)

プロバイダーと関係が破綻!
ワケありサーバ移行を成功させたVeeamの仮想マシンバックアップソフト
契約解除を機にプロバイダーとの関係が破綻し、支援が受けられない。この状況下で国をまたいだサーバ環境の移行は成功するのか? 教訓に満ちた事例を紹介する。(2015/2/2)

「第3のプラットフォーム」に向けた課題を解決:
PR:デルの最新サーバーPowerEdge 13Gシリーズ第1弾は「ただものではない」
デルは、9月9日にPowerEdgeの第13世代(13G)製品4機種の販売を開始した。インテルの最新CPUを搭載するとともに、サーバーに関する企業の課題を解決するためのさまざまな機能強化を行っている。ポイントは、今後の「第3のプラットフォーム」の進展に備えるべく、拡張性、サーバー管理、アプリ高速化を、ただものではないレベルにまで高めていることだ。(2014/10/17)

Database Expertイベントレポート:
SQLチューニングだけじゃないデータベースチューニングを知る
フラッシュストレージアレイの登場、最新バスやストレージコントローラー規格の登場、大容量メモリの普及など、データベースと記憶装置にまつわるハードウェア事情はここ数年で大きく変化しつつある。運用やチューニング環境を考える上では、こうしたハードウェアの進化はもちろん、製品実装技術にも深い理解が必要だ。編集部主催セミナーを基に、多様化するデータベース周辺のハードウェアのうち、フラッシュストレージとの組み合わせ方についての最新情報を紹介する。(2014/9/25)

デル、初のオールフラッシュストレージを発表
ストレージソリューション「Dell Compellent」を強化し、同社初のオールフラッシュモデルを投入する。(2013/8/28)

デル、IaaSの高速実装を可能にするActive Infrastructureを発表
テンプレートによって異種混在環境のデータセンターでインフラ構成を短時間に展開できるソフトウェアと、デルのハードウェアを組み合わせたパッケージシステム製品などを提供する。(2013/7/2)

各社自慢の統合インフラを徹底比較(後編)
統合プラットフォーム製品ベンダー“ビッグスリー”の強みと弱み
ITインフラをシンプルにし運用管理を効率化するとして企業の注目を集めている統合プラットフォーム製品。Cisco、VCE、NetAppの製品を紹介した前編に続き、後編ではDell、IBM、Hewlett-Packardの製品を紹介する。(2013/5/10)

シリーズ2:
PR:仮想化だからできるアップタイム最大化        〜DR・BCP対策で業務・ビジネスを止めない施策
仮想化・クラウド時代のIT戦略と企業経営戦略:ITのためのテクノロジーからビジネスのためのITへ(2013/4/23)

アンケート回答でAmazonギフト券が当たる!:
PR:サーバ管理の”困った”を解消!――かゆいところに手が届くDellのソリューションとは
新年度、突然サーバ管理の仕事を振られた総務スタッフのマコトくん。初めての業務に戸惑うものの、相談できる人もいなくて困った! マコトくんのピンチを助けてくれたのは? Amazonギフト券3000円相当が当たるアンケート、実施中!(2013/4/22)

シリーズ1:
PR:改めて問う仮想化の効能、課題、解決方法       〜仮想化A to Z〜
仮想化・クラウド時代のIT戦略と企業経営戦略:ITのためのテクノロジーからビジネスのためのITへ(2013/4/10)

デル、プライベート型IaaSを1年以内に国内提供へ
デルは3月6日、同社にとっての新会計年度(FY 2014)に関する事業戦略説明のなかで、米デルが提供している企業向けのプライベート型クラウドサービス「Dell Cloud Dedicated」を、国内でも今年度中に提供開始すると宣言した。(2013/3/8)

デル、バックアップアプライアンスの新製品 拡張性と重複排除を強化
デルは、最大15分の1までストレージ使用量を圧縮できるという重複排除技術を備えたバックアップアプライアンス製品「Dell DR4100」を発売する。(2013/2/21)

2013年新春特集「負けない力」:
顧客との直接対話が最大の価値をもたらす デル・郡社長
ソリューションプロバイダーとしての地位確立を目指すデル。日本法人社長に国内での取り組みなどを聞いた。(2013/1/31)

Dell Worldで強力にプッシュ:
米デル、統合仮想化インフラ製品がハード事業の軸に
米デルは12月第3週に米テキサス州オースティンで開催した「Dell World」で、統合仮想化インフラ製品「Active System」を紹介した。こうした製品が、デルのサーバ、ストレージ、ネットワーク製品ビジネスの軸になっていくという。(2012/12/14)

“もうITコンポーネントベンダではない”:
100億ドルの投資を基に、「明日のHP」を目指すデル
デルが米テキサス州オースティンで開催中のカンファレンス「Dell World」の基調講演で、同社会長兼CEOのマイケル・デル氏は、企業向けIT総合ベンダとして自社を確立するために全力で取り組んできたことを強調した。(2012/12/13)

導入事例:
北陸先端大、デルのストレージ製品で2つのファイルサーバを統合
北陸先端科学技術大学院大学はデルのストレージ製品「Dell Compellent」を導入し、2つのファイルサーバを統合して「高速大容量ファイルサーバ」を構築する。(2012/11/13)

デル、ストレージの新ソリューション群を発表
EqualLogicのブレードアレイモデルやこれを活用したデータセンター向けシステム、運用を支援するソフトウェアの最新版などを提供する。(2012/9/12)

ホワイトペーパー:
VMware vSphere の仮想サーバ環境を最適化する 7 つの画期的なストレージテクノロジー
VMware と Dell Compellent SANストレージの組み合わせで、双方の仮想化のメリットを最大限引き出す秘訣を7つ紹介する。(2012/9/4)

デル、高性能化と小型化を図ったストレージコントローラ発売
ユニファイドストレージの新製品「Dell Compellent SC8000」を発売した。(2012/7/9)

SMB向けストレージ製品紹介:デル
ポートフォリオの拡充を進めるデルのSMB向け「Dell EqualLogic」シリーズ
近年、デルはストレージ分野への積極的な投資により、製品ポートフォリオを急速に拡充させている。独自のストレージ技術や製品ラインアップの拡充を重要な戦略と位置付けている同社のSMB向けストレージを紹介する。(2012/6/15)

地域医療連携ソリューション紹介:デル
「医療機関のIT化の相談役」から地域医療連携に切り込むデル
ヘルスケア/ライフサイエンス市場における世界有数のサービスプロバイダーであるデル。そのノウハウを日本国内にも展開し、既存の医療システムの高度化と合わせて地域医療連携を支援する。(2012/4/24)

ホワイトペーパーレビュー
VMware環境のストレージ運用に役立つ3つのホワイトペーパー
サーバ仮想化が進むほどに重要性を増すストレージ。その機能を活用することで、仮想インフラ全体の運用負荷を軽減できる。本稿では、VMware環境の効率的な運用に役立つストレージ機能を解説したコンテンツを紹介する。(2012/4/12)

ストレージ最新動向解説【第3回】
ストレージの理想的な管理要件を満たす「オブジェクトストレージ」
近年、ストレージ分野ではデータの爆発的な増加に伴う容量の拡張性が注目されている。しかし、増加するデータをいかに効率的に管理、利用するかという点にも注力すべきである。それを実現する新しい技術を紹介する。(2012/1/19)

エンタープライズ向けストレージ製品紹介:総括(後)
ビッグデータからクラウドへとつながるストレージの潮流
データが増え続けるビッグデータ時代に対応できるよう、ストレージベンダーは自社製品にさまざまな工夫を盛り込んでいる。この傾向は今後も当分続くと考えられる。(2011/10/26)

エンタープライズ向けストレージ製品紹介:総括(前)
徹底比較! 主要8社のハイエンド向けストレージ製品
2010年10月に開始した「エンタープライズディスクストレージ製品紹介」連載で紹介した8社のストレージ製品について、各製品の機能の特徴や今後の展望などを紹介する。(2011/10/21)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:日本IBM
ビッグデータ管理を簡素化するストレージ「IBM XIV Storage System Gen3」
近年、多くのハイエンドストレージがデータの階層化機能を搭載している中、運用管理の簡素化を目的とする階層化がかえって管理の煩雑化を招く場合もあると指摘する日本IBMが、新たなストレージ製品を市場投入した。(2011/9/13)

「箱売りから卒業」 仮想化とクラウドに軸足を移すDell
Dellの法人ビジネスの戦略について、同社担当者は「ソリューション展開に必要な体制が整った」と語っている。(2011/7/29)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:デル
データ管理を自動最適化するストレージ「Dell Compellent」
ストレージにおけるデータ階層化が注目を集めている。その背景には、近年多くの企業が抱えるデータ管理の課題がある。そうした課題を解決するストレージとして、デルが2011年に提供開始した製品を紹介する。(2011/7/13)

進化するRAID(後編)
「RAID後」の世界──ワイドストライピング/イレージャーコーディング
今日のRAIDシステムは、最新技術によってベーシックなミラードディスクよりも優れたパフォーマンスを提供する。(2011/3/9)

SCVMM 2012新機能 〜ストレージ管理&ネットワーク管理
Microsoft、SCVMM 2012でVMwareのvCloud Directorに挑戦(後編)
Microsoftがプライベートクラウド市場への参入を狙い、2011年下半期にリリースする仮想データセンター管理ツール「SCVMM 2012」。後編では、ストレージ管理とネットワーク管理の分野における新機能について紹介する。(2011/1/12)

Dell、ネットワークストレージベンダーのCompellentを9億6000万ドルで買収
Dellは、クラウドコンピューティングに強みを持つCompellentを買収することにより、クラウド市場での勝ち残りを図る。(2010/12/14)

Dell、ストレージベンダーのCompellentと買収交渉中
3PAR獲得競争でHPに敗れたDellが、3PARの競合であるCompellentの買収に乗り出した。(2010/12/10)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介
大容量かつ拡張性などの要件が求められるハイエンド向けディスクストレージ。製品担当者へのインタビューを交えて、市場で提供されている各製品の特徴を紹介する。(2010/11/18)

エンタープライズSSD市場は「嵐の前の静けさ」?
ストレージアレイメーカーがEMCのSSDに追随しない理由
1社が新技術を打ち出すと他社がすぐまねをするストレージアレイ業界だが、EMCのソリッドステートドライブ(SSD)に追随する他社はまだない。(2008/11/27)

エネルギー効率に優れた「グリーンデータセンター」の作り方
グリーンコンピューティングは、データセンター管理者の間でいま最もホットな話題だ。グリーンデータセンターでグリーンドライブを利用すれば、オペレーション効率を改善し、全体的なエネルギーコストの削減が可能になる。(2008/9/12)

Hot Topics
2007年のホットなストレージ技術【後編】
2007年にはiSCSI SAN、ハードウェアベースのテープ暗号化、大容量ディスクドライブ、仮想化、シンプロビジョニングが、必須のストレージ技術になる見通しだ。前編に続いて、米国Storage誌の編集部が選定した残りの3つの技術と、今後注目すべきストレージ規格について説明する。(2007/2/7)

Column
シンプロビジョニングは使える? 評価は真っ二つ
アプリケーションにストレージ容量を迅速に提供する機能「シンプロビジョニング」がストレージ管理者の注目を集めているが、実際に試したユーザーすべてがこの機能に納得しているわけではない。(2006/6/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。