ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ダイハツ工業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ダイハツ工業」に関する情報が集まったページです。

今回もヤベーやつたくさん! 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合
車名「軽ニッヒ」「逆襲の車アー」だとぉ、こりゃなんだぁぁ!(2022/1/19)

「オートサロンに展示するぞ〜」 ヒロミ、軽トラ「ハイゼットジャンボ」をさらに盛りっとド目立ちカスタム 出展までの舞台裏も楽しそう
軽トラ愛が炸裂ー。会場でも目立っていましたよ〜!(2022/1/15)

超小型BEV「ガチで自作」しちゃった! オートサロンに出展したスゴ腕YouTuberの必見ぶっとびやばすぎマシン
「自動車メーカーになる!」 ……ホントになれそうな自作BEVがマジSUGEEE。これ必見ですよ!(2022/1/14)

アヒルさん、ぷかぷか 「東京オートサロン2022」ダイハツブースレポ まさかの風呂付き「アトレー」、歴代「ハイゼット」シリーズ一挙展示など
初代から現行モデルまで、全10台のハイゼットが一挙に。(2022/1/14)

軽自動車の部門:
2021年、軽自動車の新車販売台数ランキング 「タント」「スペーシア」を抑えた1位は?
2021年の1年間の車名別新車販売ランキングが発表された。軽自動車では3位にダイハツ「タント」、2位にスズキ「スペーシア」がランクインした。7年連続で1位を獲得したのは?(2022/1/11)

ソニー損保調べ:
新成人が「欲しい車」ランキング 3位はレクサス、2位はBMW、1位は?
ソニー損害保険は新成人(2001年4月2日〜02年4月1日生まれ)を対象に実施した「2022年 新成人のカーライフ意識調査」の結果を発表した。新成人が欲しい車とは?(2022/1/10)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ソニーも参入 各社からEV出そろう2022年、消費者は本当にEVを選ぶ?
22年は、これまで以上に「EV」に注目の年となることは間違いありません。なぜなら、22年は市場に販売できるEVがそろう年になるからです。(2022/1/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカー8社のカーボンニュートラル戦略
各社のカーボンニュートラル戦略はどうなっているのかについて、俯瞰的に見てみたいと思う。(2022/1/1)

オイ、これ開くぞ! ダイハツの「新型アトレーカスタム」が秘密基地っぽくて好きすぎる 東京オートサロンで披露
何かが発射されそうだー♪(2022/1/1)

ホロライブ大躍進の2021年 ねとらぼで紹介した「痛車」まとめ ウマ娘や初音ミクも
2021年にねとらぼで紹介した痛車、イベントレポートのまとめ。(2022/1/2)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
2021年の自動車販売隠れトレンド、箱型&スライドドア 5年前のモデルがランキング上位に
今年は「ヤリス」の年だったと言えるでしょう。では、今年のトレンドは何だったのでしょうか? 表面的に見えるのはSUVです。とはいえ、実際に売れているクルマを並べてみると、また違ったトレンドが見えてきました。(2021/12/29)

人気車購入アドバイス「トヨタ カローラクロス」編 狙うべきは性能と価格のバランスに優れる、ハイブリッド車で決まり!
人気SUVの「より良い選び方」を解説!(2021/12/25)

従来の中古車販売とは違う:
初代コペンやミラ・ジーノ……人気の旧型車を復活させた、琉球ダイハツの狙い
琉球ダイハツ販売は、ダイハツの人気車種をリバイバル(復活)させて販売する「Uリバイバルプロジェクト」を実施している。(2021/12/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2021年乗って良かったクルマ
年末恒例の乗って良かったクルマだが、2021年の新型車のデビューは、マツダは1台もなし、スバルはBRZがあるけれども、来年のエントリーにしたい。もちろんGR86も同じ。スバルWRX S4は公道で乗っていない。結局は、トヨタのMIRAIとランドクルーザー、アクアとカローラクロスというトヨタ大会になってしまった。どれも数日以上借り出して、1000キロくらいは走ってきた。(2021/12/13)

この「賭ケグルイ」ハイエース、何百万円かかってんだ!? 大阪「EXPO痛車天国2021」現地で見かけた個性派痛車まとめ デコトラ風「アズレン」など
大型トラックも痛車に(2021/12/12)

自動車業界の1週間を振り返る:
販売好調で各所からの評価も高い、あのクルマに何が起きたのか
今週の気になるニュースといえば、三菱自動車と日産自動車で軽自動車の生産と販売を停止している件ですよね。日本経済新聞などが報じています。(2021/12/11)

ターボ、テイオー、ライスなど激マブずらり 「ウマ娘」人気が感じられた「EXPO痛車天国2021」写真まとめ
今回はアイドルをテーマに痛車の写真をお届けしていきます。(2021/12/5)

自動車のイノベーションランキング 3位レクサス、2位ベンツ、1位は?
J.D.パワーは「2021年日本自動車テクノロジーエクスペリエンス」調査の結果を発表した。各ブランドがどれだけ迅速、効果的に新しい機能、装備を市場導入しているのかを、実際にクルマを購入したユーザーへのアンケートから調べた。(2021/11/30)

最小クラスも「ハイブリット時代」へ! ダイハツ ロッキー e-SMART HYBRID 正式デビュー
ダイハツ・ロッキーの最新モデルが正式発表。(2021/11/29)

かっこよくてカワイイ! 大阪「EXPO痛車天国2021」VTuber痛車の写真まとめ サメちゃん満載bB、百鬼あやめスカイライン、文野環ロードスターなど
VTuberの勢いが止まらない!(2021/11/28)

自動車メーカー生産動向:
2021年度上期の自動車生産は2019年の同時期から2割マイナス、回復まで道半ば
半導体不足や東南アジアのロックダウンなどの影響が自動車生産へ大きなダメージを与えている。日系乗用車メーカー8社合計の2021年9月のグローバル生産台数を見ると、三菱自動車以外の7社が前年実績の4分の3以下に落ち込んだ。国内生産に至っては4分の1以下まで減産するメーカーもあるなど、事態が深刻化している。(2021/11/26)

スズキ、ハイブリッドの新型SUV「S-CROSS」発表 “堂々とした”デザインに刷新
欧州を皮切りに2021年末から販売、日本販売はある……?(2021/11/25)

白上フブキ×ハイエースの存在感……! 痛車イベント「天下無双」写真まとめ ハルウララ×スーパーカブなど痛バイクも
会場内には力作がずらり。(2021/11/21)

バンドリ、ラブライブ、デレマスなどアイドル推し痛車がずらり 「天下無双 東西最強痛車決戦」フォトレポート
BMWやフォルクスワーゲンもアイドル痛車に。(2021/11/14)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高齢者の踏み間違えは防げるか? 誤発進抑制機能の有効性
毎日のように報道を賑(にぎ)わせている交通事故として、クルマが商店などに飛び込んでしまうという誤発進による事故が目に付く。そのほとんどは高齢ドライバーが引き起こすもので、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と自らの運転操作ミスを認める内容の発言も報じられることが多い。(2021/11/8)

約400台の痛車とコスプレ 大阪・万博公園「EXPO痛車天国2021」フォトレポート
万博記念公園に全国各地から約400台が集結。(2021/11/7)

自動車業界の1週間を振り返る:
「トヨタが最下位」の気候対策ランキングは、脱SUV、脱マイカーも求めている!?
環境保護団体グリーンピースが発表した自動車メーカーの気候対策ランキングで、トヨタ自動車が最下位だったと話題ですね。ニュース配信サイトでは記事が短かったので、グリーンピースの発表を見てみました。(2021/11/6)

「兎田ぺこら」コペンがちっちゃくてカワイイ! 痛車イベント「DayDream 2021」写真まとめ 「ダリフラ」ゼロツー・ベンツ、リゼ皇女ほかVTuber痛車も
デザインにこだわった「Design style」部門の痛車を集めました。(2021/11/3)

電動システム:
シリーズ方式で実現したダイハツの軽くて安いHEV、211万円で28.0km/l、車重1060kg
ダイハツ工業は2021年11月1日、シリーズハイブリッドシステム「e-SMART HYBRID」を開発し、小型SUV「ロッキー」に搭載して発売したと発表した。(2021/11/2)

400万円かけて改造した「艦これ」フェアレディZがカッコイイ! 痛車イベント「DayDream 2021」写真まとめ 人気アニメやVTuberの痛車がずらり
おしゃれでカッコイイ!(2021/10/31)

自動車メーカー生産動向:
自動車のサプライチェーン混乱、稼働調整した2020年8月を大きく下回る
半導体不足や東南アジアのロックダウンなど、世界的なサプライチェーンの混乱による自動車生産への影響が本格化してきた。日系乗用車メーカー8社合計の2021年8月のグローバル生産台数は前年同月から17.4%減少し、7月の同2.6%減から大幅に悪化した。台数ボリュームの大きな大手3社が軒並み2桁パーセント減らすなど、部品供給難の深刻さが伺える結果となった。(2021/10/25)

クルマを買うならどのメーカーを選ぶ? 1位は「トヨタ」 しかし地域別、車種別では?
皆さんは何を重視しますか……?(2021/10/21)

生産現場のAI化、広がる用途 事故防止や設備修理も
製造業の生産現場でAIを活用する動きが広がっている。「保全」「保守」「品質検査」などでの開発・導入が先行するが、生産性向上を目指して幅広い分野での活用が期待されている。(2021/10/20)

車両デザイン:
魅力度と品質の両立が強みに、J.D.パワーの商品魅力度調査はレクサスが1位
J.D.パワージャパンは2021年10月13日、2021年の「日本自動車商品魅力度調査」の結果を発表した。商品の魅力に対する高い満足度はブランドへのロイヤリティー(忠誠心)の強化に有効であることが示された。(2021/10/14)

話題の新人・パタ姐も 「E.M.T.G in NAGARA 8」写真まとめ さんばか、静凛などにじさんじ勢をピックアップ
「にじさんじ」ほか、さまざまな痛車が見られました。(2021/10/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタSUV陣の最後の駒 玄人っぽいクルマ作りのカローラクロス
カローラクロスは、これまた難しいクルマだ。率直な感想としては「十分以上に良い。だけどこれといって光るとか、ウリになりそうな何かがない」。という書き方をすると、これがまた「だから80点主義なんでしょ?」という話になるのだろうが、そういわれると、そうじゃない。(2021/10/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
ダイハツがシリーズハイブリッド、コンパクトカーの電動化で選択肢広がる
電動化の話題に事欠かない自動車業界ですが、電動車の情報を扱うelectrekによるとここ最近、英国でEV(電気自動車)の中古車を調べる人が増加しているようです。原因はガソリン不足にあります。(2021/10/2)

こんなクルマがあったのかぁぁ! お遊びコンパクトカーの極み「ミゼットII カスタム」にテリー伊藤大興奮
おとぼけフェースがかわいすぎます。(2021/9/30)

マリン船長×スカイライン、トワ様×シビック、スバル×SUBARUなど 痛車イベント「E.M.T.G in NAGARA 8」でみかけた「ホロライブ」痛車の写真まとめ 卒業生・桐生ココの作品も
いまや定番といえる巨大勢力。(2021/10/2)

自動車メーカー生産動向:
2021年7月の新車生産は前年割れ、半導体不足と東南アジアからの部品供給難で
半導体など世界的な部品供給の混乱による自動車生産への影響が月を追うごとに広がっている。日系乗用車メーカー8社が発表した2021年7月のグローバル生産実績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で生産活動が停滞した2020年7月に比べても減少傾向を示すなど、深刻な状況を物語っている。(2021/9/24)

トヨタ、新型「カローラ クロス」発売 カローラシリーズ初のSUV、都会派の顔つきと力強い走りを実現
ヤリス クロスより一回り大きめ、RAV4より少し短め。価格は199万9000円から。(2021/9/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
「夏には半導体不足解消」の予想は実現せず、不透明な中でもしこりを残さないで
さて、今週も引き続き、半導体不足の影響が話題となりました。「半導体が足りない!」と自動車業界がザワザワし始めたのは、2020年末から2021年の初めにかけてだったように思います。(2021/9/4)

ソニー損保調べ:
次に買いたい車 ダイハツ「タント」を抑えて1位になったのは?
ソニー損害保険が実施した「全国カーライフ実態調査」。主に運転している車のボディータイプを聞いたところ「軽自動車」が41.3%で最多となった。次に買い替える時に購入したい車は?(2021/9/2)

医療機器ニュース:
プラズマによる排ガス処理からオゾン除菌装置を開発、ダイハツと日本特殊陶業
ダイハツ工業は2021年8月30日、オゾンを利用した除菌装置「MIRACLE BUSTER」を開発し、福岡県久留米市の施設に導入したと発表した。日本特殊陶業と共同開発した。ダイハツは2021年3月にも紫外線による除菌装置を発表、全国の販売店に無償貸与している。(2021/8/31)

ダイハツ、自動車技術を応用した「除菌装置」を開発 久留米市内の施設で稼働
NGKと共同開発しました。(2021/8/30)

自動車メーカー生産動向:
2021年上期の新車生産は2019年比13%減、変異株や半導体不足で回復半ば
2021年1〜6月(上期)の自動車産業は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による世界的な市場低迷から着実に回復している様子が伺える結果となった。日系乗用車メーカー8社の2021年上期のグローバル生産は、全社が前年実績を上回り、8社合計では前年同期比30.0%増と2桁パーセント増となった。(2021/8/30)

軽自動車界のカリスマ、鈴木修語録(前編)
あるときはユーモラスに、あるときは人生訓を。43年間スズキのトップに君臨した軽自動車界のカリスマ、鈴木修氏の取材を通して得た修節・名言まとめをどうぞ。まずは前編です。(2021/8/26)

自動車業界の1週間を振り返る:
売れ筋車種の生産ラインも稼働調整/義務化まであと1年の規制、「対応完了」は2割
土曜日ですね。1週間、お疲れさまでした。大雨に見舞われている西日本の皆さまはいかがお過ごしでしょうか。日々の暮らしはもちろんお仕事の面でも、少しでも早く落ち着いた日常に戻れますように。(2021/8/21)

製造マネジメントニュース:
トヨタが9月に生産調整、22日間稼働停止のラインも
トヨタ自動車は2021年8月19日、8月下旬と9月の生産調整の予定について発表した。東南アジアでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、部品供給が不足している。人気車種でも10〜20日の稼働停止日が発生する。9月に一切稼働しない生産ラインもある。(2021/8/20)

何これスゴイ……「DJカー」のレンタカー登場、DJブースとミラーボール付きのごきげん仕様 料金は…… 
ルーフトップはダンスフロア。これは何かすごい……。(2021/8/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。