ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ダイハツ工業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ダイハツ工業」に関する情報が集まったページです。

あら、いい感じ♪ ホンダ、ぷちワイルドな「遊び仕様FITカスタム」公開 バーチャルオートサロンで披露
1月15日開幕です。(2021/1/13)

自動車メーカー生産動向:
2020年11月はトヨタホンダスズキが前年超え、乗用車メーカーの生産実績まとめ
日系乗用車メーカー8社の2020年11月のグローバル生産実績は、トヨタ自動車、ホンダ、スズキの3社が前年実績を上回った。このうちトヨタは11月としては過去最高となった他、世界販売でも過去最高を更新した。全体的な傾向としては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で大きなダメージを受けた自動車需要の回復傾向が続いているものの、欧州での再感染による主要都市でのロックダウンや、変異種の感染が広がるなど、世界の自動車市場は依然として不透明な状況が続いている。(2021/1/12)

コロナ禍の影響を受けた1年:
20年新車販売、「N-BOX」が4年連続トップも2割減 「ヤリス」など新型車が伸長
2020年の国内新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が1位だった。N-BOXは4年連続のトップだが、台数は約2割減だった。2位はトヨタ自動車の小型車「ヤリス」、3位はスズキの軽自動車「スペーシア」。登録車の新型モデルが販売を伸ばした。(2021/1/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ガソリン車禁止の真実(考察編)
「ファクト編」では、政府発表では、そもそも官邸や省庁は一度も「ガソリン車禁止」とは言っていないことを検証した。公的な発表が何もない。にも関わらず、あたかも30年にガソリン車が禁止になるかのような話が、あれだけ世間を賑わしたのはなぜか? それは経産省と環境省の一部が、意図的な観測気球を飛ばし、不勉強なメディアとEVを崇拝するEVファンが、世界の潮流だなんだと都合の良いように言説を振りまいたからだ。(2021/1/2)

「オイ、屋根ねーぞ」 ダイハツが魔改造「ハイゼットオープン」披露、屋根バッサリ切り取っちゃった変態仕様に
あの果樹園仕様にインスパイア。(2020/12/29)

電気自動車:
トヨタの超小型EVは“エンジン車並み”を意識せず、電池を含めたビジネスの第一歩に
トヨタ自動車は2020年12月25日、2人乗りの超小型EV(電気自動車)「C+pod(シーポッド)」を法人や自治体向けに限定発売したと発表した。日常生活の近距離移動や定期的な訪問巡回に向けたモデルだ。WLTCモードで高速道路モードを含まない走行距離は150km。最高速度は時速60km。個人向けの本格販売は2022年を予定している。価格は165万〜171.6万円。(2020/12/28)

軽トラの荷台がオフィスに 通信環境も完備 ドコモらと妙高市が“雪山ワーケーション車両”の実験
荷台を簡易オフィスにした軽トラックを貸し出す実証実験を、NTTドコモらが新潟県妙高市で行う。荷台にはソファとモニターを搭載し、通信環境も用意。ワーケーションの場としてスキー・スノーボード愛好家などに提供する。(2020/12/25)

軽トラで「ワーケーション」 ダイハツやドコモが妙高で実証実験
新潟県妙高市、ダイハツ工業、NTTドコモ、青山社中は、軽トラックに搭載できるワーケーション用オフィスの実証実験を、2021年1月12日から妙高市で開始する。一般利用者に向けて、軽トラックの貸し出しサービスも行う。(2020/12/25)

オートモーティブ 年間ランキング2020:
コロナ禍でもCASE対策はたゆまず、セキュリティや超小型EV、超急速充電に関心集まる
みなさん、おはようございます。2020年最後の金曜日です。年末の1週間、そして1年間、本当にお疲れさまでした。以前からの計画で遂行しなければならない物事がある一方で、環境の大きな変化や先の読めない状況が続いたので、多くの方にとってハードな1年だったことと思います。(2020/12/25)

加速するクルマの電動化:
電動化の主役は完成車メーカーではなくサプライヤーだ!
菅政権による自動車の電動化規制に注目が集まっている。カーボンニュートラルによる電動化規制は世界中に広がっており、自動車業界を大きく揺るがすことになるだろう。そして、これまでの動きから見えてくるのが主役交代だ。今後は、完成車メーカーからサプライヤーへ、主役がシフトすると考えられる。(2020/12/22)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの生産・販売で「過去最高」相次ぐ、新型コロナからの回復進む
日系乗用車メーカーの生産が着実に回復している。日系乗用車メーカー8社の2020年10月のグローバル生産実績は、9月と同様に5社が前年比プラスを確保した。このうちトヨタ自動車とスズキは10月として過去最高を更新。世界販売で見てもトヨタ、ホンダ、スズキ、ダイハツ工業が10月の過去最高を記録するなど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で大きなダメージを受けた自動車市場が好転していることが伺える。(2020/12/7)

自動車業界の1週間を振り返る:
「2030年代半ばに新車全て電動車」と聞き、前回の東京モーターショーを思い出す
みなさんこんにちは。金曜日です。1週間おつかれさまでした。12月の金曜日は、あと3回しかありません……。長いような短いような、いろいろあったような、何もなかったような、不思議な1年でしたね。この言い方だと2020年を思い返すべきところですが、私が思い出しているのは2019年の東京モーターショーです。(2020/12/4)

百鬼あやめ仕様AE86がカッコ余すぎる! ホロ、にじ、個人勢まで幅広いVTuber痛車が集結「EXPO痛車天国」写真まとめ第2弾 静凛、犬山たまき、キズナアイなど
人気のバンドリ痛車も特集。(2020/11/29)

自動車業界の1週間を振り返る:
リコールじゃない、性能アップのためのソフトウェアアップデートが始まる
みなさんおはようございます、土曜日です。1週間、お疲れさまでした。今週は新型車が相次いで発表されましたね。(2020/11/21)

製造マネジメントニュース:
ダイハツ国内2工場で稼働休止、火災で仕入れ先の塗装ライン1400平方メートルが焼失(追記あり)
ダイハツ工業は2020年11月19日、サプライヤーの生産拠点で発生した火災による部品欠品で、国内の完成車工場2カ所の稼働を休止すると発表した。(2020/11/20)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの自動車生産は各市場で回復、東南アジアは厳しさ続く
日系乗用車メーカー8社の2020年度上期(4〜9月)のグローバル生産実績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響を大きく受ける結果となった。(2020/11/20)

迫力満点のドルフロ仕様ワゴンすげぇ! 神戸「第5回かみこす!」痛車&痛バイク写真まとめ第3弾 ヒプマイ、艦これ、うまるちゃんなど
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、匕プノシスマイクも痛車に(2020/11/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
SKYACTIV-Xアップデートの2つの意味
SKYACTIV-Xがバージョンアップする。新バージョンの発売は来年初頭とアナウンスされている。さて、となると興味はいくつかに分れるだろう。何がどう良くなるのかと、何で今バージョンアップなのか。おそらくその2つが焦点になる。(2020/11/16)

港町に痛車ずらり 神戸「かみこす!」写真まとめ第2弾 ときのそら&天神子兎音、椎名唯華&猫又おかゆ、FGOなど
神戸「かみこす!」痛車の写真まとめ。(2020/11/8)

電子ブックレット(FA):
COVID-19に翻弄された2020年前半の工場、戦略投資も着実に進む
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2020年1〜6月に公開した工場関係のニュースをぎゅっとまとめた「工場ニュースまとめ――2020年1月〜6月」をお届けします。(2020/11/2)

AIR、リトバス、まいてつも! 千葉「E.M.T.G in NAGARA 7」痛車・痛バイクの写真まとめ第4弾
懐かしいタイトルの痛車がずらり。(2020/11/1)

自動車業界の1週間を振り返る:
自動車業界の上期決算発表がスタート/燃料ポンプで大規模リコール
みなさんこんにちは。金曜日です。初めての試みですが、自動車業界の1週間の出来事を振り返れるような記事を載せてみようかと思い、このようなコーナーを始めました。メールマガジンの編集後記のような、ゆるくふわっとしたトーンでやっていきます。週末なので軽い気持ちで「こんな記事も出ていたんだな」と思っていただけるととてもうれしいです。(2020/10/30)

鬼滅の刃仕様の痛車がずらり 神戸「第5回かみこす!」痛車まとめ第1弾 シンフォギアや艦これなど
鬼滅空間がすばらしい(2020/10/28)

製造マネジメントニュース:
ダイハツがトヨタとレクサスを抜いてトップに、「自動車耐久品質調査」で
J.D.パワージャパンは2020年10月21日、「2020年日本自動車耐久品質調査」の結果を発表した。ブランド別の総合ランキングではダイハツが初めて1位を獲得した。(2020/10/27)

初音ミク タント、冴えカノ レクサスなど 痛車330台が集まった「E.M.T.G in NAGARA 7」写真まとめ第3弾
みっくみくタントカスタムも(2020/10/25)

不具合は636件:
ダイハツ、「タント」「ムーヴ」など35万台リコール 後輪ブレーキに不具合
ダイハツ工業は、軽自動車「タント」「ムーヴ」など計19車種35万3578台のリコールを国土交通省に届け出た。後輪ブレーキに不具合があった。(2020/10/16)

デカい! 迫力の怖い顔に変身、日産が「エルグランド」を刷新 最上位グレード「VIP」で789万円から
広々後席でふんぞり返りたいな。(2020/10/12)

バンドリ勢の力作がずらり 「E.M.T.G in NAGARA 7」痛車まとめ第2弾 艦これ、俺ガイルなど
Roseliaの人気が高すぎる!(2020/10/11)

自動車メーカー生産動向:
新型コロナからの回復は一進一退、日系乗用車8社の生産実績
日系乗用車メーカー8社の2020年8月のグローバル生産実績は、6社が7月より減少幅を改善した。スズキとSUBARU(スバル)の2社が前年比でプラスとなるなど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響から着々と回復していることが分かる。ただ、北米や中国では増加幅が減少するなど、急速に進んでいた回復に多少の一服感がみられる結果となった。(2020/10/8)

トヨタの新型車が好調維持:
9月新車販売、トップは「ヤリス」 「N-BOX」を上回る
9月の国内新車販売台数は、軽自動車を含めた全体のトップがトヨタ自動車の小型車「ヤリス」だった。ホンダの軽自動車「N-BOX」を上回り、唯一2万台を超えた。2位がN-BOX、3位はスズキ「スペーシア」だった。(2020/10/6)

美少女ゲームキャラいっぱい 千葉・長柄町に痛車330台が集結 コスプレや声優トークも楽しめた「E.M.T.G in NAGARA 7」に行ってきたよ
参加痛車の数は約330台で過去最多となりました。(2020/9/30)

安全システム:
ダイハツ「トール」に新型ステカメと電動パーキングブレーキ、一部改良で
ダイハツ工業は2020年9月15日、小型乗用車「トール」をマイナーチェンジして発売したと発表した。兄弟車であるトヨタ自動車の「ルーミー」も同日から販売を開始する。なお、トヨタではルーミーをトヨタ店とトヨタカローラ店で、兄弟車の「タンク」をトヨペット店とネッツ店で取り扱ってきたが、ルーミーに一本化される。(2020/9/16)

主力小型車をマイナーチェンジ:
ダイハツ、「トール」を一部改良 新型ステレオカメラで安全機能拡充
ダイハツ工業は、小型車「トール」をマイナーチェンジして発売した。内外装デザインを刷新したほか、予防安全機能「スマートアシスト」に新たな機能を搭載している。(2020/9/15)

自動車メーカー生産動向:
東南アジアで市場低迷が長引くも、日系乗用車メーカーの生産は回復の兆し
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により低迷していた自動車生産が、回復の兆しを見せている。日系乗用車メーカー8社の2020年7月のグローバル生産実績は、6社が6月より減少幅を改善した。(2020/9/15)

暑さを吹き飛ばせ! 痛車とコスプレと屋台で夏満喫「熊谷痛車ミーティング」に行ってきたよ
(2020/9/13)

勤務は週1回程度:
ダイハツ、「副業・兼業人材」を公募 外部の知見を生かして新規事業拡大へ
ダイハツ工業は、「副業・兼業人材」の公募を始めた。まずはMaaS(Mobility as a Service)を中心とした新規事業分野で、知見や経験を生かして活躍できる人材を求めている。(2020/9/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
シトロエン・ベルランゴ 商用車派生ミニバンの世界
商用車と商用車ベースのクルマにはまた独特の良さがあって、筆者もそういう世界は聞きかじり程度に知っている。こんな世界にこの8月、ニューカマーとして日本市場にやってきたのがこのシトロエン・ベルランゴである。いろいろ覚悟ができる人にとって、ノア/ボクシーを避けつつ、家族をもてなすクルマという意味での存在価値はそれなりに高い。さらにいえば、運転することの楽しさも放棄しないで済む。(2020/9/7)

国内新車販売速報:
8月トップは9カ月連続「N-BOX」 新型車堅調、軽の定番モデルは前年割れ目立つ
8月の国内新車販売台数は、軽自動車を含めた全体のトップが、9カ月連続でホンダの軽自動車「N-BOX」だった。新型車は引き続き堅調。軽自動車では定番モデルが上位に入ったが、前年割れも目立った。(2020/9/4)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの生産は回復傾向に、2020年上期生産を振り返り
日系乗用車メーカー8社の2020年上期(1〜6月)のグローバル生産実績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響を受けて、全社が2桁減となる厳しい結果となった。依然としてCOVID-19の感染は広がっているものの、北米などでは新車需要が回復しており、これを受けてメーカー各社は生産ペースを戻しつつある。(2020/8/18)

エモいレトロ車をリアルに再現 ミニカー付き「懐かしの商用車コレクション」が創刊
三輪車でしょ。四輪の免許? 二輪の免許かな?(2020/8/12)

デコトラ風ガルパン痛車からかわいい痛カブも 「エビス痛車祭り2020」で見かけた痛車まとめ第2弾
スポーティな痛バイクもサーキットに集結!(2020/8/9)

「踏み絵かな?」「試されている」 JR川越駅「ソーシャルディスタンス」呼びかける貼り紙のクセが強いと話題に
一方ホームの立ち位置を示す「乗車位置」にもサツマイモの絵が……。(2020/8/6)

新型ハリアーは2.7倍:
「ヤリス」など新型車中心に回復傾向 7月の新車販売、トップは8カ月連続で……
7月の国内新車販売は、新型車が全体をけん引した。トップは、8カ月連続でホンダ「N-BOX」だったが、前年同月比3割減と新型コロナウイルスによる影響が残る。一方、新型モデルを販売する車種を中心に、回復傾向もみられる。(2020/8/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ダイハツ・タフトのターボが選ばれそうな理由
スズキのヒットモデル、ハスラーのライバルと受け止められるであろう、ダイハツのタフト。キャラクター面で見ても、デザインコンシャスなスタイルでどちらも道具性を押し出したデザインだ。最終的な印象ではタフトはかなり良いクルマだと思う。ただし、ターボモデルに限る。(2020/8/3)

コンパクトSUV続々、今度はカローラが「カローラ クロス」に変身 ネットの反応は?
かっこいい? ほしい? 同じようなの作りすぎ……!?(2020/7/9)

自動車メーカー生産動向:
北米と欧州で操業再開、日系乗用車メーカーの5月の世界生産
日系乗用車メーカー8社の2020年5月のグローバル生産実績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響を受け、4月に続き国内、海外ともに8社すべてが前年割れとなった。グローバル生産台数は8社全てが前年同月比で半数以下となったものの、4月と比較するとメーカーによって傾向が分かれた。(2020/7/9)

本格クロカンの特徴「ラダーフレーム」って何?
ガチなオフロードをガンガン走るなら。(2020/6/29)

自動車メーカー生産動向:
生産台数0台の地域も、日系乗用車メーカーの4月振り返り
日系乗用車メーカー8社の2020年4月のグローバル生産実績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の影響により国内、海外ともに8社全てが前年割れとなった。グローバル生産台数は8社全てが前年同月比で半減以上と、3月に比べ減少幅はさらに拡大。COVID-19が自動車生産に甚大な影響を及ぼした。(2020/6/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「20モデル以上の新型車」はどこへ? どうなる日産自動車
財務指標はほぼ全滅という地獄の様相となった日産の決算。問題に対してすでに適切な手を打ってあり、今決算には間に合わなかったものの、回復を待っているというのならともかく、ただひたすらに悪い。そうした全ての状況に対して、ようやく大筋の方針が出来、これから個別の具体策策定に着手するという状況で、未来が全く見えない。念のためだが、決して未来がないといっているのではない。日産の未来は現状、皆目見当がつかないということだ。(2020/6/22)

日常からレジャーまで対応:
ダイハツ、新型「タフト」を発売 軽SUV市場に新モデル投入
ダイハツ工業は、新型軽自動車「タフト」を発売した。幅広い用途で使える主力車種と位置付け、スズキの人気車種「ハスラー」が代表的な軽SUV市場に投入する。力強さを表現したデザインや、室内の使いやすさが特徴だ。(2020/6/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。