ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ダイハツ工業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ダイハツ工業」に関する情報が集まったページです。

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
変革への第一歩を踏み出したスバル
新広報戦略の中で、スバルは何を説明したのか? まず核心的なポイントを述べよう。今回の発表の中でスバルが「次の時代のスバルらしさ」と定義したのは、従来通りの「安心と愉しさ」で、その意味において従来の主張とブレはない。従来と違うのは、その「安心と愉しさ」とは何なのかについて、総花的にあれもこれもありますではなく、もっと具体的言及があったことだ。(2020/1/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日本のEVの未来を考える(後編)
EVの普及を突き詰めると、充電時間が一番の問題で、バッテリーの詳細な充電規格を電力会社と自動車メーカーの間で策定しなくてはならない。これは充電状況とクルマ側の状態を相互通信しながら行うので当然のことだし、全ての自動車メーカーがその規格を利用できるオープン規格でなくてはならない。(2020/1/21)

販売しないなんてもったいない! ダイハツ、スパイダーマンとコラボした「タントカスタム」特別仕様車を公開
アメコミのスパイディがびっしりと描かれた特別仕様車。(2020/1/14)

「農道・林道の○○」をなめんな〜w 東京オートサロンでキラ目立ち「鬼改造ごっきげん軽トラ」まとめ
ミクさんカスタムから、あの「バモスホンダ(!!)」まで、わくわくカスタムな軽トラいろいろ。(2020/1/14)

自動車メーカー生産動向:
東南アジア市場低迷の影響続く、2019年11月の自動車生産実績
日系乗用車メーカー各社の2019年11月の生産実績は、SUBARU(スバル)を除く7社が国内、海外ともに前年割れとなった。(2020/1/14)

「うぉぉ何だこりゃ!?」「マジで意味分からん」 東京オートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」まとめ
みんな気合い入りまくり。(2020/1/12)

「メーカー各社も気合い入りまくりだぁぁ!」 ついに登場! 東京オートサロンで発表された注目の新型車まとめ
カスタムショップやチューナーだけでなく、メーカーも超〜気合い入っていますよ。(2020/1/11)

ワックワク魔改造ときれいなお姉さんたくさん カスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」開幕
2020年もやってきました! 開催は1月12日まで。(2020/1/10)

登録車トップは「プリウス」:
「N-BOX」が3年連続トップ 上位4車種が軽自動車、2019年の新車販売
2019年の国内新車販売は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が3年連続のトップとなった。上位4車種を軽自動車が占めた。軽を除く登録車では、トヨタ自動車「プリウス」が2年ぶりの首位。(2020/1/9)

2020年に登場する「注目の新型車」まとめ 本気のスポーツ仕様「ヤリス GR-4」、ついに上陸する「Honda e」など
ヤリス GR-4、超楽しみ!(2020/1/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2019年デビューの良かったクルマ(後編)
 恒例の新年企画は、1日と2日の連続で2019年に乗って良かったクルマについてだ。1日の前編では、デビュー順にトヨタRAV4、マツダMAZDA3、ダイハツのタントについて取り上げた。後編は、カローラとCX-30である。(2020/1/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2019年デビューの良かったクルマ(前編)
さて、恒例の新年企画は、1日と2日の連続で2019年に乗って良かったクルマについて書いてみよう。基本的にデビュー順だ。(2020/1/1)

バンドリ旋風がキテる! 大阪「EXPO痛車天国」写真まとめ第4弾、ラブライブやアイマスなど「アイドル」たちをピックアップ
イベントのたびに増え続けるガールズバンド痛車(2019/12/28)

ダイハツが新型車「TAFT」オートサロンで初披露 「怖い顔カスタムの軽」も……
メーカー純正カスタムした「怖い顔」「ミクさん仕様」「やんちゃ丸出し」だなんて……。楽しそう。(2019/12/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
売れるに決まっているダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズ
一瞥(いちべつ)したときから「これは間違いなく売れる」と思ったが、案の定その通りで、正味1カ月に満たない11月の車名別販売記録で、堂々4位の7484台(一般社団法人日本自動車販売協会連合会調べ)。しかも受注だけで見れば、発売後1カ月の12月4日時点でなんと驚きの3万2000台(トヨタ自動車発表)。全盛期のプリウス並みの売れ方である。(2019/12/23)

乙女ゲーム風の謎ストーリーが展開 トヨタ「カローラ」を杉田智和、櫻井孝宏、福山潤が熱演
どのカローラも個性がちょっと強すぎる……。(2019/12/21)

製造マネジメントニュース:
日系自動車メーカーの生産、10月は国内海外で前年割れ
日系乗用車メーカー各社の2019年10月の生産実績は、全てのメーカーが国内、海外ともに前年割れとなる厳しい結果となった。(2019/12/12)

2年3カ月ぶりの交代:
「N-BOX」がトップ陥落 11月新車販売は「タント」が首位に
11月の国内新車販売は、ダイハツ「タント」が大きく台数を伸ばしてトップに立った。2017年9月から26カ月連続で首位を守っていたホンダ「N-BOX」は2位だった。(2019/12/5)

アニメ、ゲーム、VTuberも! 万博公園に痛車とコスプレ大集結「EXPO痛車天国」に行ってきたよ
太陽の塔が見守るお祭り広場に全国から痛車大集合(2019/12/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
GRのコペンとダイハツ・コペン
日本のスポーツカーの中で、おそらく実力が最も侮られているのはダイハツ・コペンではないか? 筆者は以前からそう思っている。出来上がった2代目コペンは、クローズドコースでゼロカウンタードリフトができるような見事なバランスだった。山道を気持ちよい速度で走っても、ステアリングのインフォメーションが豊富で楽しい。こういうクルマが侮られている内は、日本の自動車文化もまだまだだと思う。(2019/12/2)

フォルクスワーゲンの新コンパクトSUV「T-Cross」、300万円切る価格で登場【写真17枚】
コンパクトSUVにまた新たな選択肢ですよ。(2019/11/27)

製造マネジメントニュース:
グローバル戦略で生産実績に明暗、日系自動車メーカーの2019年4〜9月
日系乗用車メーカー各社の2019年度上期(2019年4〜9月)の生産実績は、メーカーによって明暗がはっきりと分かれる結果となった。グローバル生産台数では、トヨタ自動車、ホンダ、ダイハツ工業の3社は上期として過去最高を更新した。一方で、日産自動車、スズキ、マツダ、三菱自動車の4社は前年同期の実績を下回った。(2019/11/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヤリスの向こうに見える福祉車両新時代
還暦もそう遠くない筆者の回りでは、いまや最大関心事が親の介護だ。生活からクルマ消えた場合、高齢者はクルマのない新たな生活パターンを構築することができない。そこで活躍するのが、介護車両だ。トヨタは、ウェルキャブシリーズと名付けた介護車両のシリーズをラインアップしていた。そしてTNGA以降、介護車両へのコンバートに必要な構造要素はクルマの基礎設計に織り込まれている。(2019/11/18)

12月6日に最終選考:
今年のクルマ、トップ10台が決定 日本カー・オブ・ザ・イヤー
「2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考に進む「10ベストカー」が発表された。12月6日の最終選考会を経て、“今年の1台”が決定する。(2019/11/8)

「本田のおやっさん、ありがとう」 昔、日本では「赤いクルマ」が禁止だった
そのままだったら、真っ赤なポルシェ様やフェラーリ様はどうなっていたのでしょうね。(2019/11/8)

ダイハツのコンパクトSUV「ロッキー」はオプションでCarPlay利用可能
車載Wi-Fiサービスを備えたコンパクトSUVは、9万円プラスするとCarPlayが使える。(2019/11/6)

ダイハツが製造「これでいいんだよ」なサイズ トヨタ、5ナンバーの小さなSUV「ライズ」発売【写真42枚】
顔だけちょっとゴッツイ系で167万円台から。コミコミ月額3万9820円からのサブスクプランにもちょっと注目。(2019/11/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京モーターショーで見ておくべきものは?
海外メーカーの撤退が相次いだ東京モーターショー。しかしユーザーとして、あるいは自動車産業に何らかのつながりを持つビジネスパーソンにとっては、多くのメーカーがこぞって商品を持ち寄る場であり、普段なかなか確認できない業界動向を直接観察するチャンスであることは変わりない。見どころを一気に紹介する。(2019/11/1)

狙うは親子連れ、“テーマパーク化”した東京モーターショー 背景に「危機感」
10月25日から一般公開が始まった第46回東京モーターショー。見どころの一つは、従来の自動車見本市から、「親子で楽しめるテーマパーク」へと大きく舵を切ったことだ。(2019/10/30)

「ほんま、おおきに」関西弁をしゃべるロボットつき ダイハツ、自動運転コンセプトカー「ICOICO」発表
関西弁ロボットがサポートしてくれる未来のクルマ。(2019/10/29)

東京モーターショーがテーマパークへ変貌 100万人来場のカギ握る親子連れ
見どころの一つは、従来の自動車見本市から、「親子で楽しめるテーマパーク」へと大きく舵を切ったことだ。(2019/10/29)

コンパニオンさん横で思わず急制動! 東京モーターショー2019で注目集めた美人お姉さんまとめ第1弾
モーターショーはコスチュームがどれも高貴です。(2019/10/26)

写真で見る「東京モーターショー2019」
自動運転技術やAIアシスタントを搭載するコンセプトカー、コンパクトEV(電気自動車)など、「第46回東京モーターショー2019」で披露されているクルマを写真で振り返る。(2019/10/26)

東京モーターショー2019:
ダイハツが次世代軽トラを提案、ビッグキャビンと低床荷台でユーザーに優しく
ダイハツ工業は「第46回東京モーターショー2019」(会期:10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、次世代軽トラックや自動運転車など4車種のコンセプトカーを世界初公開した。(2019/10/24)

「ネ、ネコバス!?」「ジバニャンだろ!?」 ダイハツがかわいすぎる小型ミニバンを世界初披露 東京モーターショーに出展【画像23枚】
何でしょう、何かに似てます!(2019/10/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヴィッツ改めヤリスが登場すると、世界が変わるかもしれない話
TNGAの最後のひと駒であるGA-Bプラットフォームが、今回、ヴィッツの後継車となるヤリスに導入される。筆者は15年のTNGA発表まで、トヨタのクルマをほとんど信用していなかった。TNGA以前と以後ではもう別の会社の製品だと思えるくらいに違う。いまやTNGA世代でないトヨタ車を買うのは止めるべきというのが筆者の偽らざる感想だ。(2019/10/21)

「東京モーターショー2019」開幕直前 クルマの未来を占う、国内メーカーの出展内容まとめ
「第46回東京モーターショー2019」では、トヨタが自動運転EVのコンセプトカー「LQ」、日産が「ニッサン IMk」を披露するなど、未来を占うクルマがそろう。国内大手メーカーの出展内容をまとめた。(2019/10/19)

おおぉキター!! トヨタチューンのダイハツ・コペン「GR SPORT」マジで発売 238万円から【画像89枚】
トヨタGR顔のコペンですよ!(2019/10/16)

リトバスやサマポケなどKey痛車もいっぱい! 「E.M.T.G IN NAGARA」でみかけた「痛車」写真まとめ第3弾【写真100枚】
Wあいちゃんが名勝負を繰り広げる(2019/10/14)

車載情報機器:
「ダイハツコネクト」がスタート、SDL対応ディスプレイオーディオも採用開始
ダイハツ工業は2019年10月7日、スマートフォンと車載情報機器を接続するコネクテッドサービス「ダイハツコネクト」の提供を2019年内に開始すると発表した。(2019/10/8)

東京モーターショー2019:
ダイハツはコンセプトカー4車種を世界初出展、自動運転車や次世代軽トラなど
ダイハツ工業は2019年10月8日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、自動運転車や次世代軽トラックなど4車種のコンセプトカーを世界初公開すると発表した。(2019/10/8)

3万円で始める痛車生活 ゆずソフト歴代作品推し「E.M.T.G IN NAGARA」でみかけた「痛車」写真まとめ第2弾【写真100枚】
スタジオメビウス「SNOW」とか懐かしいにもほどがある……。(2019/10/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スバルとトヨタ、資本提携強化でどうなるのか?
トヨタがスバルへの出資を強化して関連会社化するとともに、スバルもトヨタ株を取得する。スバルは、マツダ、スズキと並んでトヨタアライアンスにおいて、最恵国待遇を得たことになる。なお、ダイハツは、トヨタが全株式を取得し、すでに100%子会社となっている。つまり今回のスバルの株式相互保有によって、トヨタアライアンスの資本提携は一応の完結を迎える。(2019/9/30)

「ディアブロのヘッドライトは、Z32と共通」……は? ウソだろ〜!? 意外で驚きな共通点があるクルマ6選
2000GTのあのテールランプは「バス流用」、ロータス・エスプリには「ハチロクのアレが流用……!」なのだそうですよ。(2019/9/11)

ミクさんギュっと詰まってる! ボカロやごちうさ、まどマギなど「シスフェス2019」痛車写真まとめ第3弾
今回はコスプレも一緒に。(2019/9/12)

安全システム:
新車ユーザーに不具合経験を調査、品質トップはダイハツ、ワーストはVW
J.D.パワー ジャパンは2019年8月21日、2019年日本自動車初期品質調査の結果を発表した。この調査では新車購入後2〜9カ月のユーザー2万1728人を対象に8分野233項目について不具合の経験を聴取し、100台当たりの「不具合指摘件数」(PP100)を算出。今回で9回目の調査となる。その結果、不具合指摘件数が最も少ない自動車メーカーは2年連続でダイハツ工業となった。(2019/9/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタとスズキ 資本提携の構図
トヨタ自動車とスズキは資本提携を発表した。その背景として大きいのがインド。スズキのインド戦略を振り返るとともに、提携による効果はどこにあるのかを探る。そして、トヨタとスズキとの提携の本丸は、インドでの工場共同設立にあるのではないか。(2019/9/2)

バンドリ勢が強い……! デレマス、ニパ子、ごちうさなど「シスフェス2019」で見かけた痛車写真まとめ第2弾
がっつりフルラッピング痛車がずらり。(2019/9/2)

自動運転技術:
簡単操作で最低限の切り返し、ダイハツの駐車支援機能が目指したこと
ダイハツ工業が2019年7月に発売した軽自動車「タント」の新モデルは、駐車時のステアリング操作をアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」がメーカーオプションで設定されている。従来のシステムからハードウェアを大きく変更せずにコストを抑え、簡単な操作で、なおかつ少ない切り替えしで駐車を完了させることを目指した。(2019/8/22)

9月リリース予定:
岐阜ダイハツ販売「AI店員」導入へ 24時間顧客対応可能に
岐阜ダイハツ販売が9月に「AI店員」を導入へ。名称は「LinKa」。査定と来店予約を担当する。オンライン店舗「ウェルカムストア」で利用可能。導入の背景とは?(2019/8/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。