ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ダークファイバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ダークファイバ」に関する情報が集まったページです。

残置後の設備再利用が進まず――「auひかり ホーム」設備撤去義務化&値上げ 背景に迫る
KDDIの戸建て住宅向け光インターネットサービス「auひかり ホーム」において、3月の新規契約分から適用される新しい提供条件がネット上で波紋を呼んでいる。改定の背景を同社広報部に聞いた(2018/3/15)

高すぎ? 「auひかり ホーム」解約時の撤去費「2万8800円」の理由 「拒否したら賠償金」の記載は「修正する」とKDDI
「auひかり」の戸建て向け「auひかり ホーム」で、解約時に必ず、設備の撤去費用2万8800円を払わなくてはならなくなり、「高すぎるのでは」とネットで物議をかもしている。なぜ撤去費用を値上げしたのか、KDDIに聞いた。(2018/3/14)

ソフトバンクモバイル、LTE-Advancedに向けた実験試験局の免許を取得
セル境界の通信品質を改善する「複数基地局間協調伝送方式」の実証実験を、IP網を使ったX2インタフェースを利用して行う。(2012/5/22)

ソフトイーサが通信事業、拠点間ギガビット通信のコストを最大20分の1に
拠点間通信の費用を20分の1に――。ソフトイーサは11月25日、広域ギガビットイーサネット専用線サービス「ハードイーサ」を発表した。同一市内の月額利用料が18万円前後から。(2008/11/25)

専修大学、情報ネットワークの再構築にシスコの機器を採用
専修大学は学内ネットワークの構築にCiscoの機器を採用。2万人の学生が利用するリモートアクセス、持ち込みPCにも対応する。(2007/9/4)

法人市場、6000万ユーザーは狙える――KDDI、小野寺氏
KDDIの小野寺会長は、今年最後の定例会見で2007年の携帯電話市場やNGNについての見解を述べた。(2006/12/20)

自前のインフラ展開を――KDDIが東電の光ファイバ事業統合
KDDIと東京電力は10月12日、東京電力の光ネットワーク・カンパニー事業を2007年1月1日付けで分割し、KDDIに継承、統合することを発表した。(2006/10/12)

ディザスタリカバリで強い企業を作る:
現場の視点で見る災害対策(3):WAN回線の設計とリハーサル
ディザスタリカバリを机上の空論に終わらせず、実のあるものにするためには、しっかりした足回りの回線を用意すること、そしてリハーサルを実施することが非常に重要だ。(2006/9/22)

HP×ブロケード スペシャル対談:
PR:遅れを取り戻せ! 日本のディザスタ・リカバリ新潮流
地震国と言われながら日本はITシステムの災害対策が遅れがちだった。しかし、ストレージやデータの統合が進む中で、いまこの取り組みが大きく前進しようとしている。企業のストレージインフラを支える技術を提供するブロケードと日本HPがディザスタ・リカバリについて対談した。(2006/6/21)

究極のセキュリティ技術?量子暗号
量子暗号は、アルゴリズムの複雑さではなく、量子力学理論と単一光子の組み合わせを用いた物理学で安全性を実現する技術である。(2006/4/1)

KDDIとパワードコム合併で気になる、3つのこと
既報のとおり、KDDIはパワードコムを吸収合併すると発表した。各社の狙いは何か、今後焦点になるのは何なのか。発表会場で探った。(2005/10/13)

周波数をよこせ〜携帯キャリア、ソフトバンク、イー・アクセスが激論
総務省のカンファレンスで、移動体の既存事業者と新規事業者が議論を交わした。携帯3キャリア&ソフトバンク&イー・アクセスの、オールスターキャスト。(2004/10/15)

地方自治体の構造改革にオープンソースは寄与するか――兵庫県洲本市の事例
6月2日から4日まで開催される「LinuxWorld Expo/Tokyo 2004」のセッションでは、兵庫県洲本市が進める先進的な地方自治体のモデルが示された。住民がITによるメリットを享受するために、オープンソースと地方自治体がどのように向き合っていくことが求められているのだろうか。(2004/6/3)

進化するイーサネット(3):
SAN/WANにも広がるイーサネット
(2003/5/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。