ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デビッド・フィンチャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デビッド・フィンチャー」に関する情報が集まったページです。

驚異的成長のネットフリックス 190カ国以上、会員1億3900万人
驚異的な成長を続ける米動画配信大手のネットフリックスは、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの「GAFA」に並ぶ米の主要なIT企業。頭文字のNを足して「FAANG」とも呼ばれる。(2019/2/4)

「食えなければ飢え死にしなさい」その言葉が紀里谷和明のキャリアに火をつけた 対談小説:鏡征爾
開始10分。紀里谷さんは言った。不意打ちだった。「きみは何を恐れているんだ?」(2017/9/26)

ハリウッド監督・紀里谷和明2万字インタビュー×東大作家・鏡征爾:禁断の解禁 ここにあなたの悩みをひもとく全てがある<前編>
インタビューは、映画「ラスト・ナイツ」の日本公開直後、2015年に行われた。(2017/9/22)

オリジナルドラマからヒット映画まで充実:
PR:年末年始はNetflixで! 「ビジネスパーソンに見てほしい」編集部オススメ作品
ちょっと一息ついて気になっていたドラマや映画をチェックできる年末年始。世界最大のインターネット定額ストリーミングサービス「Netflix(ネットフリックス)」なら、オリジナルドラマも大ヒット作品も充実。ビジネスパーソンに見てほしい、仕事にも役立つ編集部オススメの作品をご紹介します。(2016/12/20)

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):
毎年叫ばれる「動画広告元年」は本当に来ているのか?
マイクロアド執行役員で動画広告事業の責任者でもある西山明紀氏が、動画広告市場における現状の課題と2016年の課題展望について解説します。(2016/1/6)

「NETFLIX」の上陸はテレビに何をもたらすのか――フジテレビ&ネットフリックスインタビュー
秋には日本でもサービスを開始する注目の動画配信サービス「NETFLIX」(ネットフリックス)。国内展開にあたり、同社が最初に手を組んだのはフジテレビだった。合意までにどのような経緯があったのか。詳しい話を聞いた。(2015/7/8)

英国ドラマファンに朗報:
Huluに3カ月連続で“最旬”英国ドラマが登場
動画配信サービス「Hulu」で、2月3日から今が旬の英国ドラマ3本を3カ月連続で配信する。第1弾は「Utopia−ユートピア−」だ。(2015/2/3)

映画ウラ事情:
ジョニデ×バートンのように、同じ監督と俳優が何度もタッグを組むメリット
デップとバートンの2人がタッグを組むのは、何と『ダーク・シャドウ』で8度目。こういった定番タッグに、どういったメリット、デメリットがあるのだろうか。(2012/5/30)

あの映画ざっくりレビュー:
『ドラゴン・タトゥーの女』は、リスベット萌えな映画。タイトルどおり……
2月10日公開の映画『ドラゴン・タトゥーの女』。スウェーデンで大ヒットした推理小説を、デヴィッド・フィンチャー監督が映画化。主人公よりアシスタントの方が気になる?(2012/2/18)

『ドラゴン・タトゥーの女』、ダニエル・クレイグが着けている腕時計は?
第84回アカデミー賞に5部門ノミネートされた話題の作品『ドラゴン・タトゥーの女』。社会派ジャーナリスト、ミカエルを演じるダニエル・クレイグの腕元には?(2012/2/17)

今週末見るべき映画『ドラゴン・タトゥーの女』
2012年度アカデミー賞5部門ノミネート。少女失踪の真相と連続殺人事件との関わり、富豪一族のおぞましい過去を解き明かしていく、ミステリー作品。(2012/2/16)

ほぼ全文公開! 乙武洋匡&斉藤徹が語る映画『ソーシャル・ネットワーク』
今冬、話題を集めた映画『ソーシャル・ネットワーク』。5月25日にBlu-ray Disc&DVDが発売されるのに合わせて、乙武洋匡さんと斉藤徹さんがUstream生放送で対談しました。その内容を詳しくお伝えします。(2011/6/3)

ジャスティン・ティンバーレイク、“ショーン・パーカー”を語る
映画『ソーシャル・ネットワーク』のブルーレイ/DVDがデラックスコレクターズエディションとして2枚組みで5月25日に発売される。価格はブルーレイ版が3990円、DVD版が2980円だ。(2011/5/24)

ソーシャル用語集、600語達成でカリフォルニア旅行が当たる
映画『ソーシャル・ネットワーク』のブルーレイ/DVDが5月25日に発売される。キャンペーンサイト「みんなでつくるソーシャル用語集」がオープンした。(2011/5/10)

ねとらぼ:
今年のエイプリルフールはちょっと控えめ 節電にぽぽぽぽーん、いま萌えも
今年のエイプリルフールも各社がネタを投入。節電モードのサイトにあのぽぽぽぽーんも。一方で震災を受けて自粛する動きもあり、恒例の円谷プロやGoogleが参戦を見送った。(2011/4/1)

ソーシャルマーケティング新時代:
アジア新興国におけるソーシャルメディアの現状
今、海外進出する多くの企業がマーケティング戦略で課題を抱える。既存の手法が行き詰まりをみせる中で注目されるのがソーシャルメディアだ。アジア新興国の現場で活躍するコンサルタントの知見を紹介しよう。(2011/2/21)

アノ映画ざっくりレビュー:
『ソーシャル・ネットワーク』の教訓、ウブなオタクは海千山千のオサレ野郎に気を付けろ!
1月15日公開の「ソーシャル・ネットワーク」。実在のマーク・ザッカーバーグは「服装までよく調べてあるけどね」と微妙なコメントをしているが、フラれた女の子に「友達申請」するところは本当にフィクションなのだろうか?(2011/1/21)

Facebook描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」、ゴールデングローブ賞4冠
Facebookの誕生秘話を描いた「ソーシャル・ネットワーク」が、ゴールデングローブ賞で作品賞や監督賞などを受賞した。(2011/1/17)

Weekly Access Top10:
映画「ソーシャル・ネットワーク」見に行く?
SNS「Facebook」誕生の裏側を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」がいよいよ1月15日に公開される。(2011/1/11)

せかにゅ:
iPadでFlashを動かすプログラム、ハッカーが開発
JailbreakしたiPadでFlashコンテンツを再生するプログラム「Frash」をハッカーが開発した。iPhoneへの移植も予定している。(2010/7/6)

本山由樹子の新作劇場:
フィンチャーとブラピが3度目のコラボ――「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
80歳で生まれ、どんどん若返る人生……。「セブン」「ファイト・クラブ」とは180度違う異色ファンタジーが特典ディスク付きの2枚組で登場。(2009/5/18)

本山由樹子の新作劇場 特別編:
アカデミー賞をもっと楽しむ5本のBD
先日、ノミネート作品発表が発表された第81回アカデミー賞。この5本をチェックして、今回のアカデミー賞に深くかかわる俳優/女優の名演を再確認しておこう。(2009/2/9)

テクノロジーのチャレンジにも満足:
デビッド・フィンチャー監督が語る「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
アカデミー賞最多13部門ノミネートが話題となっている「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のデビッド・フィンチャー監督にインタビュー。「人間ドラマの部分も、テクノロジーのチャレンジにも満足」(2009/2/4)

+D Style News:
ブラピ3年ぶり来日! 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」をPR
映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の公開を前にプラピが来日! 年を取るたびに若返るという数奇な主人公を演じた。(2009/1/28)

新作DVD情報:
フィンチャー監督が挑む猟奇殺人の闇――「ゾディアック」
「セブン」のデビッド・フィンチャー監督が、アメリカ犯罪史上に名を残す連続殺人事件を映像化!いまだ未解決のこの事件、犯人は一体誰なのか!?(2007/10/29)

+D Style 最新シネマ情報:
「ゾディアック」
1960〜70年代のアメリカで実際に起きた連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス・スリラー「ゾディアック」。男たちは築いてきたキャリアや生活を犠牲にし、謎の暗号文に挑む……。破滅していく男たちのドラマとして見応え十分。(2007/6/5)

新作DVD情報:
セクシーな女処刑人の新たな戦い――「アンダーワールド2 エボリューション」
ケイト・ベッキンセールの当り役となったホラー・アクション・シリーズ第2弾。“続編は前作を越えられない”というジンクスを破った本作は、ベッキンセールの美しさも、ガンファイトも、スタイリッシュな映像も確実に進化!(2006/8/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。