ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デスノート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デスノート」に関する情報が集まったページです。

「早く対処しなければ『漫画村』のような問題に」──東映、KADOKAWAなど13社が「ファスト映画」制作者に損害賠償請求 損害額は20億円と算定
東映、KADOKAWAなど13社が、「ファスト映画」の制作者3人に損害賠償請求を求めて提訴した。損害額は20億円と算定。最低限の損害回復として、このうち5億円の支払いを求めている。(2022/5/19)

志尊淳×りりあ。が語るアニメ「バブル」 「生きるエネルギーをいただけた」の真意とは?
2人の視点で見た「バブル」についてインタビュー!(2022/5/13)

香取慎吾、3年ぶり主演映画は当て書き脚本 “旦那デスノート”の存在に「恐怖の連続でした!」
香取さん「コメディだけど、泣けるんです。いい意味で。。」(2022/4/12)

漫画・アニメの「実写映画」人気ランキング 3位『キングダム』、2位『銀魂』、1位は?
アンケートサイト「ボイスノート」を運営するNEXERは、「漫画・アニメの実写映画人気ランキング」調査を実施した。その結果、1位は『るろうに剣心』(49票)に。(2022/4/6)

髪形はミサミサ風 ビリー・アイリッシュ、夢の大舞台にまさかのオタT「リューク!!!」「Tシャツヤバい」
死神とはまた渋い。(2022/2/21)

米津玄師がオレンジ髪&黒羽根の魔法少女になっちゃった プレステ新CMの変身シーンが大反響
“ミサミサとリュークが混ざったみたい”と話題。(2022/1/24)

【お仕事楽しい】「私が本気出したら人1人消すなんて簡単なことよ……」意味深なことを言いながらフォトショを触る同僚
人1人増やすことも簡単そうですね。(2021/11/9)

猫「計画通り……(ニヤリ)」 ニヒルな笑みを浮かべる猫ちゃんに強キャラ感があふれ出ている
強キャラ感。(2021/10/22)

PR:スマホを使わず、己の“顔”だけで購入できる自動販売機「KAO-NE(カオーネ)」で未来を体験してきた
ライターのみくのしんが、ダイドードリンコの最新自動販売機を体験してきました。(2021/6/11)

別人じゃん!? 安藤美姫、特殊メイクで『デスノート』リュークに変身 死神っぷりにメドベージェワも「Omg」
氷上でポーズを決めるリュークとか初めて見た。(2021/4/27)

山口勝平「ルフィ役めちゃくちゃやりたかった」 名ぜりふに挑戦も「どうしてもイメージが田中真弓に」と白旗
作品一覧が強い。(2021/3/24)

「ゾクッときた」「もはや呪具」 家から出てきた「高1のときのノート」が“えぐい”とTwitterで話題に
意外なノートの正体とは。(2021/3/7)

89カ国から4000点以上の応募:
小畑健や津森千里が審査 コピックアワードを開催した製造会社が提示する「アートの可能性」
漫画家やイラストレーターに長年愛用されている彩色用画材・コピック。そのコピックの製造会社が、「コピックアワード」と題する作品コンテストを2017年から開いている。(2020/11/19)

IT基礎英語:
氾濫する悪徳ウェア 身代金要求のransomwareからスパイ、迷惑広告まで
ランサムウェアという言葉が身近になってきた。被害は大きく、死者も出ている。(2020/11/2)

アートの力で課題解決を:
アナログ回帰のコピック 製造会社社長が描くグローバル戦略と「アワード開催の真の狙い」
漫画家やイラストレーターに長年にわたって愛用され続けている画材・コピック。製造会社のトゥーマーカープロダクツは「コピックアワード」と題する作品コンテストを2017年から開いている。その狙いと、その先に描くグローバル戦略を聞いた。(2020/10/22)

デスストサントラ参加で話題 18歳の歌姫Au/Ra、ジブリから鬼滅まで人格や音楽性に影響与えたアニメ作品を語る
セカオワNakajinさんとのコラボも話題に。(2020/10/9)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【9月14日〜9月20日】
(2020/9/14)

「可愛いにもほどがある」「フォント作って」 ベビースターラーメンで作ったひらがな「麺文字」がかわいすぎる
今すぐベビースターが食べたい。(2020/7/27)

『DEATH NOTE』コラボの腕時計登場 裏ぶたが引き出せてノートの切れ端も仕込める
『DEATH NOTE』とコラボしたトートバッグと財布も発売。(2020/7/25)

デジタルツールだけじゃない:
コロナ禍こそのアナログ回帰!? 「デジタルネイティブ世代獲得」に挑む画材・コピック製造会社の「希少性」戦略
コピックは1987年にトゥーマーカープロダクツが開発し、現在358色にも及ぶ色数が展開されている画材だ。同社開催の「コピックアワード」は2019年はコシノジュンコ氏や20年は漫画家の小畑健氏などが審査員を務めている。アワード開催の意図やデジタルとの融合戦略などを聞いた。(2020/6/25)

「海外でドラマ化キター」 「約束のネバーランド」英語版実写TVドラマが制作決定
オスカー監督×マシ・オカ×約ネバ。(2020/6/11)

「自家発電でテンションを上げるのは正直大変!(笑)」  古坂大魔王・作曲家「バグベア」がオンライン対談で「2020年注目の音楽」「リモートワークの本音」を語る
「PPAP」に隠された秘密も明らかに。(2020/6/6)

ジャンプにあらわれた次代の怪物 SCP×ラブコメ×能力バトル『アンデッドアンラック』作者は人生2周目なのではないか説
ジャンプの新連載がめちゃくちゃ面白いので紹介します。(2020/5/25)

巣ごもりが続く連休に楽しめる「コミック」「映像」「音楽」の無料コンテンツ
新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、外出自粛が要請されている。その間、自宅で楽しく過ごせるように、多くの企業が一部のサービスを無料で提供している。今回は「コミック」「映像」「音楽」での無料コンテンツやサービスを紹介しよう。(2020/5/1)

「くっ ボーボボに負けた…」 ジャンプ+が“あの人気投票”をマジで開催 伝説の「デスノート」コラボ読み切りも復活
4月1日はボーボボの誕生日。(2020/4/1)

「成仏して」「し、死んじゃう死んじゃう!」 本物そっくりな「デスノート作ってみた」人、早速自分の名前記入で総ツッコミ
ジェバンニもビックリのレベル。(2020/3/6)

『DEATH NOTE』12年ぶりの完全新作読み切り完成 小畑健描き下ろし表紙イラストが先行公開
以前ネームが全ページ公開されていたもの。(2020/1/24)

エルが歌い、ミサミサが踊る 新たな「デスノート THE MUSICAL」が開幕
公開稽古と囲みの様子を映像とともにお届け。(2020/1/19)

お団子やラーメンが女の子に トルコのアーティストが描く食べ物擬人化イラストがかわいい
おいしそうなので、ダイエット中は見ないでください。(2019/12/15)

友だちに言う「1万円貸して」ってどれほど重い? 「言葉の重さ」で遊ぶパーティゲーム「コトバグラム」登場
その人にとって、お題の言葉はどのくらい重いか推理するゲーム。コミュニケーションツールに良さそうです。(2019/11/22)

低きにありて、高きを思う:
ジブリ鈴木敏夫が語る――宮崎駿に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』初代編集長の「型破り人生」
スタジオジブリのプロデューサーとして、宮崎駿作品をはじめとするアニメーション映画の制作に尽力している鈴木敏夫氏。その鈴木氏が大きな影響を受けたのが徳間書店時代の上司である故・尾形英夫氏だ。尾形氏は宮崎駿氏に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』の初代編集長。尾形氏の型破りな生き様を鈴木氏が大いに語る。(2019/10/1)

ボードゲーム「DEATH NOTE 人狼」発売 キラ陣営とL陣営に別れて頭脳バトル
「キラゲーム」じゃん。(2019/9/26)

30年勝ち抜いてきた作家:
『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』の漫画家・小畑健の個展が9月14日から新潟で開催! 原画約500点を展示した東京会場の様子は……
『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』など、『週刊少年ジャンプ』のメガヒット作品を手掛けてきた漫画家・小畑健さんの個展が9月14日から新潟で始まる――。(2019/9/13)

『DEATH NOTE』新作読み切り、ネーム全ページを「少年ジャンプ+」で公開
ネタバレを見たくない人は注意。(2019/7/13)

この頃、セキュリティ界隈で:
地方自治体を襲う「死神リューク」 ランサムウェア身代金支払いで被害増大の連鎖
漫画「デスノート」に登場する死神リュークの名を冠したランサムウェアが、米国の地方自治体を食い荒らしている。このリュークの好物はリンゴではなくてお金なのだ。(2019/7/9)

漫画『DEATH NOTE』が名前の由来、ランサムウェア「Ryuk」の被害が各国で続出
Ryukに感染すると、ファイルが全て暗号化され、身代金を要求される。米国では一部の自治体が身代金を支払ったと伝えられている。(2019/7/2)

PR:横山光輝『三国志』が全巻無料読み放題! 作中で最も「むむむ」「くそっ」「ふふふ」「なにい」と言った武将を数えてみた
全60巻分の武将のリアクションを数えました。(2019/3/21)

悟空は中華街、ルフィは遊園地に! ジャンプヒーローが実写合成された「JUMP FORCE」の広告がかっこいい
2月17日までの期間で山手線全駅などで公開中です。(2019/2/14)

もうリュークじゃん…… 夏菜、目つきまで完全にホラーな“悪魔メイク”で周囲を大いにビビらせる
目を合わせてはだめ。(2019/1/25)

これを見ずに終われない! 平成最後の冬コミ開幕、秀逸すぎるコスプレ写真総まとめ
撮り続ける……灰になるまで。(2018/12/29)

『DEATH NOTE』『バクマン。』作画、小畑健初の展覧会が2019年夏に開催決定 画業30周年を記念して
原画やイラストレーションなどが展示予定です。(2018/12/4)

ゴラムやヴェノムをスイカから削り出すフルーツカービングが魔法のよう 緑と赤のコントラストに注目
作者のイタリア人アーティスト(日本漫画愛好家)に話を聞きました。(2018/11/30)

なぜスマホを落とすといつも画面から落ちてしまうのか?
落としても割れない持ち方を考えた。(2018/11/30)

「追いかけられたい」「襲われてもいい!」 足立梨花がゾンビJK化、あまりのキュートさにファンも抵抗あきらめる
今年もナイスです!(2018/10/25)

「週刊少年ジャンプ展 VOL.3」漫画レポート! 2000年代の“最強”作品大集合
(2018/8/22)

夏の暑さも吹き飛ばす! 夏コミを彩るコスプレイヤーさんたちにシャッターを切る指が止まらない 
2日目も暑いけど夏コミは大盛り上がりです!(2018/8/11)

あの宮崎駿も最初はうまくいかなかった:
“世渡り力”だけでは生き残れない ダメ人間のための「フリーランス入門」 
フリーランスには「40歳の壁」がある――。こんな指摘をしたフリーの編集者である竹熊健太郎氏の書籍が話題を集めている。どうすればフリーランスは40歳以降も生き残っていけるのだろうか。39歳のフリーライターが、竹熊氏に聞いてみた。(2018/7/23)

「週刊少年ジャンプ展VOL.3」コラボカフェが7月14日にオープン! H×Hゴンさんを再現したメニューも
『銀魂』お妙さんの手料理を再現たメニューも。(2018/7/9)

『週刊少年ジャンプ』、50周年記念企画で「東京メトロスタンプラリー2」開催 7月17日から8月31日まで
東京メトロの駅に各作品のキャラクターのポスターが掲出。限定デザインの24時間乗車券も販売されます。(2018/7/5)

ルフィが! ナルトが! 孫悟空が! ジャンプのヒーローが共闘するゲーム「JUMP FORCE」発表
トレーラーのラストにはリュークと夜神月の姿が。(2018/6/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。