ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「青山祐介のデザインなしでは語れない」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

青山祐介氏がPCのデザインに込められた想いを聞く

青山祐介のデザインなしでは語れない:
カスタマイゼーションからパーソナライゼーションへかじを切るデルの近未来
語られるようでいて実は語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。今回はPCのプロダクトデザインに力を入れるデルのデザイン戦略にフォーカスする。(2009/3/3)

青山祐介のデザインなしでは語れない:
静かな闘志を秘めた新dynabook――東芝デザイナーの心意気
語られるようでいて実は語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。生まれ変わった東芝のdynabook AX/TX/CXシリーズの秘密に迫る。(2008/8/8)

青山祐介のデザインなしでは語れない:
シュークリームから生まれた新「LaVie J」のたたずまい
語られるようでいて実は語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。新しく生まれ変わったNECのLaVie Jの秘密に迫る。(2008/4/4)

青山祐介のデザインなしでは語れない:
「FMV=富士通=格好いい」を結び付ける――富士通デザインセンターの決意
語られるようでいて実は語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。PCメーカー編の第8回は、富士通の総合デザインセンターを訪れた。(2007/6/14)

青山祐介のデザインなしでは語れない:
「これこそVAIOだね」というアイデンティティ――VAIO 10年の歩みとこれから
語られるようでいて語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。PCメーカー編の第7回は、VAIO 10周年記念モデル「VAIO type T」とVAIO 10年の歩みについてだ。(2007/5/25)

青山祐介のデザインなしでは語れない:
“コンピュータをもう1度我が手に”――HPのデザイン展望
語られるようでいて実は語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。PCメーカー編の第6回はヒューレット・パッカードだ。(2007/4/6)

青山祐介のデザインなしでは語れない:
ThinkPadは“黒いBento Box”である(後編)――黒くて四角いアイデンティティ
語られるようでいて実は語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。PCメーカー編の第5回はレノボ・ジャパンの「ThinkPad」シリーズ後編をお届けする。(2007/3/28)

青山祐介のデザインなしでは語れない:
ThinkPadは“黒いBento Box”である(前編)――ThinkPadのデザイン思想
語られるようでいて実は語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。PCメーカー編の第4回はレノボ・ジャパンの「ThinkPad」シリーズだ。(2007/3/27)

青山祐介のデザインなしでは語れない:
「これでいい」より、「これがいい」――NECデザインの意気込み
語られるようでいて実は語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。PCメーカー編の第3回はNECの「LaVie C/Lシリーズ」だ。(2006/12/19)

青山祐介のデザインなしでは語れない:
NとEとCを忘れずに――NECデザインの取り組み
語られるようでいて実は語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。PCメーカー編の第2回はNECの「VALUESTAR Sシリーズ」だ。(2006/12/18)

青山祐介のデザインなしでは語れない:
「デザインは生活を変えられる」――日立Priusシリーズの挑戦
製品レビューもいいけど、それだけじゃ物足りない……。語られるようでいて実は語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。PCメーカー編の第1回を飾るのは日立製作所の「Priusシリーズ」だ。(2006/9/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。