ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

「UMPC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Ultra-Moble PC
-こちらもご覧ください-
ミニノート・Netbook・UMPCのすべて - ITmedia PC USER

メルペイ、「Origami Pay」提供元を買収 スマホ決済サービスを統合
メルペイがOrigamiを買収する。Origami Payのサービスとブランドは、メルペイに統合する方針。大企業のチェーン店に限らず、地域の中小事業者にもキャッシュレス決済の導入を促していく考えだ。(2020/1/23)

「Origami Pay」は「メルペイ」へ――メルペイがOrigamiを子会社化
メルペイが、「Origami Pay」を運営するOrigamiを子会社することに。Origamiの康井義貴社長から株式を譲り受ける形で子会社化を実行する予定となっている。Origami Payは、一定の周知期間を経て「メルペイ」に統合される予定だ。(2020/1/23)

メルペイがOrigamiを買収 Origami Payは「メルペイ」に統合へ
中小企業を中心に導入を推進するとのこと。(2020/1/23)

メルペイがOrigamiを買収
メルカリ子会社でスマホ決済事業を営むメルペイは、スマホ決済「Origami Pay」を営むOrigamiを買収すると発表した。買収金額は非公開、株式の譲渡は2月25日を予定している。(2020/1/23)

なぜ中国メーカーはニッチな“超小型ノートPC”を市場に出せるのか? 新製品ラッシュの2019年を振り返る
2019年に登場した超小型ノートPC(UMPC)を振り返りながら、注目を集める理由と今後を見通してみる。(2020/1/11)

日高屋が「d払い」「au PAY」「メルペイ」など6ブランドの決済サービスを導入
日高屋は、12月26日にキャッシュレス決済サービス「メルペイ」「Origami Pay」「d払い」「au Pay」「Alipay」「Wechat Pay」に対応。既存の「LINE Pay」「PayPay」に加え、8ブランドのサービスを利用できる。(2019/12/26)

東横インがコード決済「メルペイ」「au PAY」「Origami Pay」「VIA」を導入
東横インは、12月23日にQRコード決済「メルペイ」「au PAY」「Origami Pay」「VIA」へ対応。「PayPay」「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「Alipay」「WeChatPay」に加え、計10ブランドの決済サービスを利用可能となった。(2019/12/23)

ビジネスホテルの東横イン、「メルペイ」「au PAY」「VIA」など一挙導入
東横インが日本国内のホテルに「メルペイ」「au PAY」「Origami Pay」「VIA」を導入。すでに「PayPay」「楽天ペイ」「LINE Pay」などに対応しており、同社で使えるモバイル決済サービスは計10種類となった。同社は「POCKETALK W」を接客に採り入れるなど、IT活用とインバウンド対応を積極的に進めている。(2019/12/23)

ブックオフ、「d払い」「メルペイ」「WeChat Pay」「Alipay」を導入
ブックオフは、同社が運営する国内586店舗にバーコード決済サービスd払い、メルペイ、WeChat Pay(ウィチャットペイ)、Alipay(アリペイ)を導入した。すでに、楽天ペイ(アプリ決済)、Origami Pay、PayPay、LINE Payなどを導入済みで、合計8つのサービスを利用できる。(2019/12/13)

年末はお得にキャッシュレス! スマホ決済12月のキャンペーンまとめ
12月はボーナス商戦や年末ということもあり、コード決済のキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、LINE Pay、Origamiのキャンペーンをまとめた。(2019/12/13)

ココカラファイン、「楽天ペイ」や「メルペイ」などを導入 コード決済の利用方法を変更
ココカラファインは12月3日、同社のドラッグストアや調剤薬局などの約1300店舗で「楽天ペイ(アプリ決済)」「メルペイ」「ゆうちょPay」「J-Coin Pay」「Origami Pay」を導入した。同日から利用者がスマートフォンの画面に表示したバーコードをレジで読み取る方式に統一する。(2019/12/3)

トヨタがスマホ決済に参入 「TOYOTA Wallet」アプリ提供、iDやコード決済が利用可能
TOYOTAがスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」を発表。11月19日にiOSアプリを提供する。iDを活用した非接触決済と、Origami Pay、銀行Payを活用したコード決済を利用できる。(2019/11/19)

Origami、ミニストップ全店舗で最大1100円分のクーポンキャンペーン開催
Origamiは、10月16日から10月30日までコンビニエンスストア「ミニストップ」でキャンペーンを開催。Origamiで初めて支払いをする場合は、キャンペーン全体で最大1100円分のクーポンを取得できる。(2019/10/15)

「Origami Wallet」も始動:
Origamiの決済プラットフォーム開放が進化 簡単に“○○Pay”が提供可能に
Origamiが新たな金融プラットフォーム「Origami Network」を発表。決済や顧客管理の機能をパッケージ化したもので、外部企業が簡単に「○○Pay」を導入できる。資金移動業の登録完了に伴い、11月には「Origami Wallet」もスタートさせる。(2019/9/28)

ブックオフ572店舗が「楽天ペイ」「Origami Pay」「PayPay」「LINE Pay」導入
ブックオフコーポレーションは、9月9日に国内のブックオフ572店舗へ「楽天ペイ(アプリ決済)」「Origami Pay」「PayPay」「LINE Pay」を導入した。2019年度中には他ブランドのペイメントも順次導入していく予定。(2019/9/9)

ウルトラモバイルPCなどに最適:
東芝メモリ、新型リムーバブルメモリデバイス開発
東芝メモリは、ウルトラモバイルPCなどに向けた、新しいリムーバブルPCIe/NVMeメモリデバイス「XFMEXPRESS」を開発した。(2019/8/8)

Origami、ウエルシアグループ限定50%オフクーポンを2枚プレゼント 8月1日〜7日
Origamiは、8月1日から7日までウエルシアグループ限定で利用できる50%オフ(最大500円引き)クーポンを2枚プレゼント。店頭ポスター記載のQRコードやURLからサイトにアクセスし、キャンペーンコードをOrigamiアプリ上で入力するれば取得できる。受け取りは7月29日から行える。(2019/7/29)

Origamiの半額キャンペーン、第8弾は「和民」「坐・和民」の人気メニューが最大540円割引に
Origamiは、6月19日から「オリガミで、半額。」キャンペーン第8弾をワタミグループで開催。「和民」「坐・和民」「ミライザカ」「三代目鳥メロ」の各店舗で、人気メニューの半額相当となる最大540円が割り引かれる。期間は6月25まで。(2019/6/13)

Origami、ビックカメラやヤマダ電機などの初回支払いが10%オフになるキャンペーン
Origamiは、6月12日から「オリガミで、家電。」キャンペーンを開催。エディオングループ、ケーズデンキ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機グループの対象店舗での支払いが初回10%オフとなる。キャンペーンは各店舗での初回の支払いすべてが対象となり、最大割引金額は1回の支払いにつき3000円まで。(2019/6/10)

Origami、新規加盟店の決済手数料0%キャンペーン
Origamiは、6月1日から新規加盟店を対象に決済手数料を0%とするキャンペーンを実施。キャンペーン期間は11月30日までとなり、申込受付は7月31日まで行う。決済手数料はOrigami Payに限り、Alipayと銀聯QRは対象外。(2019/5/30)

Origami、6月1日から銀聯QRに順次対応 「ロフト」から対応開始
Origamiが、6月1日から順次「Origami Pay」加盟店における「銀聯QR」での支払いに対応する。全国に先駆け、同日から全国の「ロフト」のOrigami Pay対応店舗で銀聯QRでの支払いを受け付ける。(2019/5/27)

Origami、松屋で毎回190円オフのキャンペーン プレミアム牛めし(並)なら半額相当に
Origamiは、5月8日から「オリガミで、半額。」キャンペーン第7弾を開催。松屋フーズのの運営する「松屋」「松のや・松乃家・チキン亭」「マイカリー食堂」「ヽ松」「ステーキ屋松」など1139店舗で300円(税込)以上の支払いが毎回190円割引となる。(2019/5/7)

吉野家が「QUICPay」を導入、1155店舗で利用可能に
吉野家は、5月7日に国内の吉野家1155店舗へ「QUICPay」を導入。これまでは「吉野家プリカ」「WAON」「Origami Pay」や、交通系電子マネーでの決済に対応していたが、新たに「QUICPay」でも利用可能となった。(2019/5/7)

松屋でOrigamiキャンペーン 期間中何回でも190円引き、「プレミアム牛めし(並)」が半額相当に
「オリガミで、半額。」第7弾。(2019/5/7)

Origami、4月26日限定の20%オフクーポンをプレゼント
Origamiが、「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」に合わせ、4月26日のみ利用できる20%オフクーポンを3枚(最大割引額1000円)を発行する。26日の15時〜18時の間に決済した全てのユーザーへ後日100円オフクーポンも提供する。(2019/4/23)

スマホ決済、PayPayがユーザー数で圧倒 「100億円キャンペーン」効果絶大
楽天ペイ、Origamiも右肩上がりで成長。(2019/4/8)

ドスパラ店舗での支払い方法に「LINE Pay」「Origami Pay」が追加
ドスパラは、同社運営の各店舗でのショッピング支払い方法に「LINE Pay」と「Origami Pay」を追加した。(2019/4/4)

松屋フーズが運営する1139店舗が「Origami Pay」に対応 4月9日から
Origamiが提供する「Origami Pay(オリガミペイ)」が、4月9日から松屋フーズが展開する飲食店1139店舗で利用できるようになる。タッチパネル式券売機で食券を購入する際、Origamiアプリの「コード支払い」画面をかざせばOKだ。(2019/4/3)

きょうは「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」 PayPayやOrigamiなど“早帰り還元”実施
経済産業省とキャッシュレス推進協議会が「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」を開催。PayPay、Origami、JR東日本、楽天カード、メルぺイなどの事業者が還元策を展開する。例えば、加盟飲食店で午後3時〜6時に「PayPay」で決済したユーザーは、支払額の10〜20%(最大1万円)がキャッシュバックされる。(2019/3/29)

JapanTaxiの初乗り運賃相当分が半額に、Origami Payのキャンペーン第4弾
Origamiは、3月11日から「オリガミで、半額。」キャンペーン第4弾を開催。JapanTaxiのタブレット搭載タクシーでOrigami Payを使って支払うと、初乗り運賃相当分が何度でも半額となる。対象車両は北海道、東京、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、福岡県内を走行する広告タブレット/決済機付きタブレット搭載タクシー車両で、期間は3月17日まで。(2019/3/6)

SBペイメントサービスの店舗向け決済が「d払い」「楽天ペイ」「LINE Pay」「Origami Pay」に対応
SBペイメントサービスの提供する店舗向け決済サービスが、3月4日から「d払い」「楽天ペイ(アプリ決済)」「LINE Pay」「Origami Pay」に対応。これにより、店舗向けQRコード決済アプリ「S!Can」やマルチ決済端末「VEGA3000」をはじめ、QRコード決済端末「SUNMI」やAPI方式の導入で複数のQRコード決済を簡単に導入することができるようになる。(2019/3/4)

エディオンがスマホ決済拡充 「d払い」と「LINE Pay」は20%還元も
エディオンが、全国の約1200店舗でコード決済を導入する。2月19日から「d払い」「楽天ペイ」「Origami Pay」「LINE Pay」での支払いが可能になる。「Alipay」と「WeChatPay」の導入店舗も拡大する。(2019/2/19)

Origami Pay、銀行口座からの即時支払いで1%オフのキャンペーン
Origamiは、2月7日からOrigamiアプリの支払い方法として銀行口座を登録し、即時支払すると割引になるキャンペーンを開催。店舗によって2%や10%などの即時割引を行っているが、銀行口座からの支払いでさらに1%割引する。(2019/2/5)

Origami Pay、ケンタッキーで500円以上が何度でも半額になるキャンペーン
Origamiは、2月13日から「オリガミで、半額。」キャンペーン第3弾を実施。ケンタッキーフライドチキンのOrigami Pay導入店舗116店で、500円以上の支払いが何度でも即時半額となる。期間は2月19日までとなり、最大割引金額は1000円。(2019/2/4)

トップはPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」――MMD研究所がコード決済サービスのキャンペーン認知度を調査
MMD研究所が「2019年1月 QRコード決済サービスのキャンペーンに関する調査」の結果を発表。2018年秋〜冬に実施されたキャンペーンにおいて、認知度トップはPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」だった。一方で、実際に利用されたサービスのトップは「Origami Pay」だった。(2019/1/22)

コード決済どれを選ぶ? 主要5サービスを総まとめ
2018年にはスマホ決済、特にコード決済が大きな注目を集めた。一方、どのサービスを使うべきか分からないという人も多いだろう。そこで今回は「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「Origami Pay」のメジャーな5サービスの違いを解説する。(2019/1/14)

GPD、7型ディスプレイ搭載UMPC「GPD Pocket2」の仕様を一部改訂
リンクスインターナショナルは、GPD製のウルトラモバイルPC「GPD Pocket2」仕様改訂モデルの取り扱いを発表した。(2018/12/10)

「Origami Pay」が吉野家で利用可能に 牛丼並盛が半額になる190円引きキャンペーンも
Origamiは、12月3日から同社のスマホ決済サービス「Origami Pay」を全国の吉野家へ提供。会計が2%割引となるほか、12月17日から300円(税込)以上の決済を行うと190円引きになるキャンペーンも行う。(2018/11/27)

Origamiが決済プラットフォームをオープン化、個人間送金の提供も
Origamiが、決済プラットフォームをオープン化した「提携Pay」を発表。外部パートナーがOrigamiの決済機能や加盟店ネットワークを活用できるようになる。Origami Payの機能も拡張し、2018年度内に個人間送金も開始する予定。(2018/9/21)

ローソンで「d払い」と「Origami Pay」が利用可能に 全国の店舗で9月11日から
ローソンは9月11日から「d払い」と「Origami Pay」、2種類のキャッシュレス決済に対応する。(2018/9/3)

超小型モバイルPC「GPD Pocket2」のクラウドファンディング開始 Core m3搭載など大幅スペックアップ
中国GPDの超小型モバイルノートPC(UMPC)の新モデルのクラウドファンディングが始まった。出荷は10月を予定している。(2018/7/30)

山市良のうぃんどうず日記(128):
アップグレードの道が絶たれたPCはWindows 10 April 2018 Updateの夢を見るか?
Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)のリリース直後にお送りした126回特別編で、Windows 10 Fall Creators Update(バージョン1709)を最後に、後継バージョンへのアップグレードの道が絶たれた、古いUMPCについて言及しました。まだ諦めたわけではありませんが、現時点では標準的な方法ではアップグレードに失敗します。今回は、現時点でWindows 10 バージョン1803を無理やり動かす実験的な試みのレポートです。(2018/6/1)

モバイル決済の裏側を聞く:
ボタン1つで「○○Pay」を簡単に実装 OrigamiがQRコード決済事業に参入する狙い
QRコード決済全盛の昨今、LINE Payと並んで国内で最初期からサービスを提供しているのが「Origami(オリガミ)」だ。2016年5月には「Origami Pay」の名称で正式サービスをスタート。Origamiのビジネスモデルやその背景について聞いた。(2018/4/24)

スマホ決済サービス「Origami Pay」がオープン化、クレディセゾンのアプリで利用可能に
Origamiは、同社のスマホ決済サービス「Origami Pay」をオープン化。これによりクレディセゾンのスマホアプリ「セゾンPortal」「UC Portal」でQR決済が可能となる。(2018/1/26)

「より気軽に、低コスト」うたう:
「Origami Pay」、“QRコード印刷”方式で中小にアピール
スマホ決済アプリ「Origami Pay」が10月末から「ステッカーQRコード決済」をスタート。ステッカーにあらかじめ印刷してある2次元コードを読み込み決済する仕組み。(2017/10/4)

体内の異物を“折り紙”が回収 飲み込むロボット「Ingestible Origami Robot」 MIT・東工大など開発
飲み込むと体内で開閉し、胃の中の異物を安全に除去するロボット「Ingestible Origami Robot」をMITなどが開発した。(2016/5/17)

山市良のうぃんどうず日記(46):
Windows 10への強行アップデートで、古いウルトラモバイルPCは輝きを取り戻せるか?
「Windows 10を入手する」アプリに“Windows 10非対応”という烙印(らくいん)を押されてしまった筆者の古いウルトラモバイルPC。そこで、Windows 10への無料アップグレードを強行してみました。果たしてその結果は……。(2015/8/31)

Origami、ソフトバンクなどから16億円調達
ソーシャルショッピングアプリのOrigamiがソフトバンクグループ、クレディセゾンなどから16億円を調達。(2015/4/9)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(10):
逆襲のネットブック
「タスクスケジューラ」を触っていて、面白いアイデアを思いつきました。ネットブックやUMPCと呼ばれたモバイルPCで、Windowsストアアプリを動かすという実験です。“へぇ〜”という感じで、気楽に読んでください。(2014/7/14)

あの「次世代ショッピングアプリ」の今:
“衝動買い”の楽しさをアプリで実現――ソーシャルEC「Origami」が目指す新体験
ソーシャルとO2Oを組み合わせた独自のECプラットフォームを展開する「Origami」。アプリ経由の購買行動に新たなイノベーションをもたらす動きと、ECの今後について話を聞いた。(2014/4/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。