ニュース
» 2021年06月28日 15時41分 公開

リンクスが5.5型スライド液晶搭載のミニゲーミングPC「GPD WIN3」の取り扱いを発表

リンクスインターナショナルは、中国GPD製ゲーミングUMPC「GPD WIN3」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

リンクスインターナショナルは6月28日、中国GPD製ゲーミングUMPC「GPD WIN3」の取り扱いを発表、6月30日に販売を開始する。カラーバリエーションは“Black”と“Black&Silver”の2モデルを用意。予想実売価格は14万9800円だ(税込み)。

photo
photophoto GPD WIN3

 1280×780ピクセル表示対応の5.5型液晶ディスプレイを内蔵した携帯型ゲーミングPCで、ディスプレイをスライドしてキーボードを露出できる可変機構を搭載した。

 本体サイズは198(幅)×92(奥行き)×27(高さ)mm、重量550gの小型軽量設計を実現。筐体の左右にはアナログパッド/振動機能付きのゲームパッド機能も備えている。

 CPUにはCore i7-1165G7(4コア8スレッド、2.8GHz/最大4.7GHz)を採用しIris Xe Graphics機能を利用できる。メモリは16GB、ストレージは1TB M.2 NVMe SSDを内蔵、Wi-Fi 6対応無線LAN、Bluetooth 5.0、Thunderbolt 4ポート、 microSDXCスロットなども利用可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう